ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary レシピ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
やっとサワーチェリーをGET!
2009-07-01 Wed 01:53
6月最後の朝市へ行ったのは、この間の土曜のこと。
やっぱりあるうちに食べておきたいサクランボ(ダークチェリーの方)を1キロ。朝市で買ったダークチェリー。コリントス地方産で3ユーロ。ほどよく熟れていて、美味しいのでうちの息子も手を真っ赤に染めながら食べた。
メロンも大きいのが1個1ユーロと値段が下がってきていて嬉しい。
魚も地元の海で捕れたというガヴロスを買って、これはフライでお昼ごはんに。


その前の週に探すのを忘れていて、あわてて探したのがヴィシノ(サワーチェリー)。
ヴィシノは私の大好物なのだけれど、毎年とっても短い時期しか出回らないので、逃すこともしばしば。
よーく目を凝らしていたら、たった一人だけ売っていたおじさんを発見!ぺロポンネソス半島は農業が盛んだし、朝市で売られる野菜、果物はほとんど地元のアカイア県か隣のイリアス県などのものが多いのだけれど、見つけたヴィシノはなぜかカストリア地方(ギリシャの北の方)産ということだった。
やっぱり高くて1キロ5ユーロしたけれど、全然痛んでいなくて美味しそう! というわけで、ヴィシノを1キロ買った。
本当ならもっと買いたいところだけれど、種を抜く作業が大変なので、私にはこれで十分。

そのヴィシノの一部を使って、ずっと作りたかったものの一つは、ヴィシノの漬かった甘~いお酒!
数年前に知り合いからもらってから、自分でも絶対作ろうと思っていた、大好きなヴィシノの味がじっくり味わえるお酒。
このヴィシノ・リキュールを自家製で作るギリシャ人は多くて、レシピも数通りある中で、私が選んだのは、一番簡単そうだった、こちら。
★自家製サワーチェリー・リキュール レシピ★
ギリシャのコニャック「メタクサ」で漬ける、サワーチェリー・リキュール。このまま日差しのよい場所で1ヶ月以上置くとできあがり。その頃にはずいぶん濃い色合いになります。
1キロのヴィシノ(種を抜いても抜かなくてもよい)
1キロのコニャック「メタクサ」
1キロの砂糖 
好みで、ナツメグや、シナモンなどの香りを追加する。
これを密閉容器に入れ、1ヶ月から2ヶ月の間、日当たりのよい場所で、たっぷり日にあてる。15日ごとに、スプーンで中身をかき混ぜる。


これだけ。
ちゃんとコニャックもギリシャの有名な「メタクサ」を使ったので、ギリシャらしい自家製リキュールができそう。もちろんこれはアルコール度の強い飲み物なので、小さなショットグラスでストレートで飲んだり、薄めて飲んだりする。
このヴィシノが採れる時期は、ギリシャではほとんどもう雨は降らず日差しが強いので、このギリシャの気候がそのままリキュール作りに適しているらしい。うちには一日中よく日の当たる場所がないので、実家のお義母さんの家の屋上に置くことにした。

種の抜くのはすごく根気がいるので、リキュール用は、種を抜かずにそのまま漬けたけれど、残りのヴィシノは全て砂糖と煮てシロップにして保存するので、種を抜かないといけない。(サクランボ用の種抜き器を使わない、種抜きの方法と、シロップ煮にするレシピは、アテネ在住Salahiさんのブログ「ギリシャのごはん」を参考にさせてもらいました。)私はあまりギリシャ風のシロップ漬けの果物が好きではないけれど、ヴィシノは別。そのままパウンドケーキに入れたり、カスタードのタルトなんかにも合う味。

私はヴィシノの甘酸っぱさが好きなので、味見を何度もしながら、酸っぱさの残る、好みの味になるよう砂糖の量を調節。なので、トータルどのくらい砂糖を入れたのか、量はわからず仕舞い・・・。でもちょうどそのまま食べても美味しく、氷と水を入れて薄めるとサワーチェリージュースとしても飲めるように作ってみた。これは砂糖でサワーチェリーを煮ただけのもの。そのまま実をデザートに食べたり、ケーキなどに入れたり。シロップは水で薄めてジュースとして美味しく飲めます。

ところが、うちのだんなさんだけでなく、子供までやけに気に入ってしまって、このペースでいくと、すぐになくなってしまいそう。あと数キロ買ってきて、なんとか作り足したいけれど、今度の土曜日もヴィシノが朝市で見つかるかどうかは、運次第・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:4 | top↑
断食で、たこのソース
2006-08-13 Sun 23:59
晴れ
ちょっと用事があって、夏は特に込まないけれど、パトラスでお薦めのカフェ、「スタスモス」へ出かけた。カフェ・スタスモスの内部1
以前は、復活祭前にここで食べた断食メニューを紹介したけれど、パトラスの鉄道の駅にくっついていて、カフェの名前自体が「駅=スタスモス」なのだ。

実はパトラスの駅といえば、言っては悪いけれど、すごく"ちゃちい"ので、日本で言えば、ど田舎のローカル駅といった雰囲気。でもこのカフェはお洒落で実際の駅の何倍もの広さ!
今日はクーラーの聞いた中の席に座ったので、カフェの中の写真を撮った。カウンターは(本物かもしれない?)木製の車体のような感じで、ちゃんと「ΟΣΕ」(丸の中にシグマとエプシロン)というギリシャ国鉄のロゴが入っている。 ちょっとレトロな雰囲気のカフェ・スタスモス内部2屋外の席は緑もたっぷりで、テラスのような感じ。しかもたまに(本数が少ないので(笑))だけれど、後ろを列車が通って、なんともいえない雰囲気がある。年中お客さんが多いけれど、今日のような日曜日は海辺のカフェに皆出かけるので、人が少なくて話をするには静かで良かった。

この数日、パトラスでは涼しい日々が続いている。そのせいか、窓を開けて寝ていたら、お腹が冷えてしまった。過ごしやすいのはいいけれど、異常に暑かったと思ったら、今度は涼しすぎるような。なんとも変な今年の夏である。
8月15日は祝日だから、この前後は一番休暇を取っている人が多く、ギリシャでの帰省ラッシュは土曜に始まった。そして15日まではまたギリシャ正教では断食の季節なので、今日実家でごちそうになった、お義母さんの手料理は、大好きなタコのトマトソースのパスタ。(魚以外のシーフードは食べてよいのです。)ケファロティリというギリシャのチーズをふりかけていただく。美味しくて大満足。
このタコのソース、本来は、新鮮なタコか冷凍タコで作るけれど、日本ではゆでだこで代用しても美味しくできた。すごく簡単で、しかも日本では絶対食べない食べ方だけれど、初めて食べたときからはまっている。日本でも材料が簡単に揃うので、気軽にお試しを。

☆☆レシビ☆☆パトラス風タコソースのパスタ:日本での作り方
①玉ねぎを微塵切りして、その玉ねぎと一緒に、ゆでだこを、切ってあるものはそのまま、大きければ適度に切り、何も加えず鍋で火にかける。余分な水分がたこから出てくるので、水は必要ありません。(これが冷凍ダコや新鮮なタコだと、すごい量の水が出てきます)ゆでだこの場合火が通っているので、さらに料理時間が短縮できてすごく簡単です。

(注意!!もし新鮮なたこや冷凍を解凍したタコを使うなら、砂がたくさん入り込んでいるので、とてもよく洗う必要があります。水分がたっぷり出てくるので、一晩おいて水気を出すこと。)

②水分が良く出て、さらにその水気がなくなるまでよくゆでたら、焦げないよう、オリーブオイルをたらし、胡椒も足していためます。軽くいたまったら、トマトペーストをすこし加え、煮ます。

③塩気も最初からたこにあるので、味見して足りないときのみ塩を入れます。とろみのついたトマトソースが出来た所で火をとめます。

④パスタはギリシャではマカロニを切ったような形のものを使いますが、そういうころころした形のものなら何でも代用できるし、別に普通のスパゲッテイでもお好みで選んでください。ギリシャのパスタの料理はイタリアとは違います。ゆでてから、バターでちょっといためるのです。バターの風味がこのたこのソースと合います。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:7 | top↑
パトラスの涼しい夕べ
2006-08-08 Tue 22:32
晴れ

昨日の夕方は、風も絶えず吹いて、とても涼しい夕方となった。月曜なのに、タベルナなどがどこも繁盛していて、外食する人々が多かったのは、そういう心地よい天候のせいだったかもしれない。

私もうちのだんなさんと外へ散歩。夕方の独特の色合いに染まった空と海がきれいだった。昨夕のパトラス港

そうそう、昨日のムサカは、うちのだんなさんは「美味しい!」と言ってくれたので、まあ合格点らしい。ちょっとお肉に塩を入れすぎたみたいだったけど、気にしないでおこうっと(笑)。
一応ギリシャではムサカは難しい料理(手が込んでるので)といわれているので、遊びに来ただんなさんの友達も、味見してくれて、私がムサカを作ったと聞いて、感心してくれた。私がちょっと自己流にしたのは、本当はベシャメルに卵を入れるのがギリシャの正統なムサカなのだけれど、うちのだんなさん、時々コレステロール値が上がるので、卵は入れないで作った点。

もう一つ人気だった料理は、チキンのサラダ。数ヶ月前に新聞の付録で取っておいたレシピから。簡単で美味しかったので、ここでレシピを紹介。

☆☆☆チキンのサラダ☆☆☆
1チキンの胸肉を洗って、水気を取り、適度に小さく切る。
2オリーブオイル スプーン一杯、バルサミコ酢 スプーン2杯、半カップの白ワインを混ぜ、それに1のチキンを1時間ちょっと漬け置きする。
3バターをスプーン2杯ほどフライパンで溶かし、汁気を拭いたチキンを色づくまでソテーする。塩を適量かける。火が通った所で、焦げないよう白ワインを少し注ぐ。(中火のまま)
4レタスを手でちぎって、水気を切る。
5パルミジャーノ・レッジャーノを大きめに削って、レタスにふりかけ、チキンをのせ、さらにチキンをソテーして出た汁をふりかけて出来上がり!

★本当のレシピではさらにお洒落で、300グラムの削ったパルミジャーノ・レッジャーノを少しのバターを溶かした、くっつかないフライパンで溶かし、やはりくっつかないタイプのケーキ型などに溶けたチーズを移して、冷ます。そうやって、チーズのお皿のようなものを作り、その上にレタスとチキンを乗せるということでした。テーブルで映えると思うので、それも是非お試しください。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:2 | top↑
グリークコーヒーの正しい作り方!?
2006-08-01 Tue 23:59
晴れ 夜は涼しかったのに、昼間すごく暑くなってつらかった・・・

今日も仕事へ出かけたけれど、実は昨日からコンピューターの調子がおかしくて、すぐ固まる。どんどんひどくなって今日は何もできなくなったので、修理に出すと、実はたくさんのウィールスにやられているということだった。なんでも重いからとノートンを使うのをやめてしまっていたという。まったくアンティ・ヴィールスなしでいたなんて信じられない!!

ところで、やっぱりギリシャのオフィスなので、作るコーヒーといえば、グリークコーヒー。夏なので、冷たいカプチーノ・フレッドなど他のコーヒーが飲みたいときは近くのカフェなどにオーダーしたりする。社長さんがコーヒーの味にはうるさいそうで、作ってもらったら本当に美味しかった。

コツを聞いてみたのだけれど、私がうまく行かないのは、コンロの火が強すぎるせいかな、と思った。

改めて作り方をここで。
1弱火でコンロを点火。
2作る分だけのカップに水を入れて、それをブリキという小鍋に移し、量がぴったり丁度良くなるようにし、火にかける。
コーヒーは小さいスプーン山盛り一杯がデミタスカップのようなグリークコーヒーのカップのサイズの量。砂糖はグリコーという一番甘いので、同じスプーン山盛り2杯。メトゥリオでスプーン一杯半の量。(私が以前他の人に聞いたのでは、砂糖が先、コーヒーが後だったけれど、今日見たのはその逆。)
3ここが一番難しい所で、コーヒーがふくらんできて、全体にふくらんで、でも沸騰する直前で火から外さないといけない。このタイミングが外れると、コーヒーは台無しになる。

グリークコーヒーってコーヒーの分量も、火から外すタイミングも難しくて、コーヒーの中では一番作るのが難しいのではないかと思ってしまう。伝統あるトルコの美味しいコーヒーの作り方も学びたいなあと思っている。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:5 | top↑
ファケス(=ギリシャ語でレンズ豆、レンズ豆のスープ)
2006-06-03 Sat 06:49
曇りのち晴れ
朝起きると暗い曇り空で、雨を期待していたのに残念ながら降らなかった。もういつ最後に雨が降ったか思い出せない。
山の上では降っているのが見えていて、パトラス市内にも涼しい風が吹いていたので、今日は久しぶりに過ごしやすくて、はりきってアイロンもかけた!

今日は金曜日。ギリシャでは、水曜日と金曜日に断食でお肉、乳製品を取らない。とは言ってもうちのお義母さんもギリシャ正教上大切な期間以外はミルクを飲んでいる。ただお肉はやっぱり普通料理しない。お肉を食べる量が半端ではないギリシャで、ヴェジタリアンな料理も頻繁に食べれるのは、このおかげかもしれない。

さて、今日はそういうわけでヴェジタリアンな食事の日なので、ファケスをお義母さんが作った。簡単ながら、独特の濃厚な味わいで、やみつきになっているギリシャ料理!朝からいろいろ用事が多くて疲れていたけれど、ファケスと聞いただけで食欲が出てくる。
また、私は酢物もあまり得意でないのに、このファケスにだけはたっぷりワイン・ヴィネガーが入っていないと物足りない。
出来上がりのファケス
今日はそのファケスのレシピ(うちのお義母さんの作る)を紹介。
材料:レンズ豆500グラム、玉ねぎ大きめ1個、にんにく5粒、ローリエの葉2枚、オリーブオイル少々、トマトペースト少々、塩

作り方:1 レンズ豆を何回か水を捨ててよく洗う。洗ったら深鍋にたっぷりの水と一緒に入れてゆでる。
    2 お湯が煮立って水が黒くなり始めたら、火からおろしてお湯を捨てる。
    3 新しく水、みじん切りにした玉ねぎ、細かく切ったにんにくを入れてレンズ豆をゆでる。
    4 火が通ったら、オリーブオイルを好みの分量少々と、塩少々、トマトペーストはしっかり色づく程度にいれ、さらにゆでる。
    5 4で煮立ったら、ローリエの葉を加え、さらに煮る。水気が多すぎるとおいしくないので、よく火が通っても水気が多いときは、しばらく火にかけ(なべ底にくっつかないよう、かきまぜながら)写真くらいになるまでまだ煮る。
ファケスに欠かせないワイン・ヴィネガー6 最後にワイン・ヴィネガーを味見をしながら入れる。(結構思いっきりいれれば入れるほど、しっかりした味わいのおいしいファケス・スープになります。)

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:6 | top↑
薬草としてのバジリコ(バジル)
2006-05-26 Fri 04:47
晴れ、夕方に曇り。もしかして久しぶりに雨が降るかも?
以前エスノスという全国紙に付録でついて来た冊子があって、ちょっと本棚で眠っていて忘れてしまっていた。ぱらぱらめくってみると、バジルについて、薬草としてどういう効能があるかというのも載っている。先日バジルについて記事を書いたばかりなので、興味もあって読んでみた。

まずはバジルにまつわる話がいくつかあって面白い。
一つはギリストが亡くなって復活したあとに、キリストの墓の周りで育ったのがバジルであるというもの。他の言い伝えでは、聖十字架伝説(※)で有名な、コンスタンティヌス1世の母、聖女ヘレナ(ギリシャ語でエレーニ)が、ゴルゴサの丘の、キリストが磔になった本物の十字架を発見した時に、同じ場所でバジルを見つけ、ギリシャへ持ち帰ったというもの。

またインドでは(他にも調べたところでは、バジルはインド原産という。)バジルは聖なる植物とされていた。さらに裁判でもバジルに誓いを立てていたという。
古代ローマ人たちは、バジルを子をもたらす植物としていて、若い未婚の女性でもバジルを育てているだけで、妊娠する可能性があると信じていたという!

そして薬草としての効能。
ハーブティーにして飲むと、腹痛を和らげる作用がある。また、めまいや、神経性の偏頭痛のときに、症状を抑えて体を元気づける効果と利尿作用がある。
すり潰したバジルを鼻につけると、風邪の症状をやわらげるという効果もある。
ワインと合わせて食べると、素晴らしい強壮作用、消化促進作用がある。(それでイタリア料理がさっぱりとして胃にも優しい感じがするのかと納得!)
また、母乳をあげるお母さんたちには、母乳を増やす効果もあるそうだ。

ハーブティーとして飲むためのレシピ:水1カップに、バジルの枝を二本、もしくは乾燥させたバジルをティースプーン一杯を入れ、10分間ほど弱火で沸かして出来上がり。

とても手に入りやすいハーブであるバジルで、これだけいろいろ効能があるというのなら、食べるだけでなく、次回の風邪や腹痛の時、さっそく試して見ようと思う。


☆記事内のバジルの言い伝えと効能は、4月20日付けのギリシャの全国紙「エスノス」の付録で、「ハーブの辞書」という冊子から引用しています。

※聖十字架伝説について分かりやすいサイトのリンクです。
1.フィレンツェ サンタ・クローチェ教会壁画修復プロジェクト:偶然見つけたサイトですが、壁画を見ながら伝説の解説が読めるのでお薦めです。実は私の壁画修復の先生の一人も載っています!
2.Wikipediaの「聖十字架」解説
他にも聖十字架伝説で有名な壁画で、以前私が住んでいた村の近く、イタリアのアレッツォ、サン・フランチェスコ教会に、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品があります。ここを修復した修復家とともに足場の組まれた中を上って、間近でこの壁画を見る機会が当時ありましたが、近くでみると人物なども実物大です! 迫力があるだけでなく、リアルな人物描写がとても印象的でした。修復で蘇った、フレスコ画の美しく鮮やかな色合いによって、ピエロ・デッラ・フランチェスカの魅力をたっぷり味わうことができます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:4 | top↑
断食?アップルパイ
2006-03-31 Fri 23:59
晴れ
今日は特に日差しが強くて、春(というか日本人にとっては初夏?)らしい気候。風は冷たいけれど、乾燥しているせいなのか、イタリアでもギリシャでもこの季節からが日焼け要注意!暑くはないので、つい日焼け対策をしないで出かけると、腕がしっかりTシャツの型に焼けたりして恥ずかしいことになる。

自作アップルパイニスティシモ(断食)用に勝手に創作した簡単アップルパイを作った。ニスティシモには、ミルク、卵、バターなどが使えないから、唯一OKのオリーブオイルを使う。生地は手作りが苦手。そのうちマスターしたいけれど、今日は手っ取り早く、もう好みとわかっている市販の生地を買いに行った。野菜のピタやお菓子のピタ(日本語で言うとパイ)用と書いてある、厚めの生地(小麦粉と植物油、水と塩しか使われてない)。ぱりぱり系よりサクッというのが好きだし、だんなさんもこれが好み。

りんごは適当に小さく切って、まず砂糖をふりかけ(味見しながら)、レモン汁もたらして煮る。汁気がなくなったら、甘い白ワインがあれば、少しかけてさらに煮る。なかったらお水だけでもOK.。シナモンの粉をたっぷりふりかけてさらに柔らかくなるまで水を足しながら煮る。汁気がなくなるまで煮たら準備OK。

生地は切って、一人ずつほおばれるようにパイを複数にしてもいいし、丸型でケーキのように作ってもいい。
一つずつの場合は、折ってまわりの生地を合わせたら一人分サイズになるように、生地を切る。煮たりんごを入れてかぶせて二つ折りの袋状にする。周りの生地は上下を合わせて手でよく折り込む。上の生地にナイフで模様のようにX字型などに切り込みを入れ、刷毛でオリーブオイルを表面に塗る。アルミホイルなどにのせて180度のオーブンへ。20分から30分で出来上がり!

丸型の場合は下に生地をしき、煮たりんごをつめ、上からもう一枚の生地でかぶせる。余り生地などがあれば、細長く練って、上に模様のようにのせるとそれらしくなる。フォークでおしゃれに穴を開け、やっぱり刷毛でオリーブオイルを塗ったら、あとは同じ。ただ下の生地が火が通りにくいので、焼き目がついたら焦げないようアルミホイルをかぶせて、さらに15分くらいオーブンで。

これは断食をしているお義母さんや、ギリシャ人の友達も食べれるので好評。コレステロールも低いし。


 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:4 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。