ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2006年01月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Geisha
2006-01-22 Sun 23:14
映画「Memory of Geisha」(日本ではSAYURIというらしい)を見に行った。主演女優をはじめとして、メインは中国人の女優さんというのを、パンフレットを見て初めて知った。京都のセットが日本人の私には少しリアリティに欠けたけれど、全体に美しいシーンが印象に残るきれいな映画だった。英語がネイティブに話せるという理由で、日本人俳優が少ししか起用されなかったのか、監督が望むイメージの、女優さんの美しさが、今の日本人には足りないのか、どうなのかなあと思案。

GEISHAという言葉はギリシャ人も知っている人が多くて、よく意味を質問されて困っていたから、この映画である程度わかってもらえると助かるなあなんて。うちのだんなさんも、京都に行って、赤い提灯の並ぶ置屋さんがどういうところなのか、すごく興味を持っていたけれど、私も行ったことないから、説明できなかったし。

映画館では、若い女の子が、「中国人(アジア人は一般ギリシャ人には全て中国人で代表されてしまうので。。。)で青い目なんてあり得ないじゃーん!」という声を上げたのも聞こえたけれど、映画館から出たときには、「いい映画だったねぇ。」と感動していたカップルや男の子などの感想が聞こえてきた。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の日記 | top↑
病院
2006-01-19 Thu 19:12
うちのだんなさんが、頭の前方を9月にぶつけて、それ以来よく頭痛がするなんていう心配なことを言っていて、それがひどくなったというので、とうとうお医者さんへ行った。

まず、CTスキャンの結果を見て古い蓄膿症だけが発見され、このお医者さんは、蓄膿を調べるのに、レントゲンが必要だって言って、すぐレントゲンを撮ったのだけれど、確かCTスキャンでレントゲンレベルがすごく高いはず! 数日の間に、レントゲンも撮るって、どういうことって思ったのは私だけ?

頭痛に関しては、詳しい神経外科のお医者さんに見てもらった方が、となって、大学病院へ。CTスキャンは、これじゃはっきりわからないから、MRIを撮らないと、と言われ、また、CTも撮った検査専門のクリニックへ戻る。こういう機器は、いちいち検査専門のところへ出かけないと、国立病院や、大学病院の中にはない。MRIは閉所恐怖症の気があった、うちのだんなさんには、きつかったらしい。看護婦さんがあとちょっとだからと励まし続けてなんとか終える。

また大学病院へ。この神経外科のお医者さん、すごい人気者で、遠方から来ている患者さんも多く、毎回2-3時間待ち。予約を普通に以前から入れていた人たち、プラス緊急で見てもらいたい人たちということを説明せず、緊急の患者さんにも何時にきてください、と予約のように言ってあるので、当日現実がわかって、なんで言っておいてくれなかったんだっていって、怒っちゃう患者さんもいる。私たちも当日待つしかないというのがわかって、ずっと立ったまま(病院なのに椅子は少ししかない!)で大変だった。

結果:異常なし。古い蓄膿症のみ。
お医者さんが「ギリシャ語上手だねぇ。私の妻も外国人なんだけど、あまりしゃべれないんだよ。」なんていう世間話をして終わる。

深刻な病気じゃなかったのだから、まあよかったけれど、やっぱり日本の病院がなつかしい。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。