ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2008年04月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャのアリ、恐るべし
2008-04-30 Wed 07:54
晴れのち曇り 暑かったのに夕方から少し気温が下がって16℃台に

しつこいようだけれど、またアリが登場。
寝室に今年も出没して、結局害虫駆除専門会社から、薬を買って、スプレーして収まっていたのだけれど、それが一週間ほどまえから、なんとバスルームに出没し始めた。寝室の窓は引き戸式で、ギリシャでは開けたとき、その窓が壁の中に収まるように作られていることが多い。その壁の中の空洞に去年も巣をつくられてしまったのだけれど、どうもそこで今年も巣をつくったような雰囲気。
でも寝室は薬をスプレーしているから他に出る場所を探して、その向こう側にあるバスルームの壁の中まで掘りついたらしい。(ギリシャは壁の中はレンガと漆喰、セメントが層になっていて、レンガと漆喰の隙間などをアリが少しのキョリなら掘り進むことができるそうです。恐ろしい~~~)
別に私だけでなく、ギリシャではアリが活発なので、悩まされている人は多いという。

そんなある日、赤ちゃんのオムツを取替えにバスルームへ言ったら、恐怖に凍り付いてしまった。
なんとバスタブの周りをアリが何十匹もウロウロしている!!

出場所をつきとめるのがちょっと難しかったけれど、結局は、バスタブにお湯を出す蛇口に向かって壁から水道管が出ているところで、でも同時にその上の小さい窓枠からも少し出没。

その日のうちに、水道管の出ている場所は、シリコンで隙間を埋めてしまった。窓には少し薬をスプレー。

ところが、その後も毎日すこ~しずつ、バスルームに行くたびにアリが見つかる。

その隣は子供部屋だし、気を許して、バスルームから子供部屋に行き始めたら怖いので、気を張り詰めて、頻繁にバスルームをチェックする毎日。


そして、今わかったのは、新しい出場所が、バスタブとその全面をカバーするタイルと漆喰の隙間ということ。

バスタブの下には大きな隙間があるそうなので、そこまで到達してしまったらしい。
もう根本的に退治しないと、イタチごっこになってしまって大変。それにまだ季節ははじまったばかり。これ以上増えたら大変なので、また前回(2007年の6月に呼んでそれ以来今年の春までアリは出ませんでした。)の業者を呼ぶことに決定!

明日来てもらうことになった。電話でどこか説明したら、赤ちゃんがいる家だということまでその業者の人は覚えていた。
お昼にくるので、今日中にベビーサークルとおもちゃと着替え一式をお義母さんの所へ運んでと、明日のお昼から一泊避難する準備も完了。
本当は薬は6時間くらい経過すれば乾くし問題ないということだけれど、赤ちゃんがいるから念には念を入れて、翌日窓を開けて空気も入れ替えてから戻ってくるつもり。

早く自分の家で落ち着けるようになりたい・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
海の上で過ごした復活祭
2008-04-28 Mon 04:10
晴れ 時々曇り、夕方に少し雨

天気予報はパトラスに関しては大きく外れ!
この土日はギリシャ全土で雨に嵐、といわれてみな復活祭で恒例の羊の丸焼きなどをどうするのかなあと思っていたら、土曜は雨だったそうだけれど、復活祭当日の日曜日、パトラスは太陽も出てぽっかぽか。

実はまだ体調はイマイチだったけれど、金曜からまた船でイタリアのバリへ。復活祭前夜は初めて船の中で過ごすことになった。
今回はお義母さんも一緒。天気が崩れた金曜日。イタリアのバリへ向けて出発してすぐ、リオ・アッディリオの橋に虹が!イタリアはとっくに復活祭が終わっているので、お店も全部普通にやっているから、はりきって買い物もしてきた。でも朝は雨が降っていて、すっごく寒くてびっくり。やっぱりギリシャより随分寒いなあと実感。まず要らないだろうと思いつつ持ってきていた皮ジャンがなければ、風邪が悪化していたかもしれない。
といっても、昼に向けてどんどん天気がよくなってきて、太陽が出てからはすっかりあったかくなった。

お昼は前回現地の人から教えてもらった、ピザ屋さん。「フラテッリ・ディ・ブーファロ」という店で、平日はランチメニューが7ユーロ(プリモ、セコンドと前菜のセット)というお得なものもあって、超混む。でも土曜だったので、ゆったり座る席もすぐ見つかって、ベビーカーも邪魔にならず良かった。
地元の人に人気の、イタリア、バリのピッツェリア。お義母さんが食べられるよう、野菜中心の前菜を注文。
ちょっと問題があったのは、復活祭の前日ということ。お義母さんは残念ながら断食しているので、乳製品とお肉などは食べない。でもチーズのないピザが一つあったので、それと、野菜やきのこの前菜をお義母さんには頼んだ。私はシンプルなピザ、マルゲリータをだんなさんと半分ずつ食べて、「パッケリ」という、マカロニをものすごく太くしたような筒状のパスタを野菜たっぷりのトマトソース、チーズで合えたものを頼んだら、すっごく美味しかった。イタリア、バリのピッツェリアで。一緒に行った友人夫婦が頼んだパスタ2品。

そして何よりも、最後のデザートが、幸せ一杯になるくらい美味しくて感動!!
チーズケーキだったのだけれど、真っ白なチーズも、底に敷いてあったビスケットも、最高に美味しくて、ソースはチョコとフルーツの二つから選べる。私はもちろんチョコを頼んだ。
できればまるごと家にお持ち帰りしたいくらいの美味しさ・・・。また次回機会があれば絶対頼もうと思う。

そしてお出かけであまり眠れなかったうちの赤ちゃんは6時過ぎから夜8時半までキャビンでぐっすり。そのおかげで、夜中に復活祭を一緒にお祝いできて嬉しかったけれど、生まれて初めてというほどの夜更かしに。

             ○○○○○○○○○○○○○
船の中での復活祭はとても楽しかった。ちゃんと夜11時半あたりから、船の中でも教会のミサの中継が流れる。ちょうどうちの赤ちゃんがミルクを欲しがったので、授乳でキャビンへ向かったのだけれど、ちゃんとエレベータの中でも司祭さんの歌うようなミサの声が聞こえてきて、なんだかエレベータと教会が結びつかなくて可笑しかった。
第一、イタリア人や他の外国人の乗客で、ギリシャの復活祭を知らない人たちは、夜中にいったい何が始まったのかとびっくりしているだろうと思うと笑える。

授乳を終えて急いで戻ると、もう一斉に船員やお客さんのギリシャ人が集まっていた。電気を消して暗くした中、皆に配られたろうそくに火が灯されて、ミサを聞く。そしてとうとう夜中の12時!
「フロニャ ポッラ!(「おめでとう!」の意味)」「クリストス アネスティ!(「キリストが復活したぞ」という意味で、復活祭の挨拶の決まり文句)」とみなで挨拶。

うちの赤ちゃんは夜中の12時だからもちろん眠くなってきていたのに、大勢の人がわいわい集まってお祝いムードなので、何事か!?という感じで目を見開いて、キョロキョロ。

ギリシャでは、キリストの復活(「アナスタシ」とギリシャ語で呼ばれています。)をお祝いする、復活祭はこうして夜中の12時に始まる。船上でお祝いした復活祭。夜中にこんなご馳走が並びました。レストランでは全てのテーブルが準備万端!この日はフリーで復活祭のごちそうがふるまわれるので、みな好きな場所で席につき、「マギリッツァ」(羊の臓物のスープ)、子羊のお肉やオーブンで焼かれたポテト、赤や青に色づけされたゆで卵、サラダなどに、白ワインなどが運ばれてきた。

お昼以降何も食べていなかったので、たっぷり食べてしまったけれど、どれも美味しくて大満足!


             ○○○○○○○○○○○○○
旅の終わり。パトラス港へ到着!
船は今日日曜のお昼にパトラスに到着。復活祭当日。パトラスに戻ってきたら、雨の予報は外れて、結構天気がよくてびっくり。その後は車で1時間ほどの、お義母さんの田舎(オリンピアのちょっと先にあります。)まで行ってきた。叔母さんの田舎の別荘に、いとこたちが集まっていて、そこでもちろんまた羊のお肉や「ココレッツィ」(羊のレバーなどを腸で巻いた料理で、レバーの苦手な私は食べられないのですが・・・)などのご馳走を食べた。

そして私は、復活祭用にケーキを作るよう、お義母さんに卵をたっぷり渡されているので、明日はケーキ作り。明日のお昼はお義母さんが羊肉を料理することになっていて、まだまだご馳走が続く・・・。復活祭はダイエットの大敵。この一週間が過ぎたら、しっかりとダイエットをスタートする予定(笑)。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
復活祭に向けて その2
2008-04-22 Tue 22:24
晴れ

今週から学校などはお休み。一般の会社は木曜日まで仕事でそのあと復活祭休暇に入る。
私の周りでも、子連れですでに田舎へ出発してしまった家族が結構いる。うちの赤ちゃんの洗礼親(まだ洗礼していないながら、もう洗礼親として家族づきあいしている)も、田舎へ行く前にということで、日曜日にちゃんとうちの赤ちゃんにプレゼントを持ってきてくださった。まだ洗礼していないので、ランパーダ(復活祭の火を灯すろうそく)はなし。

他にもうちのだんなさんの従姉妹が、うちの赤ちゃんにサプライズのおもちゃいり、卵型チョコを持ってきてくれたし、私の洗礼親にあたる別の従姉妹も私にランパーダと卵型チョコ、それに赤ちゃんへの卵型チョコまで持ってきてくれて、最後は私の胃袋に納まるであろうチョコが一杯(笑)!

昨日はクルーリをお義母さんと作る予定だった。けれど、うちの赤ちゃんと甥っ子の面倒も見ながらで、しかも私の体調もすぐれず、ほとんどお義母さんが自力で作ってしまった。
計100個以上!断食していない私と甥っ子が味見。美味しくできました!

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
とうとうお医者さんへ
2008-04-22 Tue 05:56
晴れ 21℃以上でぽかぽかの陽気!

先週の月曜日に引き始めて、きっかり一週間経過したはずの風邪。それが咳がひどくて全然おさまらず、今週末の旅行の準備どころか体力を消耗してしまって、何もやる気なし・・・。休みたいのに風邪気味の赤ちゃんがいると休む時間も特にとれないし、すっかり疲れてしまった。これでは免疫力もさらに落ちるはず。

これはまずいと思って、今朝重い腰を上げてとうとう内科のお医者さんへ出かけてきた。風邪くらいでお医者さんへ行くなんて生まれて初めてかもしれない。うちの保険が利くということと、いいお医者さんという近所のうわさで選んで、徒歩でいける範囲。赤ちゃんはちょっとお義母さんに預けた。

運良くすぐ順番も回ってきて、女性のお医者さんで感じのいい方で、よ~く調べてくれた。
結果、のどの炎症がひどくて、ひどい咳もそのせい。気管支炎にでもなっているんじゃないかと心配していたけれど、一安心。のどのシロップ、ちょっと初めて経験する、吸引するタイプのお薬、飲み薬を出してもらった。どれも授乳しても大丈夫なもの、ということで。

そのお医者さんいわく、近所にもう一人日本人の女の子が結婚して住んでいるという。その名前が日本にもありえるけれど外国っぽい名前で、お医者さんが勘違いしてないとしたら、パトラスに実はもう一人日本人がいるということらしい。いつか偶然にでも出会うことがあるかも!?


出してもらった薬のうちで、飲み薬と吸引するタイプのものは、アレルギーなどの人へ処方されると書いてある。アレルギーとは言われていないけれど、咳の症状を緩和するのに利用するということらしい。この飲み薬は夜寝る前に一錠のみ。さっき飲んでから少しして、明らかになにかのどの奥で変化を感じた、と思ったら、すっごい咳!今までとは違う咳が襲ってきて死にそうだった。
この薬合ってるのかなとちょっと疑問。
今週末からは復活祭休暇でお医者さんもいなくなるので、木曜日までによくならなかったら電話するように言われているけれど・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
復活祭に向けて
2008-04-18 Fri 22:18
晴れ 気温18℃~19℃だけれど、冷たい風が強くて寒い。夜中には強風で、洗濯物を干していた台が吹き飛ばされてしまった。
今年のイースターの飾りはこんな感じに

熱は二日続いて、昨日から下がってくれた。でものどは相変わらずひどくてあまり声が出ない。
赤ちゃんにも結局うつって、熱はないけれど、夜何回も何回も起きる!私もまだイマイチの体調なのに、昨夜はほぼ徹夜。病気していると子育てはとってもハードだ・・・。

復活祭は27日の日曜日!
来週始めからは、いろいろと準備が必要。
1.材料の買い物
2.クルーリをお義母さんの分も一緒に作る。
3.卵を染める。(時間があれば、また絵を描いたりしたいけれど・・・)
4.週末に向けてケーキを作る。
などなど。
だから風邪をなんとか治さないと大変・・・。

週末といっても今年は金曜日から復活祭当日の朝まで旅行する計画なので、復活祭当日のお昼は外食。本当は復活祭前夜、教会へ行ってランパーダ(復活祭の火を灯すろうそく)に火をつけたいけれど、どうせ赤ちゃんは早く寝てしまう(ミサは夜遅くはじまって、火をともすのは夜中の12時ごろです。)から出かけられないから、家でこもっているくらいなら旅行、となった次第。

復活祭前日は、聖地エルサレムから空輸される聖なる火がギリシャ全土の教会へ運ばれる。
夜のミサでは、教会は入りきれない人々で外まで埋め尽くされるほど。そして火が灯されると教会の鐘が一斉に鳴り始め、子供たちは爆竹をバンバン鳴らして、お祝いムードで一杯になる。火は人から人へとランパーダにうつされて、皆、家へ大事に持って帰る。

例年なら義兄の家族とでかけて、ランパーダを家に持って帰ったら、いつも義兄のお嫁さんのお母さんが、得意料理の「マギリッツァ」を持ってきてくれて、それをみんなで食べ、染めた卵のとがったほうをお互いにぶつけ合う遊び(ギリシャの習慣)をしたりして過ごす。
IONのミニ卵型チョコやキャラメル、ジェリーなど子供向けのギリシャのお菓子うちの中も復活祭ムードの飾りをいろいろ置いた。私の好きなIONというメーカーのチョコが卵型の小さいチョコの袋詰めを出しているのを見つけて、買ってみた。チョコ味と、中がイチゴ味のものの2種。それもキャラメルなどと一緒に盛ってあるのだけれど、毎回姪っ子たちが遊びにきては食べまくるので、すぐなくなりそう(笑)。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
風邪の季節
2008-04-16 Wed 22:28
晴れ 昨日から久々に青空。アフリカの砂ぼこりがなくなったらしいけれど、途端に涼しくなってしまった。日中19℃ほどで、風が冷たい。


月曜日に赤ちゃんの検診で小児科のお医者さんへ行ったとき、お医者さんが遅れて1時間以上待つことになった。その間、風邪を引いている子供なんかも待合室にいて、どうも私、うつされてしまったらしい。

のどは月曜の夜からちょっと痛くなりだして、昨日は声がかすれてきて、夜には寒気。計ったら38℃の熱がでていた。

背中や骨が痛い感じで、赤ちゃんの世話をするのがとってもきつい・・・。

いつものDEPONを6時間おきに飲んでいる。(普通は4時間なんだけれど、授乳に影響がないように、お医者さんに6時間といわれている。)
朝は微熱程度に下がったけれど、また午後から38℃にあがってしまった。

めったに熱が出ないし、あまり高熱が出ない体質なので、もう本当にフラフラ。
こんなに身体が重いのは、どうもただの風邪じゃなくインフルエンザ?という気もする。
運がよく赤ちゃんは元気なのが救い。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
注文していた家具が到着!
2008-04-15 Tue 04:01
曇り空、といっても雲ではなく、相変わらずアフリカの砂ぼこり、という説も。

この数日、青空がまったく見えない。いつも空は白くて、それがどうも、アフリカの砂漠から飛んできている黄色い砂ぼこりらしい。ニュースで見せる衛星の映像では、はっきり黄色いものがアフリカからギリシャ方面に覆いかぶさっている。そして湿気があって蒸し暑いような変な天気で、春らしいとは全然言えない。

今日は2ヶ月ほど待っていた、ソファが到着。ギリシャでは配達する運送会社の人がよく手荒に扱うので、箱はボロボロだったり、ギリシャに輸送された時点で傷がついていたり、ということが絶えない。
今まで何かを注文して、無事に届いたことがほとんどないので、今回もハラハラ。

そして悪い期待を裏切らず、やっぱり傷が見つかった。
組み立ててくれた人は、とっても丁寧で、気を使ってくれていたけれど、箱をあけた段階で、すでに傷がついていたので、最悪の場合は、クレームでお取替え。また2ヶ月ほど待つことになってしまう。

その組み立て担当の人は、「取り替えたら取り替えたで、今度は別のところ、それももっと目立つところに傷がついてるかもしれないからねえ・・・。」と一言。残念ながら確かに一理ある。

傷は足元で目立たないけれど、新品を買って、キズ物というのがどうしてもひっかかる。
これがいつもギリシャでは頭痛の種。

とりあえずうちのだんなさんと相談してどうするか決めようと思うけれど・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
すっごく暑い~
2008-04-13 Sun 02:06
夕方でもまだ26℃近い、むわっと湿気のある暑さ。空もすっきり晴れていなくて、山も霞がかかったように白っぽい。

なんだか小春日和から突然夏になったか、というような気候の変化。
それも普通の、ギリシャらしい乾燥した夏とちがって、日本のような湿気!この変な天気はいつまで続くのだろう?

あったかいから、気軽に風邪気味の赤ちゃんとも出かけられるので、姪っ子と一緒に公園へ遊びに行ってきた。ブランコに抱っこで乗ったら、隣に乗っている姪っ子とすれ違うたびに、クスクス笑っていた。

空き地も川沿いも、小さい春の花が一杯。
川沿いの春の草花。

私の抜歯の後の痛みも午後にはなくなって、寝不足を除けば体調も良し。



☆☆☆追記☆☆☆
やっとニュースを見る機会があって、それによると、このかすんだ空は、またまたアフリカから飛んできている、黄色い砂が原因だという。気管支の弱い人、アレルギー体質の人、小さい子供などは、注意して、なるべく外気を吸わないように、などと言っていた。
そういえば、一昨日あたりから、ベランダのテーブルを拭くと黄色い粉がついてきていた。てっきりまた花粉なんかだろうと思っていたのだけれど。

うちの赤ちゃん、この数日咳がときどきでるのは、もしかすると風邪ではなくて、砂ぼこりのせいかもと急に心配になってしまった・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
親知らず、抜きました!
2008-04-11 Fri 22:26
すっごくあったかい変な天気で、25度以上の気温。明るい曇り空。


二夜にかけて親知らずの一つが痛くて、何度も起きてしまうほどだった。なんとか痛み止めのDEPONでおさえつつも、きつい。
実は秋に一度歯医者さんに相談していたのだけれど、授乳があるので、先延ばしにしていたもの。

あまりにも痛かったので、抜いてもらいたいなあと思って、今日お昼に予約していて行ってきた。

授乳を続けられるように、ということで、抗生物質はなしということに。抗生物質は絶対要るものだと思っていたので、意外。
ただし、麻酔の薬も母乳に出てしまうので、明日の朝8時までは授乳できないから、どうしますか?といわれた。でも今日は金曜日。もしまた痛くなって土日を過ごさないといけなくなったら、耐えられるか分からない。抜くのはすぐですよ、いうことだったので、抜いてもらった。

うちの保険と関係ないけれど、いいお医者さんと聞いたところへ行ったので、保険なしで支払い。50ユーロ(レシートなしで。)

生まれて初めて歯を抜いてもらうことになったので、そんなに簡単に抜けるとは知らなかった。削ったりとかは全くなし。
ただし、そのあとどのくらい痛いのか想像もつかない。お医者さんいわく、人それぞれで、全然痛くないという人もいるそう。

歯は結構あっさり抜けて、出血している所に綿をはさんでもらったものをしっかり噛みながら、バスで帰宅。まだ耳のあたりまで全部がしびれている。
覚悟がいるのは、今夜。歯が痛いかもしれないだけじゃなく、初めて授乳できない一夜を過ごすことになるから、一杯泣かれてしまうかも・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
子供のいる生活 一周年
2008-04-10 Thu 19:20
晴れ 暖かい一日

うちの赤ちゃんは、去年の今日生まれてきた。

ちょうど、復活祭の数日後だったので、復活祭にもし生まれてしまったら、休暇中の人が多いと病院の人手が足りなくて大変かなあなどと心配したものだった。

春らしい今日の景色。うちの前の木々の新芽は青々と育っているし、鳥のさえずりや川のせせらぎが春らしくて気持ちいい。そんな外の景色を眺めていると、去年は景色なんて目に入るどころの心境ではなかったなあと思い出す。

親になること、男の子の兄弟がいなかったから男の子の子育ては想像がつかないとか、いろいろな不安があったけれど、生まれてしまえば、なんだか当たり前のようにいつも傍らにいる存在になってしまっている。

新生児から1歳までの変化はとても大きいので、たった1年の出来事とは思えないくらい長い時間の感覚。その一方で、初めての子育てでは絶えず新しいことへ直面するから、毎日はあっという間に過ぎていく。
こんな感じで、子供がいると、あっという間に年を取っていくのかもしれない・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:3 | top↑
とうとう日本へ電話がかけ放題になる!!
2008-04-09 Wed 06:32
晴れのち曇り この所また少し涼しくなって、肌寒い毎日

2ヶ月ほど前に、電話会社の自由化でいろいろお得なパッケージがあるので、ある民間会社のものに申し込みをした。アテネでは昨年からスタートしていたのだけれど、パトラスでは道路を掘ってケーブルを埋める工事が遅れていて、やっと始まったのがその頃。

申し込みが殺到していたので、遅れるのは覚悟していたけれど、結局2ヶ月も待たされて、とうとう今日、回線が切り替わる予定。一日の間に、途中回線が使えなくなる時間があったりするそうで、ちょっと困るけれど、楽しみ!

パッケージはいろいろあって、私の選んだものは、ADSL+国内電話使い放題、海外も日本を含むたくさんの国にかけ放題というもの。他にはネットを利用した大量のテレビのチャンネルが見れるようになるものなどもあるし、携帯電話への通話が1時間ついてくるというものもある。
各個人が自分の都合にあうように、半国営の電話会社への基本料金なしで、民間会社独自の電話回線を使った新しい契約ができるようになった、というのは画期的!

電話番号はもちろん変わらないので、気軽に会社を変更できる。

ADSLのスピードだけがちょっと問題。パッケージは一番速いADSLのものだけれど、回線のポイントになる場所から家が離れているほど、スピードが落ちる。うちで計算してみると、結局今よりちょっと速いなあくらいにしかならないようで残念。

でも電話料金、インターネットにおいてもヨーロッパ内で特に高いといわれていたギリシャ。
今まではあまり速くないADSLに月20ユーロ弱+海外に電話しない月でも35ユーロほどは基本料金と合わせて取られていたから、これからはだいぶ節約できそうで、嬉しい。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
タバコの禁止
2008-04-08 Tue 06:09
今日のニュースで、ギリシャでも2010年から公共の場所でのタバコを全面的に禁止するという話が。

今でも確か市役所やバスなどでは禁止なのだけれど、少なくとも私の住むパトラスではあまり関係がない感じ。後ろの壁に禁煙の張り紙があっても、灰皿もあるから笑ってしまう。

公共の場所ということは、イタリアでバールでの喫煙が禁止されたように、ギリシャでもカフェやレストランですえなくなるということらしい。

そんなことが実現してくれたら、赤ちゃんとのお出かけもとても気持ちのいいものになるんだけれど、ギリシャで実現するのかすごく怪しい。テレビで以前インタビューしてそういう法律が施行されたらどうか?と聞いて回っていたことがあったけれど、やっぱりギリシャ人もギリシャではまず無理じゃないか・・・という意見の人が大半だった。

イタリアのバールでも猛反対していたけれど、その何倍もカフェに長居するギリシャの場合、タバコがダメなら、お客さんがすぐに去ってしまいそうで、お店を持つ人たちもなかなか同意するはずがない。
でもダメ元で、実現してくれたらいいなあと期待だけしておこうと思う。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
お願い
2008-04-08 Tue 05:56
コメントをいただいた、Yさんへ。

秋にコンピュータがブラックアウトして、メールもアドレスも消えてしまったのでお返事できないのです。どうかもう一度ご連絡ください!

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
バースデイ・パーティ
2008-04-07 Mon 07:59
雨のち曇り

今日は少し早めの、うちの赤ちゃんの記念すべき1歳のバースデイ・パーティ。
その準備に丸2日かかって、お義母さんにも手伝ってもらって、それでも完全には間に合わなかったので、もう疲労の限界!

何しろ、うちの赤ちゃん、私とべったりになりつつあって、私が他のことにかかりっきりなのが大変ご不満だったものだから、もうぐずりっぱなしだった。その不満の声を聞きながら、料理もいまだかつて私の人生では呼んだことがないほどたくさんの量。さらには断食シーズンなので、断食メニューと普通のお肉料理を両方用意。ケーキもこれは一番頑張って、凝って飾り付けして、全てが準備が終わったのは、呼んだ人たちが来始めてから・・・。

とにかく今はあまりの疲れで身体が石のようなので、寝ます・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
ギリシャ人と日本の歌
2008-04-03 Thu 23:47
私が日本語を教えている生徒さんの一人は、日本のポップスソングのファン。アテネには、そのファンの集いなどもあるそうで、出かけていったりする。
先日活動を再開したというX・Japanのことも好きだという彼がいうには、その初日のコンサートにわざわざギリシャから出かけていった人もいたらしい。ニュースで、そのコンサートがさんざんだったと読んだから、気の毒に思ってしまった。

日本の歌といえば、前も書いたかもしれないけれど、以前ナイト・クラブでギリシャ音楽に演歌が似ているという話になって、そのお店の人が持っていた日本の演歌を流してくれたことがあった。その曲は特に似ていて、歌詞が始まるまで日本のものとははっきりわからなかったほど。演歌もギリシャのポップスの歌手もこぶしが聴いていて、共通点がある。

最近ある連続コメディ・ドラマの、笑わせるシーンで、バックに突然日本語の歌が使われたことがあって、びっくりした。高い声の女性の歌で、明るい感じの曲(子供向けアニメの主題歌のような)なんだけれど、そのシーンには妙に合っていた(笑)。

これは歌とは言えないけれど、ギリシャではサロンパスが売られていて、よくテレビでコマーシャルもしている。ギリシャ語でリズムのよい節のコマーシャルのあと、最後の「♪ヒサミツ」というところだけ、日本と同じで、なんかちょっと懐かしい。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
ギリシャ語と赤ちゃん
2008-04-02 Wed 17:05
晴れのち曇り。ちょっと天気が崩れていく予報。日曜日に本来の日にちより早めに、うちの赤ちゃんの誕生日パーティをするので、なんとか天気が回復してほしい。

今日、赤ちゃんがなにやら一人でおしゃべり(本人はしゃべってるつもりらしい)してるとき、偶然だと思うけれど、「プーイネ、プーイネ」と言っているように聞こえた。「プー イーネ?」は「それどこ?」という意味のギリシャ語。

それは偶然かもしれないけれど、ちょっと考えてみたら、ギリシャ語には、赤ちゃんが発音しやすい言葉(幼児用語はもちろん、普通のギリシャ語の中に。)が結構ある。

プー=どこ?
ティ=何?
ヤー=バイバイ
ヤヤ=おばあちゃん
パプー=おじいちゃん (への呼びかけ)
ババ=お父さん (への呼びかけ)
ママ=これは日本と同じ、ママだけれど、語尾が上がる。

のように、0歳の赤ちゃんの口から出そうな言葉。


☆さらに、赤ちゃん用語については、過去に「ギリシャの赤ちゃん用語と口語表現」「ギリシャの赤ちゃん用語と口語表現 第2弾」を書いているので、興味があったら、読んでみてください。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャ語 | コメント:1 | top↑
4月1日
2008-04-01 Tue 19:36
晴れ

カロミナ!(直訳すると「よい一ヶ月を。」)というのはギリシャで毎月初日に言う挨拶。

うちの姪っ子と従姉妹の息子が一緒に通っている幼稚園。もちろん日本のように春スタートではなく、秋に学校が始まるギリシャでは、春休みはない。復活祭の時期に休みがあるけれど、今年は復活祭が4月27日で遅いので、今の時期は学校も幼稚園も通常通り。

でも今日は幼稚園に送っていった、おじいちゃんやお母さんたちに、担任の先生が、「今日は4月1日でイベントをするので、早く終わります。10時ごろに迎えにきてください。」と伝えた。

ギリシャでは何かとお祭りやイベントがある日は、早く終了する(通常は12時15分まで)ので、仕方なく、従姉妹のお父さんは10時にお迎えにでかけていった。

そうしたら・・・。
想像がついたでしょうか?

実は担任の先生、エイプリルフールの冗談で、そんなことを言ったのでした・・・。
従姉妹のお父さんだけでなく、他にも結構だまされた親御さんたちが外に集まっていたそう。

話をきいて、うちのお義母さんも私も大笑い!!

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。