ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2008年05月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ネズミが猫を追い払う?
2008-05-30 Fri 07:19
暑い日が続くけれど、今日はさらにひどくて朝9時で既に30℃を越える。日中パトラス市内は35℃まで上がったという。

すごく忙しくて寝不足の毎日。しかも暑くて疲れが倍増・・・。うちの赤ちゃんはさらに活発になってきたけれど、一日すごい汗をかいていて可哀想・・・。

ところで、私の生徒さんの一人が、つい先日、住んでいる家のベランダから撮影した映像があるので、興味があったら、どうぞ。ネズミを狙っていた猫が逆に追い返されてしまいます(笑)・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
今年のユーロヴィジョンに注目!
2008-05-20 Tue 22:43
また泥だらけの雨が昨日ふって、今日は空が同じ砂埃で覆われている感じ。雨のおかげで暑さがましになった。

ベルグラードで行われる、2008年ユーロヴィジョンのセミ・ファイナルが今夜行われる。半分の参加国が今日、残りの国は木曜日にセミ・ファイナルが行われて、ファイナルは5月24日の土曜日。

ギリシャ代表は個人的にはとてもがっかりしているのだけれど、数年前にギリシャ版のフェイムストーリーで勝って有名になった、カロミラ・サランディ。アメリカ育ちのギリシャ人ですごい英語なまりのギリシャ語。(ギリシャ語が苦手なので、間違いもよくある。)声よりも、踊りが上手で、子供に人気。

それより、他国に注目!
ロシアは、一昨年アテネでユーロヴィジョンが行われた時に出場して、すっかり気に入っているディーマ・ビランという歌手が今年も出る。
さらに、フィギュア・スケートが好きな人にはたまらないことに、あのエフゲニー・プルシェンコと、そのパートナーで何度も眼にしているバイオリニスト、エドウィン・マートンが、一緒にステージに立つというので、見逃せない。

それからもう長いこと参加していないイタリアだけれど、スイスの代表として、イタリアの歌手パオロ・メネグッツィが出場する。

★2008ユーロヴィジョンの詳細は、英語サイト http://www.eurovision.tv/ にて。各国代表の歌手の紹介や、歌のダウンロードもできます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
今日のニュース
2008-05-19 Mon 00:46
晴れ 蒸し暑くて日中27℃を越える

久しぶりに、新聞の日曜版を買いに行った。最近値上がりしていて、以前はDVDつきで3ユーロだったけれど、今では4ユーロ以上する。

今日手に入れたのは、まず「ヴィマ」が、映画のDVD2本とインテリア雑誌つきで、4ユーロ。ギリシャの全国紙「ヴィマ」の今日の日曜版

もう一つは、「セマ」。これはあまり新聞としては好きじゃないけれど、今日からイタリアのモンダドーリ出版の料理本シリーズがついてくるというので、どうしても欲しかった。映画のDVDも1本ついて、4ユーロ25セント。この25セントっていったいどういう計算なのか不明。普通はきりのいい数字の値段が設定されているのに。ギリシャの全国紙「セマ」の今日の日曜版
料理本は1冊目でパスタの料理が特集されている。それが日本の料理本のように準備の段階の写真も入っていて、いい感じ!

今日の「ビマ」のトップ記事が、先日紹介した、公共の場所での禁煙についての法律が、2010年1月1日から施行されることに決まったというニュース!
このタバコ天国のギリシャで、カフェやレストラン、ナイトクラブにいたるまで、禁煙になるなんて、私にとっては夢のような話。
2002年にも役所などでの禁煙が決まったものの、全然守られていないということから、今度は罰則も厳しくなるというので、期待できそう。

それから、ギリシャの学生が喜びそうなニュースが一つ。
医者、エンジニア、建築士、電気工事士、美容師などなど、35種類の専門職の資格をもつ人たちは、ヨーロッパ共同体のほかの国で、全く現地の国民と同じ権利で仕事ができるようになる、というもの。逆に、ギリシャ国内にもヨーロッパ各国からやってこれる。というわけで、記事では、「ポーランド人のお医者さんがうちへやってくる」という見出しだった。
今までも専門職をもつギリシャ人といっても、外国で勉強した人がとても多かった。でも全くギリシャ人ではなく、外国人のお医者さんが増えてきたりしたら、雰囲気がすっかり変わりそう。

最後は「ヴィマ」にある人材募集の記事。「ヴィマ」の人材募集欄に載っていた「宇宙飛行士募集」の記事ちょっと目に付いてしまったので、載せたい。というのも、なんと「宇宙飛行士募集」とさりげなく書いてあったから・・・。
募集記事は英語で、合格するとドイツのケルンにあるヨーロッパ宇宙センターで働くことになるというから、ヨーロッパ中で募集しているらしい。それで納得。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
攻撃的なルノーのコマーシャル
2008-05-18 Sun 05:00
晴れ

うちの赤ちゃん、よく6ヶ月から1歳の赤ちゃんがなる、突発性発疹だったと確定!
熱はすっかり引いたけれど、食欲はまだ戻らないし、まぶたにも湿疹があって、少しはれぼったい目がかわいそう・・・。



ところで、たしか昨日初めて見た、車のルノーのコマーシャル。昨日はなんとなく新しいなあと意味をよく考えずに見ていた。それが今日気をつけて見てみると、実はすごーく攻撃的なコマーシャル!ということに気がついた。

車を試験的にぶつけて、どうなるかの安全性を確かめるテストをする機械のある場所で、
まず、車のあるべきところに、巨大な白いソーセージが登場。機械にドーンとぶつかって、ソーセージがはじける。
それから、なぜか巻き寿司が一切れ登場。これも巨大で、機械にドーンとぶつかると、派手にはじけ散る。

3番目にはパンのバゲットが登場。これは機械にドーンとぶつかると、ムニュっとつぶれるだけ。そりゃパンだから、柔らかいからか?と思っていると・・・、

一番安全な車はルノーのものです、というような文章が出て、その下には先ほどのバゲットが。

それで初めて気がついた私。
つまり、ソーセージはドイツ車、寿司は日本車、バゲットはフランス車であるルノーという次第。
人気のあるドイツ車、日本車より、ルノーのほうが質が上ですよ、といいたいらしい。

このコマーシャル、日本ではさすがに流さないかな???

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
「そっくり」を表現するギリシャ語は?
2008-05-17 Sat 06:24
晴れ 23℃くらいまでしかあがらなくて、比較的涼しい。週末は30℃くらいいくという予報。

午後から熱は一度もあがらなかった、うちの赤ちゃん。どうもあせもっぽい発疹が少しずつ出てきていて、よくある突発性発疹だった可能性が濃厚になってきた。とにかく4日の高熱ですっかり疲れてしまった私だけれど、今夜は少しほっとリラックス。

今日はギリシャ語のおもしろい表現を一つ。

日本では、何かがそっくりであるときに、「瓜二つ」という表現がある。瓜はどれも似通っていて見分けがつかないということの代表に使われているわけだけれど、これがギリシャ語では;
「二粒の水滴のようにそっくり・・・」となる。

民放のメガ・チャンネルで平日毎日やっている連続ドラマがある。まったく同じ顔をした、実は双子である兄弟が、それぞれ貧乏な家庭と、裕福な家庭で、お互いの存在を知らずに育つ。ある日一人は事故で記憶をなくし、もう一人は偶然その事故現場に居合わせて、相手に成り代わることになる。というところから始まるストーリーで、タイトルの背景で水滴が落ちる画像になっている。









 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャ語 | コメント:0 | top↑
赤ちゃんは熱、世間はストライキ・・・
2008-05-15 Thu 07:01
曇り

一昨日の夜から、急にうちの赤ちゃんが熱を出して、それ以来文字通り、24時間つきっきりになってしまった。

生まれてから2回目の発熱。
それも今回は今日39℃9分を記録!そんなに熱が出たことのない私はもうドキドキして、お医者さんにも電話をしまくり。
高熱以外にほとんどこれといった症状がなくて、なんの病気かわからないのが、心配の種。明朝はお医者さんに尿検査をしてもらうことになった。

なんというか、うちの赤ちゃんは比較的静かな性格なので、激しく泣いたりなどはしない。でも熱が今日の夜まではずっとある程度あって、ほっぺを真っ赤にして苦しそうだった。抱っこか授乳で一日が終わっていったけれど、今夜からちょっと熱がましで、やっとさっき一人で眠ってくれたので、私もとうとう休憩!ご飯も一日食べていなくて、やっとお腹を満たしたばかり。


ところで、ギリシャでは、石油を運ぶ運送トラックと、全ての運送トラックの所有者のストライキがつづいていた。ギリシャ全土のガソリンスタンドでガソリンが不足して大変だった。パトラスもほとんどのガソリンスタンドが閉まっていて、義兄も仕事で遠出することができず足止めをくらっていた。やっと今日石油の運送は再開することになって、明日からはまたガソリンが普通どおり手に入るようになるらしい。
でもストライキは今度は、昨日はタクシー、今日は国立病院のお医者さんなど。明日は銀行員などと、いろいろな業種で始まって、またかあ・・・という感じ。

とりあえず明日は赤ちゃんのお医者さんへ行くので、ストライキもなくガソリン不足もなく、タクシーが普通に呼べるというだけでラッキーか・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
美容院に行く回数
2008-05-10 Sat 00:01
快晴
アリが昨日からの暑さで活発になって、またまた違うところから出てきて怖くてしかたない。
パトラスも去年から冬あまり寒くならないから、以前より活発になっているような気がしてしまう。


ところで、美容院の話。
イタリアにいたときは、以前も書いたけれど、髪の毛が少ない人が多くて、毎週同じ曜日に美容院へ通い、セットして膨らませてもらっている人が一杯いた。
そんなにしょっちゅう美容院へ行くの?と最初は驚いたけれど、髪の毛がぺしゃっとしちゃうからなのかなあと思っていた。

ギリシャではパーティが多いので、出かけていくときや、年間のお祝い事、クリスマスやイースターなど、子供やだんなさんのネームデイのパーティをうちでするとき、などなど、一杯ヘアセットをしに行く理由が揃っている。というか、きっとそうやってほとんどの人がきれいに整えてくるから、自分だけ髪の毛くcしゃくしゃで行くというわけにも行かないのかもしれない。

別にパーティじゃなくても、毎月必ずヘアカットしてもらって、ちょっとそのときにセットもしてもらって、フレッシュになって美容院を出てくる。
ここで、ギリシャでは切ってきた人に「メ ヤー!」(英語で直訳するとWith Health!なのだけれど、日本語でいうとぴんとこないですね・・・。)と言ってあげる習慣がある。
この一言は、新しい服や靴を買ってきた人にも言うもの。

ついでに付け加えると、買ってきたものが、家具や家電、車などの場合「カロリジコ!」という。
どれもちょっとした気持ちを示す、「おめでとう」に似たギリシャ独得の挨拶で、ギリシャ語にはお祝い事に応じて、挨拶の言葉が一杯あるのが特徴。

私は美容院嫌いで、とにかく日本でも自分でばっかり切っていた。
嫌いな理由は、無駄なおしゃべりと、作ってもらった髪形が大体気に入らなくて、後で自分で直したりすることになるから。
でもうちのだんなさんが美容院になんで行かないんだ!と文句をよく言っていて、しかも、義兄のお嫁さんが美容師だから、勝手に切ると、「美容院で切るときに困る」というので、怒られてしまう。
そんなわけで、ちゃんとヘアカット用のはさみだってもっていたのに、自分で切らなくなって久しい。

ギリシャでは美容師さんやマニキュール・ペディキュールなど、頼むと家に来てくれるので、妊娠中や子供が小さかったりしても便利。
でも、うちは今、義兄のお嫁さんがうちから徒歩3分のところにお店を開けたので、よく行くようになった。

私も人生のうちで初めて、月に1回はヘアカットをしてもらうようになったのは、ちょっと奇跡的!?

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
ギリシャではこんな感じ・・・ウェデイングドレスの試着
2008-05-09 Fri 20:01
快晴 

今日はウエディングドレスの試着に3店舗周り、たくさん試して、疲れるし、足は痛いし・・・。
ギリシャでは、結婚式に必要なものは、それぞれの専門店を選んで、値段を出してもらわないといけない。既に教会と披露宴を飾る花は、知り合いを通じて選んだ花屋。写真やDVDをつくってもらうのも、うちのだんなさんを子供のときから知っているという家族がやっている写真屋、などと全て予約済み。
今日のウエディングドレスも、パトラスのビジネス電話帳を見ると、星の数ほどあるウエディングドレスの専門店!もう見ただけでくらくらしてきて、通りかかって良さそうだった店、知り合いのお勧めの店、ボンボニエレス(白い砂糖菓子)で気に入ったものがあった店、という3軒だけにしぼった。

1軒目は、外見から高そうで、ボンボニエレスも、絹の袋にはいってるとかで、すっごく高いものがあったりする店。でもドレスはパトラスのどこで聞いても大体同じ値段で、ここも変わりなかったので、とりあえず試すことにしていて、10時に到着。
お店の内装もお洒落で、上の階に連れて行かれたけれど、すごくきれいで、広くて、結婚式の準備をしてるなあという雰囲気が盛り上がるかも。(既に市役所で結婚式を挙げているから、あまり今回の式の実感がわいてないのです。)サイズの違う靴が置いてあって、合うものを試着用に履く。

スカートの内側に鉄の輪のはいったものや輪はないけれど、少しドレスをもちあげてくれるような、歩きやすくなるものがあって、それも履く。それにしても、ウェディングドレスは一人で着るのはまず無理だというのを初めて知った。

いろいろ違うタイプのものを試して、最後にこれはレンタルはなくて買取だけなんですけど、といって持ってきてくれたものが、ものすごーくよくて、一緒に来てくれていた、結婚の保証人になってくれる遠い親戚も、もう絶対これ!という感じに。もう一つ似合っていたものは、まあどこにでもありそうなドレスなのに対して、これはすごく独得で品格があるし、あとですそを切れば、とってもお洒落な普通のドレスとして、後々も着たりできる。
さすが小さい街パトラスで、偶然近所の、うちのだんなさんを子供の頃から知っている人がスタッフにいて、ちょっと安い値段を出してもらった。

次はいとこの幼馴染の友人が家族でやっている店。パトラスでも一番古い店の一つで、ショーウィンドーはなくてオフィスビルの3階。古い店は口伝えで顧客が確保できるかららしい。でもギリシャ全土のウェディングドレスのお店に出していて、有名だそう。
一緒に来ていた親戚は12年前にここでドレスを買っていて、それ以来つきあいがあってよく知っているし、小さくてアットホームな雰囲気。

ちょっと一つのドレスから次のに着替えるまで、下着だけで鏡一杯の試着室に親戚といないといけないのが落ち着かなかったけど・・・。そういう適当なところがギリシャらしい。
一つ気に入ったものが、シルクやスワロフスキーを使ってあって、レンタルもするけれど、できれば買取をしてほしいという一品。
これは親戚がねばって値下げ交渉してくれて、ほぼ最初に気に入ったドレスと同じ値段に。

3店目は、一見してゲイだな、とわかる男性がやっているお店。
それが、試着する場所へいってみると、せっかく天井も模様がはいっているような古い建物なのに、あまりこぎれいではなく、ドレスもくたびれて薄汚れている感じ。しかも内側に使っている布が、「冬物じゃないんですか?」と聞いてしまったくらい、どっしり分厚くて、重いし、夏に式だから暑さで死んでしまいそう!
それに試したものはどれもこれも似通っていて、ありふれたデザインのものばっかり。
さらに私にとって最悪なのは、ホールだけでなく試着室の中までタバコの煙臭い!

試着用に貸してくれる靴もやけにヒールが高くて、もう足は痛いし、予約の合間をあまり開けてなかったので、店から店へ水も飲まずに移動して疲れてきっていた。終わってから、最後のお店の悪口を言いながら、出てきたときには、もう2時!

そういうわけで、二つにしぼってどちらかを選ぶことになった。
親戚は結婚当初を思い出して終始嬉しそうだったけれど、私は足を引きずりながら帰宅。
まあでも期待以上に気に入ったものが見つかったのはよかった、よかった。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
パトラスに来る歌手
2008-05-08 Thu 03:50
先日姪っ子とパトラスへ出かけたとき、発見したのが、このポスター。
ギリシャの有名な歌手、ディミトラ・ガラーニがパトラスに来るという宣伝ポスター私の好きな、ディミトラ・ガラーニが、パトラスの有名な「ハラマ」で5月5日に歌ったらしい。子育てがなければ絶対行きたかったなあ・・・。ディミトラ・ガラーニは、なんというか深~くて渋い声の女性歌手で、よい曲がたくさんあります。
先日も載せたマゾナキスのポスター、実はブズーキャで歌うということでしたそして先日ちらっと載せたこちらのポスター。今回は木で隠れたりしていなくて、よく見たら、コンサートではなくて、パトラスにある大きなブズーキャに歌いにくるということでした・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
春といえばパパルナ
2008-05-07 Wed 03:25
連日晴れ
川岸にたくさん生えている、パパルナの花をズーム!

赤ちゃんを連れて散歩にいったついでに、うちの前を流れる川岸で、パパルナとギリシャでは呼ばれている、芥子の花を撮ってみた。パトラスでは3月には既に咲き出したように記憶している。
flower2may2008forblog.jpg

ギリシャでは春、道端で咲きみだれていて、私は大好きだけれど、ギリシャ人にとっては、あまりにも見慣れてほとんど気に留めていない感じ。でもこの花は、とにかく目立つ。目立つ色をしているのは何か理由があるのかもしれないなどと考えてしまう。他のギリシャの春の草花は、決まって黄色か紫色の花をつける。それも小ぶりな花なのに比べて、パパルナはその鮮明な赤で、存在感が違う。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
アガーピ(愛情)&ジリア(嫉妬)
2008-05-06 Tue 09:13
晴れのち曇り

姪っ子も甥っ子も、私に赤ちゃんができてから、微妙に嫉妬している。
その表現方法は様々・・・。

姪っ子は私にベタベタしてきて、椅子にすわっていてもひざの上に乗ってくる。
甥っ子は、最近赤ちゃんにつくった野菜とお肉のスープなどの離乳食を分けて欲しがる。


そして今日とっても可笑しかったのは、お昼時。

私が散歩にいった帰り、お義母さんのところで、持参した離乳食を食べさせていたら、甥っ子がバシッバシッと結構強く私をたたく。「なんでたたくの?痛いからやめなさい!」「おしりぺんぺんするわよ!」といったら、「うんちしたもん。」と言い訳をしてキャっと嬉しそうに笑いながらテーブルの下へ隠れた。

つまり赤ちゃんにかかりっきりになっている私の注意をひきたいがために、私を怒らせようとしていただけ。

と思っていたら、うんちは本当で、その後で取替えになった。彼は3歳。ちょうどお義母さんのところにオムツがなかった。私が、うちの赤ちゃんのパンパースのオムツが、7キロから18キロとやけに幅が広いのを思い出して、使えるんじゃない?という話になった。ためしに体重計にのぼらせてみると、17,8キロ!すっごくぎりぎりながら、使えるので、はかせることに。

そうしたら、「ぼくも赤ちゃんだから同じオムツだ~。」といってすっごくはしゃいでしまった(笑)。


いつも、なかなかずるいから、調子よく都合のいいときだけ、「イーメ ミクルーリス。」(僕は小っちゃいんだよ。」といい、それが都合わるくなると、「イーメ アンドラス!」{僕は一人前の男の子だぞ!)と言い分けるのがうちの甥っ子・・・。

でも赤ちゃんと同じオムツがそんなに嬉しいとは、全く想像外だった(笑)。うちの赤ちゃんと張り合って、かわいがってもらいたい、という気持ちで一杯なのはわかるけど。


そして姪っ子の嫉妬は今日私のコンピュータを壊してしまった。
わざとうちの赤ちゃんの前で見せびらかすように、私にべたべた~べたべた~とくっついてきて、無理やり押された私の後ろに、今使用中のポータブル・パソコンと携帯が・・・。一緒に落ちて、液晶画面にピキピキっとひびが入ってしまった!!

こんな故障は初めて・・・。私はすごくショックだったけれど、彼女は全くへこたれてなくて、なかなか謝らない。

しかもうちの赤ちゃんにまでとうとう嫉妬が芽生えてきたようで、今日その現場で初めて、「僕も抱っこ~!!」という感じで、怒った声をあげた。

3人の愛情と嫉妬に囲まれて、なんともつらい日々!?

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
姪っ子とお出かけ
2008-05-04 Sun 02:47
快晴 日中は日差しがきつくて暑い

今日、遅れていたウエディングドレスの試着を予約しにいったり、いろいろと市内で用事を済ませようと思っていたので、昨日からお義母さんにお願いして、うちの赤ちゃんを預かってもらうことにしていた。その際、義兄も用事があって、子供をどこに預けるか・・・という話になったので、まだ小さい甥っ子は無理だけど、姪っ子なら一緒に出かけてもいいよ、と言ったのを、姪っ子はしっかりと記憶していた。

今朝、義兄がお姑さんの所へ子供二人を預けにいこうとしたら、昨日私が一緒にお出かけするっていってたから、行かない!と言って、てこでも動かず・・・。

姪っ子はもう4歳半だし、うちの赤ちゃんがいると嫉妬して言うことを聞かないこともしばしばながら、二人きりならまあいい子にしているので、いいか、と思ってバスに乗って一緒に出かけた。

ところが、まだ2件の用事しか済ませていない段階(出かけてから30分しか経過していないのに!)で、「疲れた~。もう歩けない・・・。」などと言い出して、引きずるようにして、なんとか公園までたどりついた。それまでにジュースも飲んで、冷たすぎたのか、お腹もちょっと痛いという。

といっても公園についたら、結構元気で、ブランコを何回も何回も背を押してあげて遊ばせてすっかりご機嫌に。
そして朝から言っていたアイスクリームもお腹が痛かったくせに食べたいと言い始めた。

うちのだんなさんも仕事が終わって合流することになっていたので、結局アイスクリームもケーキ屋さんで(ギリシャではイタリアのようにジェラート専門の店はなくて、普通はケーキ屋に手作りアイスがあります。)買って、公園で食べた。

最後はもうすっかり遅くなって他の用事を済ますのは諦めた。
公園のすぐそばだったので、一軒だけ、CHICCOというイタリアの子供用品の店へ寄った。パトラスでCHICCOの専門店が初めて開いたというので、お店に行くとプレゼントがもらえるというチラシを、街中で渡されていた。

かわいいミカンの形の椅子が置いてあって、姪っ子も喜んで座る。おもちゃもいろいろあるし、服や靴に水着、赤ちゃんグッズなど一通り揃っている。
開店記念で風船が置いてあって、姪っ子が「風船いいな、いいな。」とねだるので、店員さんに聞いてみたら、好きな色を選ばせてもらって姪っ子も嬉しそう。

しかも、私はうちの赤ちゃん用に、新しいカップを一つ購入しただけなのだけれど、開店記念のプレゼントが充実していて、なんと赤ちゃん用には、CHICCOの商品のTシャツ、さらに姪っ子にもCHICCOのヨーヨーのおもちゃをつけてくれた。なんだかとっても気前がいい。
用事が済ませられなくて、ちょっと憂鬱になりつつも、少し得した気分で帰宅。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
今年も花一杯のプロトマイア
2008-05-02 Fri 01:00
快晴 お出かけに最高の天気!

昨晩からお義母さんの家で一夜を過ごしたあと、今日は祝日なのでお昼は実家で食べることになっていて、私たちと赤ちゃんのお昼ご飯の用意を済まして散歩に出かけることにした。

本当は昨日、パトラスではプロトマイアに向けたいろいろな催しがあって、楽隊や生花で作られた飾りのついた自転車などのパレードやら、広場では踊りなどのイベントが繰り広げられたのだけれど、昨日はアリの駆除がきて、それどころではなくって残念。
プシラローニャ広場のカフェで。注文するだけで30分も待ちました!今日とりあえずプシラローニャと呼ばれるパトラスで一番緑が多くて人気のある広場へ。ぐるっと周りにたくさんカフェがあって、広場の中にオープンカフェでテーブルがたくさん出ているのだけれど、木陰のある席がなかなか見つからないほど人で一杯。

昨日のパレードの花飾りが飾られていたので、赤ちゃんと写真を撮ったり、ブランコに乗せてあげたりしてからカフェでちょっと一休み。

ジプシーの子供などが、プロトマイアの黄色い花輪などを売りに回ったりしていた。カフェに座っていると、いつものように、モロッコ人がCDなどを売りに来るけど、子供ができてから、子供向けのCDやビデオを売りつけようとしてくることが多い。
そしてこの数年やっぱり多いのが中国人で、小さい雑貨の目覚まし時計やら子供向けのおもちゃなどのがらくたをたくさん抱えて売っている。義兄は子供におもちゃの携帯電話やらいろいろ買ってあげてるけど、やっぱり壊れやすい・・・。
これはカフェなどにやってくる宝くじ売りのおじさん。くじはいろいろありますが、こうやって売りに来るのは市営や国営のくじで「ラヒーオ」と呼ばれています。他にも宝くじをうるおじさん、これは特に祝日などに記念に買う人が多いので、よく回ってくる。相変わらず子供向けの風船売りなどもいて、子供が大きくなったら、毎回あれが欲しいこれが欲しいと大変になるだろうなあと思ってしまう。

昨日はこの広場は、毎年恒例の花市が開かれていて、それに行きたかったのだけれど、今年も行き損ねてしまった。広場の周りの家のベランダなどには、花輪が飾られている。
今日は子供連れで野原などへ行って、花を摘んだり花輪を作ったりするのが、昔からのギリシャの習慣。5月1日には、こんな感じにバルコニーの中心に花輪を飾るのがギリシャの習慣です。お義母さんによると、このプロトマイアには、どの家のベランダが一番美しく花で飾られているか、パトラス市内の家を審査員が回って、表彰する伝統もあるそう。
これはおまけ。カフェのそばで見つけた、ギリシャの有名歌手の一人ヨルゴス・マゾナキスのコンサートの宣伝。パトラスにくるそうです。



★追記★
書くのを忘れてしまっていましたが、ギリシャでも5月1日はメーデーで、それはエルガティキ・プロトマイアと呼ばれています。デモ行進などでパトラス市内も道路がいくつか閉鎖されていて、プシラローニャ広場までたどり着くのは裏道などを利用しないといけなくて、ちょっと大変でした。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
役に立つ、消毒用アルコールの使い道
2008-05-01 Thu 00:01
ギリシャで初めて知ったのが、家庭に一つはある消毒用アルコールの便利な使い道。

ギリシャではスーパーに売られていて、アルコール度によってはとても割高。私はよく使うので、安い93度のものを使っている。

★まず、ギリシャでもあまり知られていないけれど、すごーく便利なのが、油汚れを落とす洗剤がいらなくなるということ。換気扇が、キッチンペーパーにこのアルコールを染ませて拭くと、一回なでただけでもつるっつるにきれいになる。安くて全然疲れなくて、手についても荒れないし、新品同様にきれいになる。これは、換気扇を取り替えたとき、その取り付けの人が、古い換気扇で汚れた手を拭くのに、消毒アルコールを使ったので学んだ。

油汚れが取れると宣伝されていても取れない洗剤で、時間をかけてゴシゴシしたり、キズつけてしまったりしていたのはこれで過去の話になる!


★それから、シールなどの糊が張り付いて取れないとき、消毒アルコールをまたキッチンペーパーなどに染ませて拭くと、きれいに取れる。これもすごーく便利!これはいつか買い物をしたお店の人が、商品にこびりついたシールの跡を、消毒アルコールで取れますよ、と教えてくれて以来。

これを応用して、プラスチックや家具にこびりついた汚れを消毒アルコールで拭くと、今まで取れにくかったものも取れてとても助かる。ただし、ニスやラッカなどの表面仕上げの家具は、ちょっと溶けてしまうので、注意が必要。


★それから、なぜかアリが一発で退治できる。殺虫剤は要らなくて、健康に害もなくて、とても助かる。


★他には、消毒、殺菌作用を利用して、生のお肉などで汚れたりした台所の台などを普通の拭き掃除の後に消毒アルコールで一回拭いておいたり、コンピュータの液晶画面の上を拭いたり、活用できるところが一杯あって、もう手放せない家庭の必需品!

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。