ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2009年08月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
今年も著名人がギリシャでバカンス
2009-08-26 Wed 03:53
昨日の朝まで激しい勢いで広がっていた、アテネ北東部の山火事。
昨日中に、やっと消火されたのだけれど、地図上、アテネの右手に広がっていた広大な緑が、全部消えてしまったことになる。

きっとアテネとアテネ周辺の気候まで、これから変わってしまうだろうと予想される。アテネの大気汚染も悪化するのかもしれない。


数日間火事一色だったニュースも、やっと通常通り戻って、今日のニュースではミック・ジャガーがケファロニア島にバカンスで訪れた話なども。
初夏にはアンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット夫妻がクレタ島でバカンスを過ごしたというのも以前ニュースになっていた。

物価が高くて、食事代なども結構かかるギリシャでのバカンスだけれど、最近よく取り上げられているのが、ヨットやクルーザーを借りて1週間いろいろな島を回ったりする形式のバカンス。これはみんなの夢だけれど、5-6人集まって借りると、ホテルで普通に滞在するより安いものが結構ある。子供が大きくなったら、いつかそうやってバカンスをしてみたいなあと思う。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
アテネ北東で大規模な山火事
2009-08-23 Sun 17:59
パトラスでは3日ほど続いた強風に悩まされたけれど、昨日から少し涼しい風が吹く程度で、気持ちのよい週末。



おとといの夜、アテネ北東にあたる海のそば、セッシ、とグラマティコという少し内陸部の山で出火(おそらく放火)して始まった山火事。
アテネのあるアッティカ地方で強風が続いていて、その風向きに合わせてすごい勢いで火事が進み、マラソンの発祥地であるマラソーナスを越え、アテネ市との境にそびえるペンデリコ山にも火がつき、そこからアテネ市の周囲を囲むようにペンデリ、パリー二、イェラカスなどへ火が移ってしまっている。
今朝も強風は続いていて、少し落ち着いていた、既に焼けた地域の火も活性化していて、なんとか燃えないですんでいた家々もまた危険になっている。

今日の風向きによっては、キフィシアなども危険だという説がある。

消火にあたっているのは12機の消火専用機と9機のヘリコプター。それに消防署も出来る範囲で努力しているようだけれど、あまりにも燃えている範囲が大きすぎて、全然手が回らない。自分の家を守るために、住民たちが必死で消火に周っている。

毎年放火による山火事に悩まされる夏のギリシャだけれど、松やオリーブや、とにかく燃えやすい木がたくさんあって、その燃える勢いは怖いほど強い。風の強い日のあるギリシャ独特の気候も災いして、そういう日を悪用して放火する人々がいるので、ギリシャで夏の強風の日、というと、火事に要注意!ということになる。今回もこの大規模な山火事だけが起こっているわけではなく、ギリシャのほかの地域にも小規模の火事が同時に発生している。

今日はイタリアやフランスからも応援の消火専用機がくるということなので、日中のうちに、少しでも火の勢いが止められるように期待している。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:2 | top↑
新型インフルエンザ ギリシャの状況
2009-08-01 Sat 19:55
連日35度前後 とっても暑い日々が続く。



ギリシャでは、今が観光シーズン。
残念ながら、その観光客たちがギリシャに新型インフルエンザを運んできている。
シーズンに入って以降、毎日のように感染者が増えていて、大半はイギリス人観光客なのだけれど、それが観光地の島の住民や医者にもウイルスを運んでしまっている。

つい最近になって、4件ほど重症でICUに入院している患者が出ていて、そのうち2件はクレタ島。ほか感染者が増えているコス島なども、病院内ではみながマスクをしている様子がニュースでうつされていた。
私のすむパトラスに近いイオニア諸島も、特にザキントス島はイギリス人が集まる観光地。イオニア諸島全体で感染者が100人近くでていて、前日は重症のイギリス人の16歳がアテネにヘリコプターで運ばれて治療を受けている。

そんなわけで、ギリシャ人も事態が深刻なことに、やっと気づいたという感じで、突然ニュースは新型インフルエンザの話題で一杯。

妊娠中の私は、一番危険なグループに入るので、まだパトラスで流行っていないことに感謝しているのだけれど、お医者さんにはこの夏、旅行に行かないように言われている。船で数時間の島々でそんなに新型インフルエンザの感染者がでているのだから、当然私も出かける気分にはなれない。
なんとか早く予防接種ができるように祈るばかり。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:0 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。