ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2009年09月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
パトラスの国際カートレースへ!
2009-09-21 Mon 02:24
一日中曇り空で風が強い。


今日は第1回パトラス国際カートレースの準決勝と決勝が行われた。先日も紹介したけれど、このレースは市内中心部の一般道路を使って行われる、ギリシャで初めての試み。
スタート地点で位置についたカート
私は大きいお腹の都合上、座るところがないと見学できないので、息子と一緒に朝早めに市内へ向かった。出発地点を後ろから見渡せるいい位置のベンチを確保できて、疲れない程度に、朝のウォーム・アップと最初の準決勝を見てきた。準決勝スタート!
結局すごい人混みになったけれど、やっぱり男の人が熱中していて、連れてこられていた子供も大半が男の子。カップルなんかも男の子の方が、熱をこめて彼女に説明をしたりしている。
F1ではないので、目の前を通るカートの騒音も心配したほどではなくて、うちの息子もはしゃいでいた。スタート前の点検
私もずいぶん前に日本でカートの最初の免許(二日ほどの講習で簡単にとれます・・・。)を取ったことがあって、結構好きなので楽しかった。妊婦じゃなければ決勝も見たかったところ。

パトラスといえば、F1のギリシャのサーキットを誘致していて、このままいけば、数年に一回、F1が見れるようになるかもしれないので、それをずっと楽しみにしている。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:3 | top↑
職人さんとのやりとり その後・・・
2009-09-19 Sat 19:11
クローゼットの中に引き出しなどを取り付けてもらう注文をしてある職人さん。
測りに来てもらうまでも大変だったのに、取り付けも水曜までにできるはずが、毎日「明日電話するから」の一言で延びていて、いい加減キレそうになっていた。以前も仕事を頼んでいる息子さんの方は、こういういい加減なところがなかったのだけれど、そのお父さんが今回対応していて、もう本当にイライラ。

昨日も朝に連絡があるはずで、結局一日中なく、今朝電話をいれると本人がでた。
もうほとんどできてるんだけど、ちょっと確認したいところがあるから、朝のうちの10時半くらいまでに寄りたいという。
取り付けどころか、まだ準備が終わってないのがわかって、もうがっかりしたのだけれど、とりあえず「いいですよ」といって結局11時半まで待つ。必要な買い物もあってそれ以上待てなかったので、出かけて急いで戻ってきたら、結局来たのは12時半近く。
今日は初めて一番若い息子さんを連れてきていた。

開口一番、「迷惑かけるね~」とまたまたのんきにおじさんが言うので、苦笑いしながら「はい!」と答えたら、「もう年だから覚えてられなくてね~」という気の抜けるような返事・・・。
実際2回も測りに来ているのに、また確認したいことがあるなんて、お年のせいに違いない。仕事の仕上がりは大丈夫なのか不安になってくる。今日は息子さんに、「あれ確認したの?」などとチェックを入れられていた。
でもありがたいことに、「もう年だから膝ついたりできなくてね~、実際の取り付けは息子たちがするよ」という。息子さんたちはしっかりしているので、正直ほっとした。

そしてとうとう取り付けの日の約束も取り付けた。でも「細かい時間はまた電話でも連絡するから」とおじさんが言うので、慌てて息子さんに「あなたのお父さん、電話するっていっても全然してくれないんですよ」とやわらかく文句を言ったら、息子さんがきっぱりと「僕の方から絶対連絡いれます」と言ってくれた。
この2週間続いていたイライラもやっと解消か・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
ギリシャの消費者センターへ電話してみた!
2009-09-19 Sat 02:00
昨日ブログに書いた、カタログ販売の会社の不快な対応の件。

コメントで、「消費者センター」を利用するアイデアをいただいたことがきっかけで、そうだ!ギリシャにもそういうものがあったと思い出した。
2年くらい前に知ったけれど、実際に電話をかけたことはなかった。(かけようかと思うような事態に遭遇したことはちょくちょくあるけれど・・・。) でも今回の件はとっても腹立たしいので、思い切ってかけてみることに・・・。

このギリシャ版消費者センターは、イプルギオ・アナプティクシス(日本語で直訳すると発展開発省?)と呼ばれる政府機関が用意している、コールセンター。国の機関なので失礼ながら期待は全くしていなかったのだけれど、電話をかけると2回コールくらいですぐに出てくれた。

初めて電話するのでちょっとどきどきしていたのだけれど、何があったかを説明したら、すぐにクレームとして対応してくれることになった。私の連絡先や注文金額、払うはずでなかったのに請求されている送料と、カタログ販売会社の連絡先を告げ、まだ来ていない小包については、受け取って要求されている料金を払うこと。その後、イプルギオ・アナプティクシスの方から、余分に請求されている金額の弁償について連絡があるとのこと。

なんだかこの迅速な対応にびっくり。
そして、どう展開するにしろ、あのままカタログ会社の言いなりにならずにすんで、すっきりした気分!!


★★★ギリシャ版消費者センター★★★
Γραμμή Καταναλωτή :電話番号は4桁の1520です。

ギリシャ国内の消費者からのクレームの対応、質問などを受け付けています。
たとえば、買い物で、ギリシャではスーパーでも棚に書いてある値段と、レジで打たれる値段が違うとか、セールといって、セール前と変わらない値段で売られているとか、いろんなクレームがニュースになったりしますが、そういうクレームの対応をしているところです。

受付は、月曜から金曜の朝8時から夜10時まで、土曜の朝8時半から夜8時までです。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
ちっちゃなトラブルでストレスが・・・
2009-09-18 Fri 01:09
この週末のカートレースが楽しみなのに、雨と曇りが多いパトラス。


このところ、ちょっとした出来事でストレスが・・・。
まずは出産に向けて子供部屋のクローゼットの内側に二人分のスペースを確保できる引きだしなどを取り付けてもらおうと、大工さんに発注。ギリシャでは出来合いの家具を買うのももちろんありだけれど、机や本棚、衣装棚を大工さんに希望通り作ってもらうオーダーメイドも多い。日本のようにオーダーメイドだと高くなるということはなくて、予算に従って安く作ってもらうことができる。

以前もお世話になってる大工さん。(大工というか、木を扱う職人さんで、ギリシャではもちろん家を建てる職業ではなく、木製の家具や台所の戸棚、扉の取り付けなどが仕事。)几帳面でよい仕事が気に入ったのだけれど、最近忙しそうで、そのお父さんが測りにやってきた。ちょっと息子さんよりのんきで、人はいいけれど、正確な仕事ができるのかちょっと不安。
先週は「水曜日までには取り付けできるよ」、と言っていたのに、木材の発注まちやら、機材の故障やら言い訳は一杯あって、結局明日の金曜日になっても取り付けが終わるのかは未定。
毎日大きくなるお腹と格闘中の私としては、さっさと終ってうちの子と出産予定の赤ちゃんの服の整理を終わらせたいから、イライラがつのる・・・。


さらにもう一件。これが本当にひどい。
ギリシャではよく知られた、あるカタログ販売の会社で、9月初旬に初めて赤ちゃんの服を頼んでみた。発注すると期間限定でいつも割と豪華なプレゼントもつく。その上、今回は送料も無料とあったので、じゃあ一回頼んでみようと思った次第。

それが、FAXで注文してから2週間以上たってまだ来ていないので、今日電話してみたら・・・。
一応小包はすでにパトラスに到着していて、明日あたりくるだろうとのこと。
でも合計金額が違う。
「どうしてその金額になるんですか?」と聞いたところ、会社側のミスで、パンフレットに触れられていないけれど、3品以上注文しないと送料が無料にならないとのこと。私が注文したのは2品。送料は1000円ほどなので、そんなことを知っていれば、もう一品注文したほうがずっとお得だったことになる。

でも申込用紙には送料は無料となっていて、しかも向こうのミス。その上電話は自宅も携帯も記入して申し込んでいるのに、手違いについての連絡はまったくなく、いきなり送料込みで小包を送ってくるなんて詐欺じゃないか、と思って「納得いきません」というと、電話口の女の子はスミマセンでもなく、とにかく送料なしでは無理だとしか言わない。
「キャンセルできるんですか?」と聞くと、配達の際に、受け取りを拒否する権利はあるという。「その代り、プレゼントは最初の一回の注文でしか有効でないので、注文しなおすとプレゼントはなくなりますよ。」と脅しまで入ってきた。
すっかり頭にきた私は「拒否できるなら、明日の配達までに対応を考えます。」と答えて切ったのだけれど、向こうの女の子もすっかり気分を悪くした様子で電話を切って、これが日本なら「責任者を出せ~!」と言ってるところだけれど、ギリシャじゃなあと半分あきらめつつもイライラがつのる。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
パトラの街中で、国際カート・レース!
2009-09-09 Wed 06:57
晴れ。曇ったり涼しい風が一日中吹いて、一昨日あたりから、突然秋の様に涼しくなってきた。



9月のパトラスの大イベントといえば、国際カートレース!
なんとパトラスの街中の一般道路を使って行われるという、ギリシャ初の試み。92人のドライバーが世界中からやってくるそうで、9月19日と20日の二日間にわたって行われる。

もうコースの道路は新しくアスファルトが敷かれて、準備はできているらしい。

ちょっと騒音がすごいとはいえ、子供も喜ぶだろうし、子連れで見に行くつもり。
でもお腹の赤ちゃんが驚いて、蹴りまくるかもしれない。胎教にはよくなかったりするのかも?

今30週で、この頃お腹が時々張り、お医者さんからは、しばらく安静にするようにとの注意。今はいろいろしたいのを我慢して、なるべくじっとするように心がけている。あとちょっとの我慢我慢・・・。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:2 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。