ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2010年07月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
子供連れで映画館へ
2010-07-24 Sat 03:28
夏休みで退屈している義兄の子供たちも連れて、うちの長男とTOY STORY3を見に行ってきた。
それも、義兄が夏休みをとっていて、うちの赤ちゃんを預かってくれることになったから。やっぱり父親の兄弟っていうのがどこかでわかるのか、頻繁に会っているわけでもない義兄に抱っこされると、よく泣くうちの赤ちゃんが落ち着く。初めての試みだったので不安もあったけれど、普段は預けるところがなくて行けるところが限られているので、ちょっと羽を伸ばした気分!

敢えて人が少なそうな木曜日を選んだら、これが極端なほど人がいなくて、私たちが入った時は貸し切り状態!
嬉しいかと思ったら、子供たちは薄暗い映画館の中で人気がないのが怖いなんて言い出した。
結局そのあと数人きたけれど、それだけ!こっちは夏休みは田舎へ行ってしまったりするので、子供自体あまりいないのかもしれない。

ところで、甥っ子は映画館が初めて。
まずは、「シネマ」というところが何をするところがわかっていなくて、映画館に座ってからも、スクリーンの下の舞台に誰かでてくるのかと思っていて、いろいろ聞いてくる。
映画が終わってからは、「とってもいいコンサートだったね!」(笑)って言うので、訂正しておいた。

義兄の子たちは5歳の甥っ子ともうすぐ7歳の姪っ子なんだけれど、姪っ子のほうが、映画の真っ最中に「まだ終わらないの?」「もうすぐ夜中の12時になっちゃうよ。」とかいって帰りたそうに邪魔してきて、せっかく私も残りの二人も一生懸命見てるのに、興ざめ・・・。集中力がないタイプなので、映画も一番わかるはずの年齢だけれど、まとめて見れないか、バービーシリーズとかがよかったか・・・。後でつまんなかったのか聞いてみたら、「面白かったけど、遅くなるとお母さんにおこられるかと思って心配になった。」とかよくわからない返事。でもうちの姪はそういうわけのわからない考え方をよくする。

それはともかく、うちの息子と私はトトロが出てきたのが嬉しくて、二人で盛り上がっていた。映画もとっても良くできていて、今までのシリーズの続きとして、完璧な終わり方だったと思う。

映画といえば、私は大の映画好き(それも映画館がすき)というのもあって、子供も連れて行きたかったんだけれど、ギリシャではあまり小さい子供が映画館へ行くことがないなあと気づいた。
日本ではアンパンマンやドラえもんやそのほかたくさん子供向け映画があって、家族で行くのも珍しくないけれど、こっちはディズニーぐらいしか子供向け映画がないし、最近のディズニーの映画は割と大きい子向けが多いのもあるかもしれない。

ちなみに、映画の料金は大人9ユーロ、子供6ユーロ。このよく行く映画館は火曜日に大人が6.5ユーロで見れるようにしているけれど、3D映画は対象外。
今回は子供が小さいので、3Dじゃない普通バージョンのTOY STORYを選んだ。
私が行ったのは木曜日で、ファミリー・パッケージ料金の親1人に子供3人+ポップコーンが2つ、ソフトドリンクが二つがセットのもので30ユーロ。これにポップコーンと飲み物を足したので、40ユーロ近くになった。

スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。