ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 2011年05月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャの国勢調査はこんなのでした。
2011-05-23 Mon 09:50
うちの近所が担当になっていたのは若い女性の方で、約束どおりの時間にやってきた。
友人の話では長くかかると聞いていて構えていた国勢調査。聞かれたのは、家族全員のフルネーム、生年月日、生まれた場所、学歴、職業、住んでいる家の、バスルームとキッチンを除いた部屋の数、家の面積、窓ガラスは2重かどうか、太陽熱による湯沸かし器を設置しているか、という項目で、学歴は何の学部を出たかまで書き込んでいた。
うちは子供が小さくてまだ学校にも行っていないし、あっという間に済んでしまって、少し雑談。

実は日本が好きで「インターネットで日本語を片言だけど勉強してるの!」という彼女は、今回の国勢調査で稼いだお金で、本当は妹さんと日本へ旅行したかったそうなんだけれど、地震でいろいろあるから今はいけないわねえという話になった。
国勢調査に回るお仕事はお給料がよさそうだなあと思いながら話を聞いていたら、23日月曜日が国勢調査の最終日なのに、担当だった200軒のうち、結果的に80軒ほどが連絡なしで調査できていないという話。

そんなに調査できていない家が多かったら、国の統計なんて全然まともな数字で出ないから意味がない!
一応、国勢調査を済ませましたという証明書のようなものを6ヶ月取っておくことになっていて、調査できていない家には、再度また請求がくるのかもしれないけれど、10年にたった一回という国勢調査なのにどうなるんだろう?
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
グーグルのメールを使っている人にメールが届かない話
2011-05-22 Sun 23:19
むわっと暑い曇りの変な天気。気温は27度近くまで上がった。どうもまたアフリカの赤い砂で空が覆われていたらしい。



昨年の後半くらいからだったか、大事なメールを送っているのに、グーグルのメールを使っている人に送ると、迷惑メールにさえ残らず、まるで送っていないかのように消されてしまうようになってしまった。相手はうちの通っている小児科の先生とか、結構重要な内容のメールを送るケースが多いので、本当に困ってしまう。

ただし、向こうから送ってもらったメールにすぐ返信すると、問題なく届く。それでも数ヶ月前のメールに返信、という形にすると、また消えてしまう。

なんかのフィルターに自動的にかけられているのだろうけれど、迷惑メールとしても残らないとなると、送ったことさえ気づいてもらえないので非常に問題!
しかも利用者側が知らないことが多いので、今は最初から気をつけて、ほかのアドレスを持っていればそちらに送るようにしたり、先に空メールでもいいので送ってもらって返信するようにしている。

ちなみに私はヤフーを主に使っているので、グーグルとヤフーの相性が悪いとか、会社同士の仲が悪いのかも、とか勝手にいろいろ勘ぐっている。

なにかいい解決方法があればいいなあと思っているので、どなたか知っていたらぜひ教えてください。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
国勢調査がやってくる!
2011-05-21 Sat 09:38
今日、ちょうどうちにお客さんがきていた夕方、玄関のベルが鳴った。
いったい誰だろうと思って開けてみると、胸に名前やなんかの入ったネームプレートをつけた女性。
「アポグラフィです。」といわれ、一瞬なんだっけと考えた後、彼女が手に持っている書類を見て合点がいった。最近パトラにすむ友人たちから噂を聞いていた、国勢調査だった。

周囲の人に聞いた所では。ギリシャでは国勢調査って10年に1回しかないそうで、私には初めての体験。でもある友人から、あまりにも聞かれることが多くて、最低でも30分はかかる、と聞いていたので、別のひまな日に予約して出直して来てもらうことにした。日本の国勢調査ってそんなに大変だったっけ?と考えてみたけれど、あんまり覚えていない。まあ、世帯内の人員の年齢、職業、学齢とか、住居について、という内容で日本と同じようなもののはずだけれど、なんで30分もかかるのか・・・?まあ来てからのご報告はその当日に。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
停電のはなし
2011-05-20 Fri 23:52
もう5月後半になるのに安定しない天気が続く。今日は一応晴れ


日本での大地震の後、計画停電が始まって、そのときに東京の人たちは停電という事態にパニックになっているように見えた。私も東京に住んでいたころならそうだったかもしれないのだけれど、もうギリシャに来て6年以上になる今では停電は慣れっこ。
ギリシャでも住む地域にもよるだろうけれど、ここパトラスでは、ほんと予告なしの停電が多い。
それがわかってから、今の家に住むときには、ちゃんと停電したときのための非常灯も取り付けてもらった。これで停電しても3時間くらいの間その電気がついていてくれる。トイレに近い廊下にとりつけてあるので便利。

ろうそくや懐中電灯はどの家庭でも常備しているのもあるかもしれないけれど、こっちでの停電と比べると、予告もしてくれて3時間とわかっている計画停電なんて、親切すぎてありがたいくらいに感じてしまう。

よく考えると数ヶ月くらい停電がなかったなあと思っていた矢先、最近数回短い停電があり、つい先日の日曜日は、6時間にもわたる停電!
その日はちょっと子供たちとともに朝寝坊してしまった。目が覚めて、何時だろうと思って寝室の時計を見ると、デジタルの置時計の数字が点滅していた。これは停電があった、ということ。廊下の非常灯を見ると、ついていなかった。つまりもう3時間以上も停電してたのか~とびっくりして、お義母さんにあわてて電話してみたら、お義母さんも義兄やら近所の人に聞いて、朝7時過ぎから停電してたことを知ったらしい。それも実はストライキ!ローカルニュースでは言っていたそうなのだけれど、近所の人もみな電力会社に電話をかけて初めて知ったそうだから、意味がない。
このストライキ、なんとお昼の1時半まで続いたので、こっちはコンロも電気が普通なので料理もできず、庭でバーベキューができるような家庭は炭火焼料理に急遽変更していたけれど、うちは仕方なく3時ごろ昼食をとる羽目になってしまった。

冷蔵庫が心配なので、とにかくあけないように気をつけて、なんとか持ちこたえたけれど、数年前はこの暑いギリシャで真夏に4時間以上停電になった経験もある。

コンピュータなども急な停電やなんかでダメージを受けかねないので、今回新しいコンピュータに買い換えてから、停電後の電圧の変化から守ってくれるコンセントのついたケーブルにつなぐようにした。


電気といえば、最近やっと自由化して、一応民間の会社も参入し始めている。
ひとつはうちにセールスでしつこく電話してきていたし、つい昨日は別な会社のCMをテレビで見た。
問題はどうせ電力は今ある国営のDEHから買っているそうで、電気料金の差はあまりないかもしれないことと、まだだ~れも使っている人がいなくて、本当にいい会社かどうか情報がまったく得られないという点。
それでも、だんだんと電話料金が自由化したように、電気料金でもいろんな選択肢が増えてくるといいなあと思っている。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
ゼインベキコという踊り
2011-05-18 Wed 10:46
今年のユーロビジョンに出場した、ギリシャの歌に使われていたのが、伝統的な踊りのひとつである、ゼインベキコ。
このゼインベキコは私が一番好きなギリシャの踊りで、本来男性が踊るもの。結婚式などでも絶対かかるので、誰かが踊ってくれる。上手な人が踊るとそれは感動ものなのだけれど、難しい踊りで、普通のダンスとはぜんぜん感じが違うのが特徴。
ギリシャの古い映画などでもよく見るけれど、一人で踊るもので、悲しみや心の苦しみを表現している。ネットで調べてみたら、簡単にいうと、ゼインベキコは「敗北を体で表現するもの」なんだそうだ。
もうこれ以上頑張れない、という絶望で打ちひしがれた気持ちを表現する踊りということらしい。

一番有名で、私もたまらなく好きなゼインベキコの曲と踊りが見られる、あるギリシャの有名な歌手のライブの一部が、次の動画で見られます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
ギリシャの治安は悪化?
2011-05-17 Tue 08:57
パトラスで、先日スーパーでの強盗殺人事件があった。人も多い土曜のスーパーのレジで、覆面をかぶった犯人たちが店員を脅してお金を盗ろうとしたところ、偶然近くにいた消防隊員が、レジの女性を守ろうとして、撃たれて亡くなってしまった。まだ小さい子供もいるという若い消防隊員だった。レジから盗んだお金はたったの3000ユーロ。そのために簡単に人の命を奪ってしまうなんてびっくりしてしまう。
それ以来、スーパーもいつも子連れでいっているので、ちょっと怖くなってしまった。

それと前後して、やっぱりパトラス市内で、ある女の人が、通りがかりに「お金をくれ」といわれた。これは、イタリアへ違法に出航しようとして集まってくるアフガニスタンやそのほかの国々などから、違法移民が増えてきてから、割と頻繁になっていること。もともと、ギリシャにはジプシーも多いので、お金を恵んでもらいたくて近寄ってくる人にはギリシャ人は慣れているんだけれど、今回はちょっと違った。
女の人が、今お金はありません、といって断ったとたん、ナイフで刺されてしまったという。

その数日後、今度はアテネの中心部で、これから出産というので、家を出ようとしていた夫婦におこった事件が、今ものすごく問題になっている。
陣痛が始まって病院へ向かおうとしていたところで、生まれたら子供のビデオを撮るつもりで、だんなさんが手にしていたカメラを狙って、3人組の男たちが襲い、だんなさんをその場で殺してしまった。奥さんはその場に一緒にいなかったので無事で、その後病院でお子さんも無事出産したのだけれど、赤ちゃんは生まれる直前にお父さんを失ってしまったという本当にかわいそうな事件だった。
しかも3人もいたら、殺さなくても簡単にカメラくらい盗めたと思うのに、どうして殺さないといけなかったんだろう?という点も納得がいかないのだけれど、ほんの少しのお金のためでも人の命を奪うことに躊躇しない人々が増えてきている、というのが怖い。

比較的ヨーロッパ諸国の中でも安全だったギリシャが、これからどう変わってしまうんだろうか?

アテネの中心部は違法な移民などがこの数年の間にものすごく集まってしまって、昔ながらにその場所で暮らしていたギリシャ人は去っていき、危険地帯のような場所ができてしまっている。
今回事件が起きたマンションも、そういう場所に近いらしく、それにもかかわらず警察の巡回もまったくないというので、近辺の住民が抗議している。
ちゃんとした資格が得られなくても、一生懸命ギリシャで生きていこうとしている違法移民もいる中で、そういう事件が起こると、人種差別的なグループも出てきて、アテネの事件後に、あるバングラデシュ出身の男の人が、報復として、無差別に路上で殺されてしまった。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
幼稚園の申し込み
2011-05-16 Mon 08:19
うちの長男が、今年の秋からやっと公立の幼稚園!という年齢に達した。
ギリシャは、幼稚園は4歳からで遅め。とりあえず、今甥っ子が通っている幼稚園の先生がうちの子の担任にもなるので、必要書類を聞いて集めてきた。
歯医者さんに書いてもらう証明書。
目医者さんに書いてもらう証明書。
予防接種を全部済ませてあることを証明するために、日本で言えば母子手帳のようなもので、出生直後につくってもらう子供の手帳に記入してある予防接種のページのコピーと、その子供手帳の現物。
出生証明書。
以上だった。

申し込みは6月1日に受けつけだそう。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:子育て | コメント:1 | top↑
2011年ユーロ・ヴィジョンにイタリアが復活!
2011-05-15 Sun 08:12
晴れ 日中20度前後の日が続いている。


今夜は今年のユーロ・ヴィジョン決勝があった。ユーロ・ヴィジョンとは、ヨーロッパでの歴史のあるソング・コンテストで、欧州の各国同士で競うもの。ギリシャでは結構盛り上がっているのだけれど、イタリアはここ12年ほど参加していなかった。もともとはこのコンテストで世界的に有名になった歌なんかもだしている国だけれど、イタリアには日本で言えば紅白ともいえるほど盛り上がる国内のソング・コンテスト、「サン・レモ」が同じような時期にある。それが理由で長年ずっと参加せず、テレビでも映していなかった。

そのイタリアが久しぶりの登場で2位!1位はずっとがんばっていたけれど優勝できずにいたアゼルバイジャン(軽い感じのいい曲で、男女のデュエット)となった。優勝すると次の年の開催国になるので、来年はカスピ海沿岸の国、アゼルバイジャンのバクーでユーロ・ビジョンが行われることになる。

今年の特徴は、1位も2位も軽い調子の歌が選ばれたこと。
ギリシャは、今年はギリシャらしい音楽をやってくれたのはいいことだと思ったけれど、とても票は集まらないだろうと思っていた。ところが、意外に7位で健闘。私からすると、伝統的なゼインベキコという種類の踊りと歌に、ヒップホップのダンスとやけに暗いラップのような歌をミックスさせた変な曲、という印象。ゼインベキコを踊るというわりに、ダンス全体の内ではほんのちょっとだけというのが物足りないという不満もあった。
ただ、例年になくほとんどがギリシャ語のまま歌を歌って、ギリシャ音楽どっぷり、という曲の割には他国の反応がよかった。

というのも、いつも私がこのコンテストを見ていて不満なのは、大半の国が勝つことを目標にしていて、現地の言語でなく、英語を使って、いかにも英語のポップスにありそうな歌を持ってくることが多いこと。せっかくヨーロッパ各国が集まるんだから、各国の特色を生かしてもいいと思うのだけれど、外国語の歌でも歌詞を翻訳して映すというようなことがないから、本当に知らない外国語の歌だと、どんなによい声でも何をうたっているのかわからない、ということになってしまう。結果として、確かに英語の歌が勝つというのがいつものパターン。

私の個人的な好みでは、ウクライナ(歌に合わせて砂?で絵を描く芸術家がすごかったし、歌もよかった。)と、ちょっと現代的で変わっていたドイツの歌が気に入った。

結果や各国の歌手や曲については、ユーロ・ビジョンのオフィシャル・サイトにて。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:0 | top↑
☆☆☆久しぶりのブログ更新について☆☆☆
2011-05-14 Sat 07:35
大変ご無沙汰しておりましたが、久々にブログを再開していこうと思います。
二人の子供に振り回されて、自由時間が限られているのはもちろんなのですが、秋に下の息子にコンピュータの画面の4分の3を壊されてしまってからは、しばらくネットと縁の遠い生活を送っていました、
やっと苦労せずにネットを使える環境が整ったので、できる範囲で、更新していこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

今年はやけに涼しい春がつづくパトラスより
chottocafe

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:3 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。