ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャの大学卒業式
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャの大学卒業式
2006-05-31 Wed 06:26
晴れ
引越し先の電気スイッチやコンセント、停電の時につく非常用ライトや、その他いろいろを買いにいった。うちのだんなさんの叔父さんが電気工事屋さんなので、40パーセントも割引になって、ちょっと得した気分。

あさっては、その叔父さんの次女がTEI(テイーと呼ばれる)というギリシャの国立工科大学を卒業する、オルコモシアという式の日だ。以前友人のだんなさんの、AEI(アエイ、もしくはパネピスティーミオと呼ばれる)というギリシャ国立大学のオルコモシア(卒業式)があるというので、初めて見に行ったけれど、花束やケーキをもってお祝いにかけつける人々と卒業生で大にぎわいで、卒業証書が渡される舞台の見えるところへたどり着くのもやっとだった。

ギリシャでは卒業することを、誰々が「オルキーゼテ」(=公に誓いをたてる。宣誓する。)という表現をする。だから卒業式も「オルコモシア」(=宣誓式)と呼ばれている。

日本ではあまり盛り上がらない大学の卒業式に比べて、楽しそうなのがうらやましい。理系で人気のあるエンジニアなどは、卒業できない人もたくさんいるし、卒業が数年遅れることもざらだそうなので、卒業できることが余計おめでたいのもあるようだ。叔父さんの次女も、一つ残っていた最後のテストを半年遅れでパスしたそう。ある教授が一回のテストで2-3人しか合格させない、という厳しい先生なんだという。それに同級生はまだたくさんのテストがパスできないで、当分卒業できないらしいから、彼女は優秀らしい。

ギリシャは国立大学の数が少なくて、入るのも狭き門。自分の住む町の大学に行ける可能性は限られている。親に、遠方に仕送りできる経済力がないという理由で進学をあきらめる人も結構いる。また、ギリシャで入れなくて、入学自由のイタリアの大学に行くギリシャ人も多い。それでイタリアで卒業できるかはともかくとして、若い人ほど大学進学率が高い傾向にある。政府は私立大学を初めて認可する方向で政策を練っているけれど、ギリシャの学生たちは大反対している。日本やアメリカのように私立大学の存在が当たり前の国から見ると不思議な感じだ。

ギリシャには国営の通信大学もあって、本部がパトラス。大学院のコースもいくつかあるし、ちょっといいなあと思っていて、一度プログラムをもらいに行ったら、人数制限があって、秋に行われる抽選に通らないとだめだそうだ。人気もあるので、なかなか抽選に受かるのは難しいらしい。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:5 | top↑
<<パトラスで今年初の蛍! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラスの海辺で・・・>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
Mic’oさん、こんにちは!
なるほど、やっぱり国立というと、似たような面があるんですね。それに知人の職員にお願いしたら、担当の先生を変更できたというのも、コネが強いギリシャにもありそうな話です!
2006-06-02 Fri 07:43 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
少し説明が足りなかったのですが、ボスニアに通信大学があるのかは分りません。でも、普通の大学院に通った場合の費用は相当かかるそうです。

夫はサラエボ大学からセルビアのベオグラード大学に転学したのですが、サラエボ大在学当時「アブソルベント」と呼ばれる全講義は聞き終えて、後は最終学年の試験を終了すれば卒業できる立場だったのに、転学したら大学間のカリキュラムの差でさらに10科目前後の試験を追加で受けることになってしまったそうです。

ギリシャ同様教授の気まぐれで試験が突然延期になったり、という事はよくあるそうです。しかも酷いのは1つの科目に複数の教授がいて、指定されたテキストで勉強してきたにも関わらず、そのテキストの著者以外の教授が試験官にあたると「私はその教科書の思想に賛成できないので、もう一度勉強しなおしなさい」と回答が間違っているわけじゃないのに不合格にされた事。わざわざボスニアからやって来てるのにそんなふざけた話があるか!という事で当時大学職員をしていた知人に担当の試験官を変更してもらい翌日無事試験にパスして帰ってきました。

これまで国立しかなかったのだから、私立にそれ程の信頼感がないのはいたしかたないけれど、こんな国立大学だって決して誉められた状況ではないと思います。(もしかしたら近年は多少状況改善されているかもしれないけど)私立も学費は高いけど、国立でダラダラ何年も勉強するより、私立を規定年数で終る方が安くつくかもしれませんね。
2006-06-01 Thu 17:17 | URL | Mic'o #v9q.gVLQ[ 内容変更]
Hello!
Mic'oさん、こんにちは!
通信大学そんなに高いんですかー、残念ですね。
ボスニアは内戦もあったことを考えると学生も大変な時をすごしたんですよね。それはもう何年かかっても当然ですね。
イタリアの大学がちょっと変わっていて、教授が気分でテストを実施しなかったりして、いつまでも卒業が遅れていくんです。いつ終わるか予測できないし年もとるし、というので30代で学生って言う人がたくさんいるんです。あれもちょっとどうかと思うんですけどね。
ボスニアは私立大学もあるんですね。それはそれで、すごく授業料が高いんでしょうか?




Salahiさん、こんにちは!
パトラスのTEIに行かれたことあるんですか!
ギリシャって建築士、医者、弁護士などいわゆる収入の高い仕事の勉強、免許を他のヨーロッパ諸国で取った人がすごく多いですよね!!そんなに簡単に海外の資格を使えるなら、そりゃ海外へ行ってしまうだろうなあ(お金さえあれば)と思います。ギリシャの大学も難しいわりに、教授の質の悪い授業も結構あるらしい話を聞いているし。
2006-06-01 Thu 07:13 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
親戚の方が大学卒業されるんですね。おめでとうございます!パトラスのTEIへは以前仕事で行ったので懐かしいです^^

そうそう、こちらの大学は入るのも卒業するのも難しそうですね。夫の友人で医学系の人はほとんどイタリアの大学へ行ったそうです。
2006-06-01 Thu 00:24 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
最近ネットの接続速度が遅い為なのかこちらのサイトに中々入れず、コメントするページを開くのにも時間掛かってしまうので読み逃げしておりました。

さて、叔父さんの娘さんが大学卒業との事おめでとうございます。こちらも本来の在籍期間で卒業する学生は少ないですが、4年間(もしくは5、6年)でキッチリ大学卒業できる国の方が少ないのではという気がします。うちのダンナも内戦等で転学したり学業を中断した時期があったりして10年位掛けて卒業しました。周囲には入学したけど途中でドロップアウトした人もちらほらいるので、卒業しただけでよいか、という感じですかね~。

ボスニアでも幾つか新しく創設された私立大学がありますが、まだまだ国立大学の方が信頼されているようです。ただ、国立大学も地方なのでは他の大学から派遣されている教授が講義に来なかったりという事もあるようなので、国立だからといって教育水準が高いとは言い切れないのではという気もします。

通信大学の制度はいいですね!私も通信で大学院があったら入学したいですが、こないだ現地の大学院に入学した人の話によると入学するのはすこぶる楽みたいなのですが学費の方は目玉が飛び出るほど高額だったのでちょっと無理だな~。

2006-05-31 Wed 20:40 | URL | Mic'o #v9q.gVLQ[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。