ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary またもやパトラスの海辺にて
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
またもやパトラスの海辺にて
2006-06-06 Tue 22:49
晴れ
ファグリ(=鯛の一種)という魚を昨夜初めて食べた。焼いただけで、シンプルに味わったけれど、全然脂っこくなくて、でもしっとりして味も濃厚で、とてもおいしい。ギリシャ産で大きなファグリが獲れることはなかなかないそうなので、モロッコかどこか近辺からの輸入だろうという結論だったのだけれど、人気もあって高めのお魚だそうだ。3人でつまむのに大きめのファグリだったのだけれど、それで40ユーロ(これは普通もっとするそうなので、良心的な値段だったそうです。)だった。

昨夜食べたお店も名前のないお店。パトラスにはこういう名前のない店が何軒かある。先日夜に食べた海辺の店は、昨日教えてもらったところでは漁師さんのクラブ(なんだか日本語では変だけれど、英語でいうフィッシャーマンズ・クラブという感じ。)がやっている店。そして今日食べたやっぱり海沿いの店は、ヨットクラブが経営しているそうだ。やっぱり海に面していて、昨夜は肌寒かったのでガラス張りの内側で食べたけれど、海を目の前にした外にも席がたくさんある。新鮮なお魚を並べてあって、うちのだんなさんがこのファグリを選んだ。魚をよく知らないと見極めが難しい。

その後は、その店のとなりで、パトラスのマリーナ(ヨットハーバー)からすぐそばのビーチで夏だけオープンするカフェ・バーへ。普段はDJもいるらしいけど昨日は月曜だし音楽はなし。でも人で一杯だった。砂浜の上にろうそくの灯るカフェテーブルがたくさん並んでいて、海が目の前に開けている。夜空にちりばめるたくさんの星や、だんだん赤くなって、海の水平線に沈んでいく月を眺めつつ、とても心地よい一時を過ごした。


今晩はロベルト・ベニーニの舞台を見にいくので、いまからいそいそ。昨夜からパトラスに滞在していて、テレビのインタビューでも人々を笑わせていた。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:2 | top↑
<<ロベルト・ベニーニ、 ダンテの「神曲」 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ローンだらけ、ギリシャ人>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!
ギリシャもお肉は安いんですが、お魚は高いです。イタリアでもお魚は高いイメージでしたが、海に囲まれているのに、どうしてでしょうね?
ベニーニに関しては今日の記事で!
2006-06-07 Wed 22:28 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
お魚40ユーロというのはなかなかのお値段ですね。ギリシャでは外食するとやっぱり高いのかな?
ところでベニーニどうでした???
2006-06-07 Wed 15:57 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。