ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 受けてしまった「旦那バトン」なるもの!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
受けてしまった「旦那バトン」なるもの!
2006-06-11 Sun 04:01
曇り時々雨 パトラスでは、もう丸一ヶ月以上ぶりの雨!

いつも愛読しているkiyomulanさんの「アテネより愛をこめて」を読んでいたら、他人事と思っていたバトンの行き先に、私も入っていて、ガーン!
ちょっと悩みつつ、初めてのものは試してみる性格なもので、とりあえずお受けしてみた。
以下が「旦那バトン」の【項目】
■ダンナさんの一番のチャームポイントは?
■ダンナさんの似ている芸能人は?
■ダンナさんとの馴れ初めは?(知り合ったきっかけなど)
■これだけはやめて欲しいダンナさんの行動、くせは?
■ダンナさんからもらった初めてのプレゼントは?
■プロポーズの言葉とその時にあなたが感じた気持ちは?
■ダンナさんの特技は?
■ダンナさんの好きな女性のタイプは?
■将来どんな生活がしたい?
■次のバトン渡す5人!


■ダンナさんの一番のチャームポイントは?
人懐っこい笑顔(これにだまされたかも?)。実はあまり器用すぎなくて、時々正直な気持ちが顔に出てしまうところ。

■ダンナさんの似ている芸能人は?
子どものころの写真や若い頃の身分証明書(この古い身分証明書にまつわる話を、4月20日付けの日記「ギリシャの身分証明書」にちょっと書いています。)の写真はキアヌ・リーブスを彷彿とさせる。今は大分変わってしまったけれど、笑うとロバート・デ・ニーロっぽい。(ここまでは、kiyomulanさんの書かれている芸能人と全く同じでびっくりしました!ちょっと似た系なんでしょうか!?)またギリシャのあるコメディドラマ(TV,舞台)の俳優さんに似ているとみんなに言われている。

■ダンナさんとの馴れ初めは?(知り合ったきっかけなど)
まだイタリアに住んでいた頃に、生まれて初めてギリシャへ旅した船の中で出会った。その時に船の中で彼がひどい怪我をして・・・という出来事から始まって長い付き合いに。というので、出会いはちょっとロマンチック。

■これだけはやめて欲しいダンナさんの行動、くせは?
私のスリッパでも目の前にあれば勝手に履くこと。
靴を脱ぐのを面倒くさがること。このせいで、たまに靴をはいたまま昼寝(靴がベッドに触らないよう、器用に足をベッドの外にのばしてでも!)したり、日本でも和風の靴をぬぐお店などで面倒くさがっていた。日本にもし住んだら慣れるのだろうか?
朝なかなか起きられないこと!実は、私のささいな夢は、目が覚めたときにおいしいコーヒーの香りが漂って、朝ごはんが準備されていること。たまには私より先に起きてほしい・・・。

■ダンナさんからもらった初めてのプレゼントは?
もうずいぶん昔のこと、何が初めてだったか思い出せない。覚えているのは初めて誕生日にもらったプレゼントで、ピアス、ネックレス、指輪のとてもかわいいセットがあって、2回くらいつけただけだったのに、うち(イタリアで)にジプシーが泥棒に入って盗んでいったこと!

■プロポーズの言葉とその時にあなたが感じた気持ちは?
特になし。ちらちらっとロマンチックなのがいいなあとアピールしたけれど、照れ屋なので無理だった。「もう結婚してるのと変わらない感じがしてる」というような曖昧なことを言っているうちにビザの期限も近づいて・・・。

■ダンナさんの特技は?
えーっと・・・あーそうそう!びっくりさせられるのが、絵画などの見分けは苦手なのに、私にとっては難しい、機械系のもの、車、バイク、船などはモデルを簡単に見分けること。例えば今日新しい車のモデルのCMを見たとして、どこが変わったかすぐに分かる。何の役にもたたないけれど・・・(笑)。

■ダンナさんの好きな女性のタイプは?
特にそういうことを話さないタイプ。敢えて言うならば私にはムリムリ~という感じで、いつもばっちり流行の服を着こなし、ヘアスタイルもばっちりのお洒落で、料理も上手で、家事でも仕事でも完璧にこなし、賢くて、正直な人が理想という風に想像できる。
かけ離れている私だけれど、それはそれでいいそうだ。

■将来どんな生活がしたい?
適度に旅行できて、日本とも頻繁に行き来できればいいなあ。

■次のバトン渡す5人!
5人も、というのはちょっと厳しいので、もしかして受け取っていただけるようであれば、ギリシャ人の旦那様と日本で生活していらっしゃる、「matahariの日々」のmatahariさん。それから素敵なリゾート地、トルコのアンタルヤで生活していらっしゃる、「南トルコ・アンタルヤの12ヶ月」のturkuvazさん。でもお二人ともお忙しそうなので、本当にもしお時間があって、受けていただけたりしたら嬉しいなあと思うのですが・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<ギリシャで見た日本の現代ダンスグループ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | プシホサヴァトの準備!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
kiyomulanさん、こんにちは!
ふふふ、早かったですか。とりあえずざっと書いてしまいました。
似ているとしても背の高さがだいぶ違いますけどね。
おもしろいですよね、共通点が。



Salahiさん、こんにちは!
なんか甘くて女性に優しいフェミニストのイタリア人と比べると、ギリシャ人のほうがマッチョというか、感情を表に出さないぞっというのがあるように見えます。イタリア人ならおじさんでも人前で泣いちゃったりするんですけれど。
ギリシャでは、ちょっとアジアっぽい男らしさが重視されている気がします。だから、甘いセリフは恥ずかしくてなかなか口にできないのかな、なんて。



matahariさん、こんにちは!
うわぁーバトンを受けていただけるなんて、とっても嬉しいです!
なぜキアヌ・リーブスがロバート・デ・ニーロに変貌していくのか、それは謎ですが、もちろん太っていくからというのも一因!でも顔立ちもやっぱり変わっていくんですよねー。本当に子どもの時の顔はかわいーっという感じなんですが・・・。そして赤ちゃんのときの写真は天使のよう。
髪の毛の色もギリシャ人は変わっていきます。うちのだんなさん、今の髪の毛は真っ黒ですが、昔は栗色と言う感じで、赤ちゃんのときなんて天然パーマだったらしいです。
2006-06-12 Mon 01:15 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Oh!
きゃっ!今回はセーフ!と思っていたらやっぱり回ってきましたね!でもchottocafeさんのバトンなので、受けさせていただきます。
それにしてもーーーkiyomulanさんのご主人もそうですが、キアヌ・リーブスからロバート・デニーロへの変貌は、興味深いです。
ウチの夫は今の・・・からどんな人になっていくんだろう。
2006-06-11 Sun 19:46 | URL | matahari #-[ 内容変更]
Hello!
kiyomulanさんがこちらに回して下さるかも...と、密かに期待してました^^

ロマンチックな出会いだったんですね~。はっきりとしたプロポーズがないというの、私のところもkiyomulanさんのところも同じなんですよね。ギリシャ人って、そういうところでシャイなんでしょうか?
2006-06-11 Sun 19:33 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
は・・・・はやい!どうもありがとうございました!とても興味深く読ませて頂きました。外見が似てるなんて、おもしろいですねー!いつかご対面させたいものです。照れ屋の性格もちょっと似てるかも。プロポーズの言葉がないのって、結構稀かと思ってたら違うのですね。


2006-06-11 Sun 05:48 | URL | kiyomulan #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。