ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary パトラスの医療事情
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
パトラスの医療事情
2006-06-13 Tue 22:25
晴れ
天気予報ではギリシャ全土で今日と明日荒れ模様ということだったのに、あれ?パトラスは早朝から青空が広がっていた。ギリシャで天気予報が当たらないのは日常茶飯事なので、あまり気にしていないけれど。

ギリシャでは気象観測所が少ないのか、いつも予報がアバウトで、アテネ、テッサロニキ以外は、飛ばされるか、他の小都市一覧というのでほんの数秒だけ最高気温、最低気温が出る程度。ニュースで映される予報図もギリシャの地図の上で大雑把な場所にお天気マークやら雲やらがのっているだけで、具体的にどの場所を指しているのか不明。
そのくせ、このパトラスだけでも、ちょっと隣の町などとは全然天気も気温も違ったりするので、どうしても詳しい天気を知りたければ、ローカル番組のニュースも目を通さないといけない。

今日はなぜ早く起きたかと言うと、お義母さんが二日間腹痛がひどく、ちょうど入れていたお医者さん(☆IKAというギリシャの公務員、サラリーマン用の保険・年金制度。ギリシャでは保険の種類ごとにサービスも、医療施設も異なる。自分が加入している保険の医療施設で見てもらうと無料。IKAはとくに加入者が多いので、地域ごとにIKAの建物があり、限られた曜日に各分野のお医者さんがやってくる。そのかわり予約が一ヶ月待ちくらいになったりするのが普通。)との予約がいつも薬を出してもらっているパソロゴス(=病理学者)だったので、ついでに見てもらうことになったから。予約はなんと朝の7時50分! 付き添いで行くことになって今日は7時前に起きた。でも急に早く寝ようと思っても眠れず、普段夜更かしの私は超のつく寝不足で出かけた。

7時50分の予約というのは、運の良いことに、今日の予約の1番目の患者さん。8時に予約を入れていたあるおばさんが、「私が一番よ。」などと言い張ってちょっとケンカになりかけたというエピソードも。これもいつもよく待たされる上にお年寄りで一杯のIKAの廊下ではよくあること。
ところが、いつもあまり遅刻しないというこのお医者さん、全然やってこない。そのうち廊下があふれるくらいの人になってから、やっと登場。そこからゆったり準備なんかして、結局私達が診察室に入ったのはきっかり8時50分。早めに行っていたから約1時間半も待った計算になる。

待つ間、ここ3日間連休だったから、きっと徹夜で遊びにいって寝坊してるのよ、なんておばさん方がからかい半分話していたのだけれど、実はちゃんと用事があったそうで、寝坊じゃないと私達に言い訳していた。でもこのIKAなどのお医者さんたちは、遅刻常習犯。それにどんなに遅刻しようが、急に休暇を取って予約をキャンセルしようが、公務員だから仕事は安泰。さらに、明日はまたストライキをするそうだ。とても耐え難いギリシャの医療システム。

でも建物だけは新しくて結構いい建材を使っていて、なんかこういうところへ税金が流れているのかなと疑い深くなってしまう。とはいえ待つための椅子もたっぷりあるし、設備が良いに越したことはないけれど。

今日はそのお医者さんに言われて、お昼にCTスキャンも予約したので、パトラスに去年オープンしたばっかりの、私立病院オリンピオンにも付き添っていくことになった。パトラスの私立病院オリンピオンの外観パトラスでは大学病院でさえCTやMRIの設備が整っていないので、検査には検査専門のクリニックやこの私立病院へ行かないといけない。
アテネには総合病院や、産婦人科専門の大きな病院などがあるけれど、パトラスではこのオリンピオンが唯一の私立総合病院。リハビリなどの施設も充実しているそうだ。いつもガラーンとして人の少ないこの病院のレセプションなぜかいつまでたっても人で混雑することのないこの病院は、中にいても静けさが特徴。今日は初めてキルキオ(売店)にジュースを買いに行ってみたら、外から見えていた、日よけのあるベランダはこの売店にあるカフェのバルコニーだった。中も病院ということを忘れそうな明るいカフェテーブルが並んでいる。キルキオをギリシャ語で呼ばれる、病院内の売店の中の、明るい雰囲気のカフェ
とはいっても、やっぱり日本の病院に比べたらなんかサービスも設備もイマイチ足りない。今は新しいからそのきれいさが魅力だけれど。高台にあるので景色もいいし。全病室、シービューかマウンテンビューという宣伝文句のこの病院、目の前はリオ・アッディリオの橋。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<ギリシャでの国際結婚マニュアル | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャで見た日本の現代ダンスグループ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
turkuvazさん、こんにちは!
私立病院もちろん高いです。今回はでも検査のためで、IKAという保険とそういう取引もあって、保険で無料になる検査をしてもらえる5箇所の検査専門クリニックの一つにこの私立病院も入っていたのです。

でもギリシャは国立病院・大学病院でも、専門のお医者さんの午後の診察は、その医者の格で診察料が決まっていて、50ユーロとか60ユーロを一回につき!取られます。朝の診察で予約できれば、それは保険が使えて3ユーロしか取られないのに。(何回も通う人はなんとか朝の診察に入れてもらったり、お医者さんも朝の診察に回してあげたり考慮はしてますが。)なんかこのシステムよくまだわかっていませんが、とにかく、日本より高いじゃん!と思ってしまいます。
そのせいで、お金のない一般の人はみな1ヶ月待ちしているわけです。それでもその医療に信頼はおけないので、一般の人でも無理してでも、できれば私立病院、お医者さんが個人で開いているクリニック(やっぱり普通50ユーロ以上一回につき取られます。)に行くことは多いです。さらに金持ち層は、深刻な病気だと海外へ飛んでしまいます。

薬は安いギリシャです。アスピリンもヨーロッパのほかの国と全然違って超安の70円代。また保険でカバーされる率は保険の種類によって違います。
2006-06-16 Fri 06:21 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
どこも、私立病院はピカピカできれいですね~。
しかし、ギリシャの私立病院は診察料は高くはないのですか?
トルコではあまりに高くてバカらしいので、我が家は一度もかかったことないのですが、例えば歯の治療(詰め物)1本に8千円~1万円くらいかかったりするそうです。

風邪などの軽い病気なら、我が家はもっぱら地域の診療所(保険で無料。薬は10%負担)。ちょっと大事になると大学病院に行きます(保険をきかせるには、保険専門病院から書類をとらないといけないけど、保険なしでも良心的)。
国立病院はすごいですよ~。ひとつの科で1日80~100人の患者を診るそうで、あらかじめ電話予約をするか(これが、電話に出ない!)早く行って並ばないといけない。
初めて行った時、のんびり昼頃でかけたら、順番は100番目で一番最後。夜8時半にいらっしゃいと言われてビックリしました。
受付に並ぶのも死に物狂いです。並んでる間に病気の悪化は必至、という感じ。なので、お金に余裕がある人は、決して国立病院なんか行きません。
2006-06-16 Fri 03:58 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
Hello!
akiさん、こんにちは!
ギリシャにいるとイタリアの方が医療事情はずっと良かったなあと思ってしまいます。イタリアって家族のお医者さんがいて、家にも来てもらえるじゃないですか。ギリシャはそんなシステムがないので、お年寄りでも家にお医者さんを呼ぶとなると結構いちいちお金がかかるんです。
そして国立病院の設備が本当になっていないので、不安です。設備があってもそれを扱える人を雇えないという理由で高い機械が倉庫で眠っているということも多々あります。また看護婦さんが少なすぎるんです。

それと比較すると、イタリアの私の済んでいた地域の病院なんて、数年前に新しく有名な建築家のデザインで建て直されて、もう私立病院も顔負けのすばらしい建築なんですよ。フィレンツェのアルノ川ぞい南部にあるヴァルダルノ病院です。親しい方の親戚が入院してお見舞いに言ったのですが、ベッドも木のような暖かい作りのデザインで、もう広さもきれいさもデザインも本当に素晴らしいんです。とはいえフィレンツェもカレッジなどの大きな病院は悪評高いですけどね。田舎の方が看護婦さんも親切でよいサービスが受けられるイメージがあります。
2006-06-15 Thu 00:43 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
ギリシャも待たされるんですね~~。同じくイタリアでもかなり待ちます。私立病院はきれいですね。イタリアのホテルよりもきれいだったり?でも重要なことは、医者の腕ですよね。
2006-06-14 Wed 20:59 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。