ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 劇場に生まれ変わった、パトラスのプトホコミオ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
劇場に生まれ変わった、パトラスのプトホコミオ
2006-06-17 Sat 23:50
晴れ
昨夜も日本人のダンスがあるからと招待していただき、今回パトラスがヨーロッパ文化首都イベントのために修復したプトホコミオ(=貧しい人々に食べ物を分けたりするセンター。もう使われなくなって長かったこの建物が今回改装された。)へ初めて行ってきた。修復されたパトラスのプトホコミオこの建物は、パトラスに残る、ネオクラシック建築の一つであり、パトラスが発展していった1870年に他の重要な建築物とともに建てられた。パトラスの中心のアイウー・ヨルギウー広場に面する、ミラノのスカラ座を模した「アポロン」という劇場を代表として、パトラスには重要なネオクラシック建築の一群が残っている。
今回のヨーロッパ文化首都イベントの機会によって、このプトホコミオはいろいろな文化イベントを開催できるよう内部が改装され、楽屋も設けられたそうだ。プトホコミオ入り口外部は他のイベント会場と同じく、カラフルな照明で夜も照らし出されている。内部は大きなステージとそのステージにとても近い場所に設けられた客席で、素敵な雰囲気に仕上がっている。私がいただいたチケットは最前列の席で、ステージとの一体感が強くてとても良かった。

昨夜の舞台は、田中泯(Min Tanaka公式Webサイト)という方のダンス。ダンスというより舞踊というニュアンスで、とてもオリジナルなもの。大変興味深かったけれど理解が難しかった。
農場をもっていて農業も営みながら舞踏団を抱えているという、世界的に有名でダンサーというよりパフォーマーという風に表現されている。今回はギリシャでオーディションも行われ、ギリシャから日本の彼の農場へ研修に招待されるそうだ。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:0 | top↑
<<地球外への移住について語ったというホーキング博士 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 夏一杯のギリシャ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。