ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary はた迷惑を気にしてくれないギリシャ人たち
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
はた迷惑を気にしてくれないギリシャ人たち
2006-06-20 Tue 05:17
晴れ 相変わらず暑くて寝苦しい日々
引越す予定の家にいた数時間の間に、また間違い電話があった。以前住んでいたところにも、やっぱり間違い電話は多かった。ただ、おそらく長年にわたって同じ番号を使っていた家族が以前の持ち主だったようで、8割が同じ人を探してかけてくるから、仕方ないなあと思っていた。。

でも今度の番号には、毎回違う人を探してかけてきているように思う。覚えやすい番号で良かったと思っていたのだけれど、こんなに頻繁に間違い電話があるなんて。
ギリシャ人の性格上、不注意な人が多い(かける番号の間違い、間違った番号を教えるなど)気もする。さらに普通は「あ、ごめんなさい。」と謝るけれど、たまには自分が間違えたくせにゴメンも言わずにガチャンと切る人までいる。

不注意な性格といえば、困ったことがもう一つ。
引越し先のマンションの上の階に、とても感じの良く、いつも温かく挨拶してくれるおばあちゃまが住んでいる。それも元々ご近所でうちのお義母さんたちとも家族ぐるみで長いことお知り合いだという。
さて、引越しの準備を始めて以来気になっているのが、この引越し先のバルコニーに毎日落ちている、ゼラニウムの咲き終わった花や、痛んだ葉っぱ、それにほこり。
まず、ほこりは、すぐ上の階の人がベランダで絨毯マットをはたいている現場を見た。これはギリシャ人みんながやることだから、もうとっくに諦めている。でも毎日必ず落ちているこの花や葉っぱはさすがに文句を言わなきゃ、と考えていた。ところがこれ、さらに上の階に住む、このおばあちゃまのしわざだったのだ!!
毎日毎日、広いベランダの端から端までまんべんなく落ちている(毎日お花の手入れを丁寧に行っているらしい)。掃除がきついけれど、このおばあちゃまが相手では文句が言えない。

今日はベランダをホースで水洗いしている現場も見てしまった。水が外に落ちないようにすればいいのに、大量の水が外へしたたる。その一部がうちのバルコニーの手すりにも落ちる。そういえば雨なんてずっと降っていないのに、よく雨がふったみたいなしずくの跡があるなあ、と思っていたのだけれど、原因がわかってしまった。ちょっと砂まじりのしずくの跡が残るだけでなく、もし洗濯物を干したら、なるべく内側に置かないと跳ねた水で汚れてしまいそう・・・。

まず自分のしたいことが優先されるのがギリシャ人。(注:念の為に断っておきますが、ギリシャ人全員というわけではありません!とても気遣いの細かいギリシャ人の友人もいます。)義兄のお嫁さんも、時々ちょっと近所迷惑では?と不安になるくらい、最大限のボリュームで音楽を聴いている。いちいち心配したり怒ったりしていてはきりがない。ここは諦めて、自分もしたいことを遠慮なくするしかないらしい。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
<<眠れない夏の夜 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | コンピューター用語と現代ギリシャ語>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
Mic'oさん、こんにちは!
同姓同名てギリシャも多いです。習慣で孫におじいちゃん、おばあちゃんの名をつけることが多いので。いとこの中にも同じ名前が何人かいたり。一回うちの夫あてに宅配会社がトルコからの荷物が届いていて・・・という電話を受け、中身の確認とかだったのですが、実は同じ名前の別の人(やっぱり遠い親戚)宛だったことがあります。
ところで、人の目、やっぱり気にしますね、ギリシャでも。だから服装やヘアスタイルも出歩くとき気をつけるし、家もぴかぴかでないといけないし。でも以前も書いたのですが、家は完璧にきれいにするけど、道や川には平気でゴミを捨てるというような所があって、日本人には理解しにくいんですよねー。
2006-06-21 Wed 22:41 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
うちのダンナも電話局に世帯主の変更を申し出ないのが悪いんですが、元々この家に住んでいた亡き舅と同じ同姓同名の人が近所にいて(遠い親戚らしいですが)、電話局の番号案内の人が時々間違えて番号を教える事があるんです。
それで時々「○○さん(舅の名前)のお宅ですか?」って電話が掛かってくるんですが、「○○さん(同姓同名の方の家族の名前)お願いします」っていわれてもそんな人いないし、「そんな人家にはいませんが」と答えると「いないわけないだろう」とかつっこまれたりするし、最初は同姓同名の人の存在をしらなかったので、何かのいたずらなのかと疑った位です(汗)
同姓同名の人の存在が分ってからは、間違い電話が掛かってきても「それは私の亡くなった舅です。多分あなたが電話を掛けたい相手と同姓同名ですので、電話局が間違って番号を教えたのでしょう」と答えるようにしています。でも、それで「ああ、そうなの。ごめんなさいね」と失礼を詫びて切る人と、何も言わずに切る人がいるので「一言何かいってから切らんかい!」と思います。そういう人に限って短時間に何度も電話かけてくるんですよね~

はた迷惑、というか自己中心的な人、こちらにも多いですよ。そのくせ人の目は気になるんですよね~。人の目が気になるならもう少し考えてから行動すればいいのに、と思うんですが。勿論それを一般化するつもりはないですが、常識的な振る舞いより自己チュ-な人が余りにも目に付くということでしょうね。
常識的な部分はある程度残しつつも自分のやりたい事も遠慮なくするというのがストレスのたまらない方法なのかもしれませんね。
2006-06-20 Tue 18:32 | URL | Mic'o #v9q.gVLQ[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。