ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 野外劇場でダンスの発表会
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
野外劇場でダンスの発表会
2006-06-27 Tue 23:30
晴れ
昨夜はうちのいとこの長女が通うダンスの発表会へ。場所は去年と同じで、パトラスのマリーナ(ヨットハーバー)にある野外円形劇場だったので、行きは散歩がてら徒歩で出かけた。海沿いの通りまで降りると、月曜の夜だというのに、海沿いのカフェもレストランも大繁盛していて、車も人も一杯で大混雑。

劇場は小さいけれど、後ろは海でヨットやイタリアからの大型フェリーも見えるし、ちょっとしたイベントにはもってこいの場所。家族や親戚などで満席だったけれど、席を取っておいてもらったので、真ん中の特等席で見れた。始めのプログラムはショパンのワルツなどに合わせてのクラシックバレエからスタート。それから、フラメンコ、ジャズ、アルゼンチン・タンゴ、マンボ、チャチャ、サンバなどなど。特に良かったのは、とても楽しそうなキューバのルエルダという踊り。ラテン系の踊りは大好きなので、楽しめた。
多分2歳くらいの小さい子達のグループもいるのだけれど、なぜか泣きながら踊る子や、舞台の外にはみ出しちゃって踊る子もいて、もうかわいくて仕方がない。全員集まったフィナーレでも特に注目を浴びるチビッコたち
うちのいとこの子は、このダンススクールに週3回通っている。クラシックバレエの日、モダン・ダンスの日、ギリシャ伝統ダンスの日にそれぞれなっているらしい。残念ながらギリシャのダンスはこの発表会のプログラムにはない。ギリシャ人には、当たり前のもの過ぎるということなのかもしれない。私は見たかったから残念だった。
とはいえさすがにマンボだけは、今年人気のギリシャのポップス、エレナ・パパリズーの「マンボ」で、特に盛り上がった。この曲、メロディはギリシャっぽいけれどリズムはマンボなのだ。

ギリシャでは習い事に通う子供達は多いけれど、学校の夏休みにあわせて習い事も丸2ヶ月お休みになる。彼女もこの週末からは、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に田舎へ長い夏を過ごしにいく。 
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<フラッペ小話 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | PAP TEST>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。