ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 思いやりの心
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
思いやりの心
2006-03-12 Sun 00:00
今日の教会は、咳をごほごほしている人が多かった。想像が膨らんで、昔のヨーロッパの伝染病の拡がりは、教会のせいだったりして、なんて考える。日本では、よくマスクをするけれど、ヨーロッパでは誰もしないし、していたら、怪しい人と間違われるかもしれない。マスクをするのは、格好は悪いけれど、日本人は他人を思いやる気持ちが大きいのかもしれないと思う。

イタリアに居た頃から、気づいていたのが、日本人は、全体主義の傾向が強くて、ヨーロッパ人は、個人主義の傾向が強いということ。

ヨーロッパ人が日本で驚くことの一つが、誰もタバコの吸殻を道に捨てないこと。もちろん私は日本でも捨てる人がいるのを知っているけど、ヨーロッパに比べると極端に少ない。ヨーロッパ人(ここでは、イタリア人・ギリシャ人)は、自分の家は頻繁に(おそらく日本の平均の何倍も!)掃除して、自分の身の回りは完璧にするのに、公共の場には、男女共、何か拭いたティッシューであろうが、お菓子の包み紙であろうが、その場に捨てるのをためらわない。車に乗っていれば、窓からポイ捨て。イタリアでも、タバコの吸殻を、バールの中で、足元の床に平気で捨てたりしていた。その人たちが、家はどれだけぴかぴかにしているか知っているから、余計びっくりしてしまう。

日本では、小学校から、生徒が自分たちで学校の掃除をするのが当たり前だったけれど、私が尋ねた所、ヨーロッパの学校ではそういう習慣はない。意識しないで、公共の場を掃除することで、周りを気遣う習慣が、日本ではつちかわれるのかもしれない。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 日本との文化比較 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。