ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 薬
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006-03-13 Mon 00:00
ギリシャで売っている風邪薬など
曇り時々晴れ  風邪がひどくなった私に、お義母さんが、デポンを飲みなさい!と何回も繰り返す。デポンというのは、アスピリンのように胃が荒れたりしない、軽めの解熱剤兼痛み止め。日本のように「風邪薬」なんていうものはこっちには存在しないので、いわゆる風邪薬として、熱がないただの鼻づまり、のどの腫れにもデポンを飲む。ギリシャは、アスピリンも、デポンも信じられない安くて、一箱が100円もしない。諸所かしこにあるペリプテロでも売っていて、とても気楽に買っている。

ちなみに一般的ギリシャ人である、お義母さんの場合、腕が夜寝ているとき痛むのでほぼ毎晩一つ、頭痛がすればまた一つ、風邪の場合、ひき始めから治るまで毎日といった具合で、デポンは必需品。

一方、よっぽど仕事に差し支えるという事情でもないかぎり、風邪は漢方、ビタミンC、栄養ドリンクなどで治していた私としては、どんなに言われても、ひどい頭痛の時くらいしか、デポンも飲みたくない!

箱の中の説明書を読むと、確かに大きな副作用は何も起こさないとかいてあるけれど、長期飲用するといろいろ副作用が生じるとある。
だから薬はなるべく、飲みたくないんだってば!という言い争いが今日も続く・・・
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。