ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ホームシック
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ホームシック
2006-07-22 Sat 22:39
晴れ 相変らず風が強い
朝偶然テレビをつけたら、ERT3という国営チャンネルで、イタリアのアレッツォの美術ドキュメンタリーが放送されていた。つけた途端、見慣れた風景が目に飛び込んできて、もう懐かしい気持ちで一杯になる。

私のイタリアで住んでいた村は、フィレンツェとアレッツォの県境。ぎりぎりアレッツォ県で比較的近かったので、よく週末、月一回のアンティーク市や教会めぐりをして散歩していた。またアレッツォに向かうにも敢えて高速を使わず、村のアレッツォ門を出てずっと山沿いに進む中世からの道をドライブするのが大好きだった。

通称「七つの橋」と呼ばれるこの旧道は、本来中世の橋が7本かかっていたそうだけれど、戦争も経て、最後にたった一つ「ポンテ・ブリアーノ」だけが残っている。馬車の幅しかないので、信号があって、交互に一方通行となっている。この橋のかかる川沿いの景色はまるで絵画のようだ。早朝に川の水面にもやがかかっている風景もとても気にいっていた。

アレッツォでは、フィレンツェのような人ごみは、大きなアレッツォの街中を埋め尽くすほど出店される、有名なアンティーク市のある日だけで、普段は静かな落ち着いた町並み。歴史を感じる家々に挟まれて石畳を歩いていると、時代を遡ったような気分になれる。ショッピングするお店も一杯あるし、教会、美術品などの見所も多くとても魅力的な町だ。

朝からアレッツォを見ていたら、一瞬昔に戻って、ちょっと土曜日に車でアレッツォへ出かけたような気分になれたのは嬉しかったんだけれど、そのあと、どーんとホームシックに襲われた。イタリアから去って以来、どこに住んでいても私の心と魂はあそこにある気がしている。
ギリシャはまだ3年に満たないくらいだから、まだイタリアに惹かれるのか、私の心は永遠にイタリアにあるのか、それは年月が経たないとわからないけれど、どこを見ても絵画の世界のようだったイタリアの景色や、親しい友人たちが恋しくてたまらなくなって書き留めた今日の話。うちのだんなさんが聞いたら、イタリアに嫉妬しちゃうだろうから、内緒で!?
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | イタリア | コメント:7 | top↑
<<少子化の話題 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラスのSALE事情>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!
イギリスにいらしたんですね。イタリアから2回行きましたが、毎回乾燥したイタリアから、緑一杯のイギリスに到着すると、ちょっと日本に近い湿気が懐かしく感じました(笑)。
ギリシャはまだ年月が浅いのと、趣味の共通する友人がまだとても少ないので、これからゆっくり友人も増えてきて、家族も増えたりすれば、どっぷり地元人になっちゃうのかもしれませんよね(笑)。
2006-07-25 Tue 23:25 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
私もイギリスに留学していた時は良い思いでばかりなので、また行きたいといつも思っています。
新しい土地だとやっぱり新しい発見の毎日ですが、慣れてくるときっとギリシャが自分の町となっていくんでしょうね。
イタリアーギリシャは、近くてもそう簡単に行ったりきたり出来ない所が残念!ですよね。
2006-07-24 Mon 14:18 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
Hello!
turkuvazさん、こんにちは!
あらら、だんな様もやっぱりイタリアに対する気持ちをご存知なんですかー。うちも知っていてあまり嬉しそうじゃないですが、まあ仕方ないですね(笑)。
そうそう、食べ物も隣国なのに、すっごく違うんですよね。イタリアンレストランも多いのですが、やっぱり日本に昔多かった偽イタリアンと言う感じです。パスタも家庭料理ではアルデンテからほど遠いくらいゆでて、昔の日本のスパゲッティみたいな感じでしょうか。トスカーナ料理とは、オリーブオイルの味も使う量も違うし、料理に使うハーブも全然違う(もしかすると、イタリア南部とギリシャは似ているかもしれませんが)など、いろいろ。
私が作りたいと思って作る料理はギリシャ料理、イタリア料理半々になっちゃいます。イタリア料理って、日本人が飽きず、不足感もなく、受け入れやすいお料理ですよね。魚料理は絶対ギリシャの方が日本人向きですが。
2006-07-24 Mon 05:42 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
HIDOさん、こんにちは!
確かに、初めて自分の意思で選んだ場所ではない所に住んでいるんですよねー。でも海の町というのはずっと憧れていたんですよ。
ただ、何百年も経た絵画やクラシック音楽の伝統がどんな田舎にいても身近にあったイタリアでは、絵も描くしクラシックもやっていた私にはぴったりだったんです。ギリシャ正教は絵画の発展にも音楽の発展にも貢献せず、昔のままなので、ルネッサンスもクラシック音楽も一般人からは遠い世界なんですよね。

イズミールは低いからギリシャのこの暑さそのままほぼ同じなんでしょうかね。アテネから船でいつか行ってみたいと思っている街です。






makiさん、こんにちは!
やっぱり4年という年月もネックなんでしょうか。最初の2年くらいで慣れてきて、4年を越すとすっかり現地になじんでる感じ。私もイタリアに頻繁に行ければ我慢できるけれど、最近いろいろ重なって行けずじまい。友人に早くおいで、と電話やメールで言われるたびにさらに恋しくなります。
2006-07-24 Mon 05:25 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
私も、人生で一番影響を受けた国・風土がイタリアなので(chottocafeさんのように、住んではなかったけど、仕事を含め30回以上は通った)、今トルコに住みながらも、イタリアを恋しく思う気持ちが時々募ってきます。風景や人々の佇まい、イタリア語の響き、香り、食の愉しみ・・・・トルコにないものが気になっちゃうんですよね。
トルコにも美しいもの、美味しいものはそれなりにあるのだけれど、私の嗜好に合わないのです(涙)。
夫は私のイタリアへの憧れを知ってるけど、やっぱり妬いてるでしょうねえ。。。
2006-07-24 Mon 01:06 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
Hello!
私もメキシコに4年住んでいたので、メキシコを去ってしばらくはホームシックになって大変でした。文化すべてが違うだけに、なんとも言えない独特のホームシックです。今も年に1度くらい帰ることが出来たら再考なんだけれど・・・なんて思ってしまいます。
2006-07-23 Sun 10:59 | URL | maki #-[ 内容変更]
Hello!
ホームシックですか、なんとなく気持ち分かりますよ。
結婚ということでギリシャに来たということからなのかな?
イタリアはご自身の意思で行かれたんですよね?
私は同じトルコ国内でも、未だにイズミール・シックになります。
特にこの季節のイズミールの暑さ(すごい暑いんですが:p)と
友達が恋しくてたまらなくなるんですよね~。
旦那さまには絶対内緒ですね、間違いなく嫉妬するでしょう(笑)
2006-07-22 Sat 23:32 | URL | Hido #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。