ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 少子化の話題
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
少子化の話題
2006-07-23 Sun 22:09
晴れ
今朝は昨日と同じ国営チャンネルで、アメリカの製作の人口問題に関するドキュメンタリーをやっていた。ちょうどテレビをつけた時、少子化の代表国として(当然ながら)日本が取り上げられていて、いろいろと興味深かった。
本来ならば、同じ少子化で悩むはずの先進国の中で、唯一アメリカだけは、移民のおかげでまったく少子化にならず、50年後には、移民の子どもたちが国の経済を支えていくようになるという見通しだそうだ。

少子化がどう経済に悪影響を与えるかと言うと、まずは極端に大きい老人人口を支える年金が足りなくなる。そして労働人口が減るだけでなく、消費者も減るので、経済が下降の一途を辿る、という悪循環になっていくことだ。

日本についてはインタビューなどをたくさん織り交ぜながら、晩婚化、少子化、女性の地位問題、バブル破壊後共稼ぎが増えているなかで、子育てがどれだけ難しいかなどを映し出していた。
基本的には、日本は、子育ての出費の高さと、仕事と子育てを両立できる環境には程遠いということに問題があると思う。転勤の習慣があるせいで、親がいても親のそばに住めない場合、誰も子育てを助けてくれない、というのが一番ヨーロッパと違う点。だからといって、年金生活に入ったおじいちゃん、おばあちゃんが、たえず孫のお守で疲れきっている、ギリシャのシステムもどうかと思うし難しい。

日本は良い義務教育があって、時間的にも学校での拘束時間が長く、さらに学校で部活で勉強以外のことまで先生が面倒をみてくれる、というのは、ギリシャと比べるととても恵まれていると思う。これで、働きすぎの傾向さえ抑えることができれば、親が子どもといる時間もできて理想的だと思うのだけれど、なんとかならないのだろうか・・・。

一応、ギリシャでは子ども4人目から(3人目からに法律が変わったばかり)手当てが出て、大型の車なども安く買えたりと、少子化を防ぐ政策が存在する。ギリシャも少子化問題を抱えているのだ。この政策が有効なのかどうか、私の周りでは子ども3人以上という家庭がいくつもある。

最後に人口増加の激しいアフリカの問題も紹介された。ケニアでは小さい子どもを残して亡くなってしまう親の世代(労働人口の柱)があまりにも多くて、その理由はAIDS。家族、親族が次々に亡くなり、孤児となった子どもだけが残されていく。とても恐ろしい現実だった。


ところで、今日は日曜だけれどちゃんと授業があって、教習所へ行った。まず日本の試験にはなかった、「歩道から1メートル以上絶対空けずに、後ろ向きに角を曲がる」というものが試験項目にあって、要はバックするのに車をどれだけコントロールできるか、というのを見ている感じ。タイヤが歩道にちょとでもあたると、試験不合格になってしまうので、ちょっと緊張する。また駐車は試験では、縦列駐車だけだ。

私の問題は、長期に勝手に運転していたせいで、変なクセがついていて、右折・左折でクラッチを要らないときに踏んでいて、よく注意される。これがすごく治りにくくて、ちょっと困り者。
まだ試験の日が来週のいつなのかわからないので、なるべく遅くなることを祈っている。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:7 | top↑
<<ギリシャの携帯電話事情 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ホームシック>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
kiyomulanさん、本当にお久しぶりです!!
夏休みって日本だったんですねー。いいなあ。
お子様たちも日本になじんで、ギリシャにいても日本にいても自分の家のように感じられるといいですね。

私も子どもがいない今から、教育についてはいろいろ心配です。そのうちできたら、kiyomulanさんのお話も参考にさせていただきたいし、またブログにいろいろ綴っていってくださいね。
とりあえずはゆっくり日本の夏を楽しんできてください。今、日本の夏で恋しいものといえば、花火大会!! ギリシャってあまり夏に花火を見る機会がないですよね。
2006-07-25 Tue 23:20 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
matahariさん、日本では保育園の空きを見つけるのが大変と、聞いたことありました。いろいろ難しいですよね。私の日本の友人は大半が出産から子育て数年間、仕事はやめていましたね。イタリアはギリシャでは誰もやめる人がいないのですけれど。
シッターさんて時給1500円もするんですか!う~ん、それはよっぽどキャリアを築いていないと、気軽に雇えないですね。

うちの車はほぼ新車なので、自由にパトラスの事故の多い道路を走り回るかは、ちょっと不安があってわかりませんが、とりあえず海辺にいくにも、買物に行くにも、やっと便利になります~!!





akiさん、こんにちは!
イタリアの女性の友人はみな仕事を続けて子育ても頑張っていますが、やっぱりおばあちゃんに子どもを預けてますねー。一人っ子が私の友人(20代から40代)にも多くて、その世代がさらに子どもはゼロから1人という人が多いので、本当に子どもは少ないなあと思っていました。
イタリアも日本も景気がよくなって、経済的に余裕が出てくればまた子どもも増えるのかなあとは思うのですが・・・。でもイタリアは保育園から義務教育も質が良く、塾にも行かせなくてよいし、子どもにはとてもよい環境+お金があまりかからないと思っているんですけれどね。それに私の住んでいた村では給食も地元の農家の産物しか使っていないと聞いて、いいなあと思っていました。

2006-07-25 Tue 23:14 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
お久しぶりです!日本からです!
最近、ブログから遠ざかっていたので、懐かしくなって戻ってきました。相変わらず、パワフルなブログ更新、尊敬してしまいます。

少子化、本当に問題ですよね。私も、ギリシャにたまたま住むことになってしまったので、二人もボコボコとできましたが、きっと日本で仕事を続けながらだったら、多分、ストレスと忙しさとで、無理だったと思います。そういう意味では、ギリシャに感謝しているくらいです。子供は生むまでも大変ですが、生んでからも大変。
これからは、教育問題で頭を抱えそうです・・・
とりあえずは、日本の生活をできるだけ体験させようと思ってます。
2006-07-24 Mon 22:31 | URL | kiyomulan #-[ 内容変更]
Hello!
イタリアも日本の次に少子化で悩んでいる国。
キャリア志向になった女性が子供を作らなくなったのが原因の一つのようですが・・・。ここでも移民が出生率を上げているとのこと・・・。日本にしろイタリアにしろ先々が心配になりますよね。
2006-07-24 Mon 14:23 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
Hello!
こんにちは!
日本は子供が出来ても、保育園の数が足りなくて常に順番待ち・・・そんな状況なので、働くのが難しいんですよね。幼稚園では当然送り迎えをしなければいけないので、やっぱり仕事はできないし。
私も晩婚組なので、友人が悩んでいるのを見ると色々と考えてしまいます。ちなみにプライベートでフィリピン人のシッターさんなどを頼むと、平均の時給は1500円!!これでは泡沫転倒ですねー。

早く免許が取れるといいですね~パトラスの町を自由に走り回って、パトラスレポート待ってます。(私は怖くてマニュアルは運転できません・・・)
2006-07-24 Mon 12:27 | URL | matahari #-[ 内容変更]
Hello!
HIDOさん、こんにちは!
ギリシャはイタリアとそこは同じで、オートマなんてほとんど出回ってないです。イタリアはF1とフェラーリの影響で、「オートマなんて、ふふんっ」という感じ。お年寄り専用の乗り物だと思われているんです。ギリシャではオートマのほうが高いからというのもあって、まず思いつかないのでは・・・。
私もオートマだったらどんなに楽だったでしょうか。駐車や3速・4速で走る分にはなんの問題もないのですが、試験で肝心なのは1速・2速のシフトチェンジでの右折、左折で、そのクセが邪魔するんです~。とりあえず頑張ります!

ところでベビーシッターさん、イスタンブールでは月6万円くらいってすごく高いですね。でもやっぱり親は田舎にいて、子どもを預けられないんでしょうね。私も晩婚ですが、その分、お義母さんも年だし、子どもができても、預けないで済めばなるべく預けないようにしよう、とかいろいろ考えてしまいます。
2006-07-24 Mon 05:57 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
日曜も教習ですか、ご苦労様です。
ときに、使用の車はオートマではないんですか~。
自分も、10云年前に取得したときはマニュアルでしたけど
今じゃ絶対運転できない自信あります;P
っていうか、オートマでもやばいのに、マニュアルなんて
運転したら注意散漫で絶対に事故ること間違いなし。
イギリスは大抵がオートマって話しでしたが、女性には特に
オートマが良いと言われてますねぇ。
さて、変な癖とやらが試験前に治りますよう祈ってます(笑)
そうそう、お題の少子化問題、私も既に晩婚組みに入る
年齢ですが(まだ未婚ですが)トルコのイスタンブールは特に物価の
影響もあって夫婦共働きが多いですね、それと比例して
ベビーシッターの普及も激しくその料金もうなぎ上がりです。
今の相場は一ヶ月自宅でのベビーシッターとして月に700YTL、
約6万程度。これってトルコ人にとっては痛い出費ですよ。
両親に面倒を見てもらうってのもやはり難しいんでしょうねぇ。
2006-07-24 Mon 02:47 | URL | Hido #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。