ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary グリークコーヒーの正しい作り方!?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
グリークコーヒーの正しい作り方!?
2006-08-01 Tue 23:59
晴れ 夜は涼しかったのに、昼間すごく暑くなってつらかった・・・

今日も仕事へ出かけたけれど、実は昨日からコンピューターの調子がおかしくて、すぐ固まる。どんどんひどくなって今日は何もできなくなったので、修理に出すと、実はたくさんのウィールスにやられているということだった。なんでも重いからとノートンを使うのをやめてしまっていたという。まったくアンティ・ヴィールスなしでいたなんて信じられない!!

ところで、やっぱりギリシャのオフィスなので、作るコーヒーといえば、グリークコーヒー。夏なので、冷たいカプチーノ・フレッドなど他のコーヒーが飲みたいときは近くのカフェなどにオーダーしたりする。社長さんがコーヒーの味にはうるさいそうで、作ってもらったら本当に美味しかった。

コツを聞いてみたのだけれど、私がうまく行かないのは、コンロの火が強すぎるせいかな、と思った。

改めて作り方をここで。
1弱火でコンロを点火。
2作る分だけのカップに水を入れて、それをブリキという小鍋に移し、量がぴったり丁度良くなるようにし、火にかける。
コーヒーは小さいスプーン山盛り一杯がデミタスカップのようなグリークコーヒーのカップのサイズの量。砂糖はグリコーという一番甘いので、同じスプーン山盛り2杯。メトゥリオでスプーン一杯半の量。(私が以前他の人に聞いたのでは、砂糖が先、コーヒーが後だったけれど、今日見たのはその逆。)
3ここが一番難しい所で、コーヒーがふくらんできて、全体にふくらんで、でも沸騰する直前で火から外さないといけない。このタイミングが外れると、コーヒーは台無しになる。

グリークコーヒーってコーヒーの分量も、火から外すタイミングも難しくて、コーヒーの中では一番作るのが難しいのではないかと思ってしまう。伝統あるトルコの美味しいコーヒーの作り方も学びたいなあと思っている。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:5 | top↑
<<時間の過ごし方 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 新しい仕事の試し採用1日目>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
Salahiさん、こんにちは!
ご自分で作っていた方法が偶然トルコ風だったなんて、さすがSalahiさんですね。私は暑すぎてこの数日グリークコーヒーを飲んでいないので、次回冷たいまま溶かす方法試してみようと思っています。
私が今まで見た限りでは、みんなギリシャでは「水が少しあったまってからじゃないと。」と言うんですよね。砂糖とコーヒーの順序も人によって主張が違うので気になる所です。
2006-08-06 Sun 05:43 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
私、前に別の所にグリークコーヒーの作り方を載せてたんですが、普段自分がやってる方法で水から砂糖とコーヒーを入れる作り方でした。あれってトルコ式だったんですね~。ギリシャ人はみんなお湯にコーヒーを入れる方法なんでしょうかね?うちの夫もお湯に入れてます。
ちなみに泡をカップに取ってからコーヒーを注ぐのは、その時の気分でやったりやらなかったりですが、私の場合、普通に注いでしまった方が綺麗に泡が残ることが多いです。
2006-08-05 Sat 05:52 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
Salahiさん、こんにちは!
コンピューターは今日復活でやっと仕事らしき仕事をしました。なかなかなれるほど仕事がないんですよね。9月から忙しくなるそうで。
まだ仮採用ですが、多分半日だけの仕事になりそうです。メインは今は英語とイタリア語で現地とのやりとりで、それはいいんですが、秘書のような仕事もこなさなければならなくて、私にはすご~く向いてないんです。どうしようかなあと思いますが半日ならまあいいかなと・・・。

グリークコーヒー、注意して美味しいのを作ろうと思ったのに、今日は見事にひどいコーヒーが出来上がりました(笑)。





turkuvazさん、こんにちは!
そういえばグリークコーヒーの大本はトルコでも、お茶を良く飲むトルコでは作る回数が少ないのかも知れないですね。私もフィルターコーヒー大好きで、昼間に何回でも飲んじゃいます。グリークコーヒーは胃に重いから一日一回以上はあまり欲しくならないし、夏はめったに飲まないですね。
火にかける前によく混ぜるんですね。参考にそれもちょっと挑戦してみます。こっちではみんなまず火にかけてから材料を入れていくんです。不思議ですね。泡はギリシャ語ではカイマキを呼ばれているんですが、大量に作るとき、知り合いが普通の鍋でグリークコーヒ-を作って、そのカイマキをまず、全てのカップに均等にいれてから残りのコーヒーを注いでいました。あれと同じ方法ですね。







2006-08-04 Fri 06:11 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
うちはドリップ・コーヒー党なので、お客様にトルコ・コーヒーもお出ししたことないんです。年に1回作るかどうかというくらいなので、当然うまく作れません(苦笑)。

ただ、伺って、ギリシャ・コーヒーとちょっと違うなあと思ったのは、まず火にかける前に、ジェズベ(コーヒー沸かし用の専用鍋)の中で水、粉、砂糖をよ~くかきまぜて溶かしておくことと、一度沸き立った泡だけを先にカップに移しておくこと、でしょうか。
エスプレッソもそうだけど、この細かい泡が命なんですよね。私が作ると、大抵泡が消えてしまいます(涙)。
2006-08-03 Thu 05:22 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
Hello!
仕事にはもう慣れましたか?...と書こうと思ったら、ウイルスで仕事どころではなかったんですね。会社のコンピューターだと、特にウイルス対策は大変ですよね。ノートンでも駄目だったんですが、別のを入れてからは大丈夫なようです。

グリーク・コーヒーって、たま~にしか飲まないんですが、今回の記事を読んだら飲みたくなりました!火から下ろすタイミングは重要ポイントですよね。
2006-08-03 Thu 03:53 | URL | salahi #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。