ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary レバノン情勢の報道
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
レバノン情勢の報道
2006-08-03 Thu 23:59
晴れ 今回のギリシャの暑さは温度ではなく湿度のせいとのこと

ここのところずっと、ギリシャでのニュースは70%以上がレバノン情勢についてである。各テレビ局の特派員が現地からレポートを送っていて、毎日嘆き悲しむ人々、しっかりと英語でレポートに答える子供達、まるで大地震のあとのように何も残っていない、攻撃されて完全に破壊されたレバノンの町を映している。なんといってもとてもギリシャから近い国々の戦争でもある。イラクにしてもバルカン半島ないの紛争にしても、いろいろな深刻な国際問題はいつもギリシャにとっては身近な国の出来事だ。

今回の戦争が始まった理由はともかく、犠牲者の多くは子ども、老人など弱い人々で、ギリシャは国としてイスラエルに攻撃をやめるように公言しているし、外務省はレバノンの人々への援助として募金を集める口座をいくつか用意してもいる。

キプロスではレバノンから脱出した各国籍の難民がたくさん集まっている。ヨーロッパ人、アメリカ人などの最初の脱出を援助する為の船などはみな、レバノンから最寄の国、キプロスまでとりあえず運んできたので、キプロスは大変な状況のようだ。その内レバノン人も難民として脱出し始めたらどうなるのだろう、などという心配もあるらしい。

もうすっかりレバノンに定住して家だけでなく、仕事、財産全てが現地にあった人々は、これから新しい人生を一からスタートしなければならない。それでも命に問題なく逃げてこられたのだから、まだ良くて、今も現地に残るレバノン人も、老人や病人はイスラエルの攻撃が近づいてきても、逃げることもできない。ガソリンも不足しているので、たくさんの人を運ぶことも難しいそうだ。もちろん薬なども全然足りない。

今日レボートされていたある子どもは、野良犬たちが食べるものがなく、そこら中にある焼死体を食べているよ、と平然と話していて、こんな環境で育つ子どももいる、というのがとても痛ましかった。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<現代ギリシャ版シェークスピア | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 時間の過ごし方>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
valvaneさん、初めまして!
イタリアにいてもギリシャにいても、バルカン半島、中東がとても近く、日本にいたときにはあまり実感として感じなかった戦争が、とても身近です。
イスラエルは、正当防衛という理由で、必要以上に激しい攻撃を続けて、民間人にたくさん被害が出ていても攻撃を緩めないというのは人道的に認められないことですが、意外なのは、イスラエル自身の記者たちはテレビでも客観的な報道をしているそうです。逆にイスラエル人からもうちょっと愛国的な報道をして欲しいと文句が出るくらい、ということを先日ギリシャのニュースで聞きました。
2006-08-09 Wed 03:47 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
はじめまして。やっぱりギリシャは近いだけあって、報道の中身も日本ではわからないことがいっぱいのようですね。
こんなこと、早く終わって欲しいですが、イスラエルはこの機にまだまだやる気のようで…、何を考えているんだかと思ってしまいます。傷つくのは民間人ばかりなのに。
ギリシャにも、たくさんの方が流れ込んできてませんか? ギリシャまで混乱に陥っていないといいのですが。
2006-08-07 Mon 23:08 | URL | valvane #3un.pJ2M[ 内容変更]
Hello!
HIDOさん、こんにちは!
早速アダナでテロがありましたね。トルコは確かに自国の問題が多くて、難しい状況ですね。

ところで、日本人の駐在の方が何かあったらギリシャに逃げなさい、という指示を受けているということ自体、危機が実際身近にあリ得るという感じで、深刻ですね。びっくりしました!!
2006-08-06 Sun 05:39 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
トルコでも毎日報道されてます、レバノン情勢。
トルコのメルスィンやアダナなどにもレバノンから逃れてきた
人間が多く入国していますけど、レバノンに暮らす外国人ばかり。
戦争難民としての受け入れはまだないような気がします。
トルコは自国内の問題も今は多くて、今回の戦争への介入は
NATOがすべき、と先日総理大臣が話しているのをニュースで
拝見しました。
ま、まずは国内のテロ組織の撲滅が最優先で、北イラクへ
トルコ軍派遣の話が浮上して、この実施によってはトルコ国内の
テロ活動が活発化すること間違いなし、です。
この近辺でこういった問題が発生すると、どうしても火の粉が
飛んでくる国、トルコです。ロケーションがねぇ、どうしても
利用価値あるんですよねぇ。変な問題に巻き込まれないように
祈るばかりです。ちなみに、トルコ国内で何か問題が発生したときに
トルコの日本人駐在員が真っ先に逃げる先はギリシャ、です:p
2006-08-04 Fri 14:30 | URL | Hido #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。