ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 風水
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
風水
2006-08-19 Sat 22:57
晴れ すごい猛暑
全国紙「ネア」の土曜版のおまけが「風水」の本というので、買ってしまった。でも買ってから、おまけもあわせた新聞の値段を見たら3ユーロ50セントもしていて、なんでそんなに高いの!とちょっと驚き。今まではDVDや小説一冊がおまけでも3ユーロ以上するものなんてなかったのだ。

ギリシャでも風水はたまにテレビで話題になったりはする。私は日本でさえ、ちゃんと本で読んだりしたことがなく、ちょっと興味はあったので、この機会に読んでみようと思った。風水は、ギリシャ語では中国語読みから「ΦΕΝΓΚ ΣΟΥΙ(フェン・スイ)」と呼ばれている。
壁などの色、家具の素材だけでなく建築素材でも陰陽に分かれているなんて、考えたことがなかった。私がなんとなく知っていたのは、とくに東西南北の方向などについてだけだったからいろいろ新しい発見がある。北京はちゃんと風水の理論通りに建設された都市だという。他の世界の都市の中に、東京は例として載っていなくて残念。

壁の色については、私が選んだ色は偶然、ちゃんと風水の薦める通りの色合いを選択していた。でも変更できないことで、風水に反するのが、オーブンコンロとキッチンのシンクの位置。運の悪いことに、うちではオーブンコンロとシンクが隣り合わせなのだ。本当は間に距離が開いている方がよいという。実際不便なので私が好みで作っていたら、当然距離を開けていたとは思うけれど。
この距離があったほうがいいという理由は、オーブンコンロは火で、シンクは水で、相反するものが隣り合うと、お互いに良いエネルギーが減ってしまうという。同じ理屈で、最近流行りの、キッチンのど真ん中にコンロがあるタイプも、その正面にシンクが位置するとよくないそうだ。

ベッドの位置やら、鏡の位置やら、いろいろなアドバイスが載っているけれど、あまり気にしすぎても、無理なものも多い。というわけで結論としては、あまり読み込みすぎず、適度に知っておくのがいいかな、と思っている。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<突然ながら退職願い | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 新しいK.O.K.>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。