ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 観光客の見るギリシャ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
観光客の見るギリシャ
2007-06-10 Sun 05:36
快晴 強風
先日私のお気に入りの番組「ファケリ」(メガというチャンネルで不定期にあります。)で、テーマの一つがギリシャへ訪れる中国人観光客だった。取材の対象のグループの方々は、主にIT関係の企業で役職についている若手の人々だったのだけれど、ギリシャについての印象や気に入るものは、日本人と同じなのだなあと思った。景色がきれいで、のんびりしていて(昼間カフェがゆっくりコーヒーを飲む人で一杯であることなど)、などなど。
それに、最近中国にもすごいいきおいで進出している(先日ニュースになっていたのですが、フォリフォリは中国で子供服の1号店も出したそうです。)、ギリシャ企業のフォリフォリは中国人にも大人気のようで、ある女の子はアテネの中心ではりきってフォリフォリの店へ向う。着いてみると日曜日で、閉まっていてがっかりする。中国では銀行でさえ日曜日も営業していると言って(これは私も知りませんでした。)、まあいえば、ギリシャはのんびりしていて、あまり働かない人々の国だというような印象の一つとなる。
日本人観光客と違ったのは、サントリーニ島で、グループでやってきた中国人カップルたちが一斉にすばらしい景色のなかで結婚式を挙げること。日本人のようにハネムーンを兼ねて少数の家族で海外挙式するのではなくて、団体結婚式といった雰囲気。

番組自体はそんな感じで終わって、ふうーんと思って終わったのだけれど、翌朝、赤ちゃんにミルクをあげながらメガチャンネルのニュース番組をつけたら、一人の司会者がいきり立っていた。
何が問題かというと、取材されていたグループの中国人ガイドさんが、アテネ市内を案内する観光バスの中で、話していた内容。
「ギリシャ人は古代ギリシャの栄光に浸っていて、現代ギリシャを発展させようとは考えていない。怠け者で、寝てばっかりで・・・」といったようなことを口にしていたから。バスが通過したある建設中の博物館を見せたときも、「これもとっくに完成予定だったのに、まだ全然おわっていませんね。」というようなことを解説して、ほらやっぱりとみんなの笑顔をそそっていた。
そういうわけで、番組を見たその司会者はバカにされたと思って怒っていたわけである。そのニュース番組に招かれていた、ある中国人の方は、あれは翻訳が悪いのであって、もっとポジティブにギリシャはリラックスした国風だということを言いたいんだ、と反論していたけれど、実際悪気はないはずだと私も思う。なんといっても、取材された観光客たちは、どう見てもギリシャに満足しきっている様子で去っていったわけだし。

私の周りのギリシャ人の中には、自分の国を客観的に見て、上記の中国人ガイドさんが言っていたのと全く同じようなことを、私に言う人もいるのだけれど、もちろんギリシャ人にもたくさん勤勉な人々がいるので、その司会者もその1人だとして、むかっと腹が立ってしまったのは仕方がない・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:5 | top↑
<<出生届にて | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | アリの恐怖>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
271828さん、こんにちは。

とりあえずイタリアと比較して私の現代ギリシャについての感想なんですけれど・・・、
現代ギリシャの一般の人々(知識人はべつとして、あくまでも一般の方々です。)は、イタリアの一般の人々のように、遺跡、古代文化、芸術を重んじる空気があまりないんです。私がイタリアでしていた芸術品の修復の仕事もギリシャではあまり知られていない仕事で、国の予算もほとんど出ていません。
おそらく、経済的に国の予算に余裕がないということもあると思いますが、トルコの長期にわたる占領時代を経て、古代ギリシャから続いていたギリシャ本来の文化から少し距離が開いてしまったことも一つの原因かと。また、トルコ人に破壊されて、ギリシャ正教の教会やイコンもほとんどが新しいものなので、一般の生活で歴史の重みを感じる古いものに触れる機会がイタリアに比べると格段に少ないということも一つあります。
さらに、イタリアではカトリック教会は、クラシック音楽や絵画の発展において大きな役割を担っていたので、現代にまでつながる文化歴史というものがありますが、ギリシャ正教では宗教的に教会の音楽、絵画ともに、昔のままでなくてはいけないので、ルネサンスも起こりえず、芸術と生活が密着していないという感じがしています。

長々と書いてしまいましたが、ギリシャは今のままでよいという、271828さんのご意見には賛成です!
ただ、世界中に影響を及ぼしたギリシャ文明の末裔として、現代ギリシャ人に古代ギリシャ人との接点を求めようとすると、なかなか見つからないので物足りないんですよね。
2007-06-20 Wed 05:42 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
chottocafeさん、harula さん こんにちは

私は僅か五日間のアテネ滞在でしたが、ギリシャがすっかり好きになってしまいました。食事も良かったし、何と言ってもギリシャの音楽世界が随分奥深いことを帰国してから知りました。2年間ギリシャ音楽を聴いていたので最近はトルコにも興味が向かっています。

先進工業国の条件は車と携帯電話を生産できることだと大雑把に考えています。中国も最近はこれらを生産していますが、その技術の根幹に中国が寄与したとは思えません。

ギリシャに行く前から私はギリシャを限りなく尊敬しています。何故なら私たちが民主社会で暮らせるのも、合理的な思考(証明することの発明!)が出来るようになったのも、科学技術(その根底は原子論)の恩恵にあずかれるのも、全て希臘人のお陰だからです。

アクロポリスの丘に立ったとき、岩波文庫版の『ギリシア案内記』を携えていました。2000年前のガイドブックはさすがに「地球の歩き方」より使い勝手は良くなかったですが。

ヨーロッパ世界を日本に置き換えると、ローマが京都ならアテネは奈良です。奈良は奈良らしく生きれば良いのです。
2007-06-16 Sat 10:23 | URL | 271828 #nH8X8vd2[ 内容変更]
Hello!
まきさん、こんにちは!
トルコもギリシャと似た感じでのんびりしていると想像しているのですが、どうなんでしょう?
アテネだけは、この数年ですごく雰囲気が変わったと思うんですが、私も初めてきた時は、アテネもバスも古いし中古車がほとんどだったし、建物のごみごみした感じもアジアっぽくて、なんか発展途上国ぽいなあと思いました。そういえば、パトラスも、道路の路面や、公共交通機関をのぞくと、いろいろこぎれいになって、当時よりだいぶ雰囲気がかわっています。オリンピックのおかげでいろいろ劇的に変化して、整備されたからでしょうかね。
そんなわけで見た目は変わっても、人は変わっていないと思うんですけどねー。




harulaさん、こんにちは!
ごもっともです!
私も古代ギリシャと現代ギリシャ人の接点が見つからないなあとギリシャに来た頃悩んだくらいですから。外国人の方が、ギリシャ神話などに詳しいのかなと思うことはよくあります。
ただ、昨年若くして突如亡くなったギリシャ人の友人が、私がギリシャにきてすぐの頃、「ギリシャ人は何も新しいものを生み出そうとしていない。ただ古代ギリシャの文明を観光なんかに利用しているだけだ。」ということを私に言ったことがあるんです。それを今回思い出しました。
オモニア広場、今はどうかわかりませんが、改装される前の8年前、危険な雰囲気がびんびんしていて、さっさと通りすぎちゃいました。知り合いのブルガリア人の司祭さんが、広場のすぐ裏手でぼったくりのストリップバーに連れ込まれそうになったことがあると、以前笑ってましたが・・・。司祭の服装のおかげで助かったそうです(笑)。

2007-06-13 Wed 07:37 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
私もこの番組を見ましたが
ある意味間違っているのは、このガイドさんが言った
”ギリシャ人は、古代ギリシャの栄光に浸っていて”
いいえ、浸ってなんかいませんよ。むしろ古代ギリシャの栄光を知っている人なんて一握り。
キリスト教会の教えのほうを子供の頃から頭に入れられてほとんどの人が古代ギリシャで何があったかなんて知らないのですから。。

それにしてもオモニアを最初に見たときに、ここは、中国かーーー?って思ったけれど中国人には、どう映るのかしら?聞いてみたい。と最近の中国のギリシャブームで思います。
そうですか。。フォリフォリの子供服。アーー中国で作っているのでショーーネーー


2007-06-10 Sun 23:45 | URL | harula #rbF5.QZA[ 内容変更]
Hello!
あぁ、本当にそれは通訳にも大きな要因がありますよねぇ。
通訳者の感情が文章を良くも悪くも変えてしまう、ということですよねぇ。
確かにギリシャは量産を行うようなアジアの国々から見ると信じられないくらい発展途上の印象でしょうか。
そこを良しと思わないと、ですよね。
私はどっちかというとのんびりしたいのでギリシャの印象は良いのですけど。
暮らすとなるとまた困りものですよね、きっと(笑)
2007-06-10 Sun 21:38 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。