ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャ人と薬局
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャ人と薬局
2007-08-19 Sun 06:15
快晴 ずっとやけに涼しい日々が続いていたけれど、昨日からまた35度を越える

出産までの9ヶ月、ほとんど薬漬けというほどいろんな薬を飲む羽目になった為、突然薬局とのお付き合いが始まった。薬局では、どこに行っても同じ値段で必要な薬を買ったり、なければ発注してもらえる。赤ちゃんの新生児用の粉ミルクも薬局でしか売っていない。これは薬ではないせいか、薬局によって値段がまちまち。

ところで、ギリシャでは、どの家庭でも「ファルマコピオス・マス」つまり、「うちの薬剤師さん」と呼ばれる人がなんとなく決まっている。家の近くの気に入った薬局で何でも買う習慣があるのだ。これがなんで便利かというと、お医者さんが処方箋を書く前に、あとで処方箋を持ってくるから先に薬を頂戴といって、支払いは後で薬だけもらったりできるから。保険を効かせて薬を買うには、お医者さんに加入している保険の冊子に処方箋を記入してもらわないといけないのだけれど、その行く手間が大変だったりするから、とっても便利。
赤ちゃんの予防接種も薬局で買って、クーラーバッグなどに入れて小児科に行かないといけないのだけれど、赤ちゃんがいる身で検診の前に一回お医者さんの所まで足を運ぶのは難しいから、この方法で先に薬を出してもらっている。

出産まで寝たきりだった私は、やっぱり薬を買いにいくのも処方箋をもらいに行くのも大変だったから、うちの薬局にすごくお世話になった。時々はうちまで薬を持ってきてくれたり、丸4ヶ月毎日注射が必要だったのだけれど、お願いしていた人がこれないときは、薬剤師さんが薬局閉店後に寄って注射をしてくれたりもした。

ちなみに、月曜と水曜は午後閉まっているし、土日はお休みというのがちょっと不便だけれど、その代わり、それぞれの地域で必ず1店舗は当番で開けている仕組みなので、必要ならば24時間どこかで薬が買える。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:7 | top↑
<<パトラスでペーター・シュタイン演出の「エレクトラ」! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | とうとう何ヶ月ぶりかの・・・雨!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!
やっぱりベッド生活だったんですか!?妊娠中、親戚や血液検査に行った先の看護婦さんやら、いろんな方が私も寝たきりだったのよ~なんて話をされて、結構いるものなんだなあと思ったものです。
ほんと、産んでしまうと妊娠中のことなんて、すっかり忘れてしまいますね!
2007-08-29 Wed 00:45 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
予防接種を薬局で買うんですか?薬局の力は、ギリシャでも強そうですね。
私も妊婦の時は、ほとんどベッド生活だった記憶があります。今となっては、懐かしい(笑)
つわりが大変で、針とかも通ってみたんですけどね・・・・。
でも、子供が生まれてしまえば、そんなこともあったなという感じですよv-10
2007-08-23 Thu 01:06 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
Hello!
ゆかちゃん、
そうなんだよね。お医者さんがどんなに薬の影響がないっていっても、薬の説明書には胎児に影響がありうるとか、妊娠中は禁止と書いてある薬がいくつかあって、心配だったんだよー。でも赤ちゃんはとっても元気でほっとした。




まきさん、こんにちは!
おっそろしく大変だった妊娠生活ですけど、今となっては、もうずいぶん昔のことに感じます。まだ足の筋力がちょっと衰えていて、ベビーカーで散歩や買物いってもなんか疲れやすいんですよ。アンカラにつづいて、イスタンブールも断水ですか!?前回のマンションで、水道管のトラブルで数時間断水しただけでも、トイレも流せないし~って不便さがしみじみ感じられたんですけど、何日も続いたらすごく大変ですよね!!明日からギリシャはまた40℃の予報ですが、トルコもなんでしょうか?頑張って生き抜きましょう・・・。




Micioさん、こんにちは!
Micioさんも、初期から薬を処方されていたんですね。薬局の利用法はボスニアでも似た雰囲気ですね!ただ、ギリシャではプライベートのお医者さんでも、保険が適用される薬は保険が効くんです。私の保険は薬の値段の75パーセントがカバーされるんですが(職業によって、保険の種類が違って、パーセンテージなんかも異なります)、妊娠は例外で、100パーセントカバーされるので、大量の薬をプライベートのお医者さんに処方してもらっていたので、助かりました。
2007-08-22 Wed 06:03 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
私も妊娠初期から何かしら薬を処方されていましたが、chottocafeさんも大変な9ヶ月だったのですね。

我が家も以前オットの親戚が薬剤師として勤務していた行きつけの薬屋さんで処方してもらってます。薬剤師さんとも顔見知りなので処方箋なしで薬を買う時でも適切なものを出してもらえて安心できます。
しかも、プライベートクリニックのドクターから処方箋を出された時にも「こっちの薬の方が安くて効き目が同じだからこちらにしておきなさい」などと勝手に薬を変更したり(^^:)
まあ、プライベートのクリニックからの処方箋の場合には保険が利かないので良心的といえばそうなんですけどね。
2007-08-20 Mon 20:10 | URL | Mic'o #v9q.gVLQ[ 内容変更]
Hello!
そんなに大変だったんですかぁ、出産までの日々。
また猛暑が戻ってきたようですが、体調には気をつけて。
食生活で養生することもひとつの手ですが、この暑さだと
私もなんかサボりがちでしてね:p
トルコの水不足、イスタンブールは秋も降雨予報なしで完全に
断水の予想です(乾)
2007-08-19 Sun 20:57 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
Hello!
妊娠中たいへんだったもんね。
とにかく無事出産して、すくすく育ってくれて本当によかったよ。
よかったよかった。
2007-08-19 Sun 20:48 | URL | ゆか #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-19 Sun 17:05 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。