ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 古代オリンピアにも火がせまる
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
古代オリンピアにも火がせまる
2007-08-26 Sun 18:17
火事が続いている。やはりひどいのはペロポンネソス半島の西海岸一帯で、衛星からみた映像でも大量の煙が空へのぼっている。さっきのニュースでは古代オリンピアから2-3キロのところにも火が迫っているということだった。ペロポンネソス半島はオリーブオイルの大きな産地ででもあって、そのオリーブの木は長時間かけてよく燃えるそう。収まりかけた火がまた強い勢いで燃え出す原因は特にそのオリーブの木にあるという。

キプロスを始め、ヨーロッパ各国、セルビア、ルーマニアなどの隣国、イスラエルも消火の飛行機やヘリを援助で送ってくることになったそうで、なんとか火が収まることを祈るばかり。今日のパトラスはほとんど風がなく、正午の時点で31度しかないので、この天気も消火の助けになりそう。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<ローカルテレビのインタビュー | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ペロポンネソス半島で悲惨な火事>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。