ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャのクリスマス
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャのクリスマス
2007-12-15 Sat 20:14
ギリシャでは、ほとんどの家でクリスマスツリーを飾る。ライトと好きな飾りをいろいろ毎年買ってきては飾り、外からも見えるように、居間の窓の近くに置くことが多い。
そしてツリーの根元に、ファトニ(イタリアではプレゼピオと呼ばれる)という、赤ちゃんのキリスト、聖母マリア、ジュゼッペ、キリストに贈り物を持ってくる3人の王様、天使、赤ちゃんのキリストに息を吹きかける牛や羊などが木製の小屋とセットになったものを置く。
2007年、うちの今年のクリスマスツリー


ただし、イタリアのように、赤ちゃんのキリストはクリスマスイブの夜まで置かないとか、細かな習慣はないし、これは推測だけれど、ツリーはアメリカから、ファトニはイタリアからやってきて、いつのまにか定着したのではないかと思っている。

ギリシャの、オリジナルなクリスマスのデコレーションは、なんといっても船!このクリスマスのシーズンによく売られる船の模型に、クリスマスのライトをからませて、居間に飾る。

そしてクリスマス・イブは夜中のミサが終わるまでお肉などのご馳走を食べない。クリスマス前も40日間断食の期間。復活祭前ほど、ちゃんと断食している人はあまりいないのが現実だけれど、イタリアでは12月はじめから、プレゼントされるクリスマスのケーキやチョコをつまみまくっていた私にはあまりうれしくない習慣・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの習慣 | コメント:2 | top↑
<<パトラスの山に積もる雪 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | すっかり冬らしくなったクリスマス前のギリシャ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
まきさん、こんにちは!
そうですよね!!トルコとギリシャはあまりにも共通点が多いので、こういう基本的なことを忘れていました。トルコにはクリスマスがないんですよね!つまりこの季節のクリスマスムードいっぱいのライトがきらきらとかそういうのもないんですよね!
断食は、カトリックでは金曜にはお肉じゃなくて、お魚っていうくらい簡単なんですが、ギリシャ正教のは、血の通ったものは食べない、つまりお肉、お魚、乳製品がだめっていうことです。でもシーフードはよいのです。司祭さんたちは、一年中、水曜と金曜はそのルールを守っていて、さらにギリシャ人が一番ないと耐えられないオリーブオイルも断食の40日間はカットするらしいです。オリーブオイルは一般人でも復活祭前の最後の週は我慢してカットしてたりします。若い人では全然断食しない人も結構いるんですけど、復活祭前は別です。
イスラムの場合は、極端ですよね?昼間は水さえ飲んではいけなくて、でも日没から夜明けまではまとめ食いしてる感じ?でも日が暮れてる間も、何でも食べていいというわけではないんですか?
2007-12-20 Thu 05:59 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
クリスマスですよねぇ。
今日はイギリス人の家庭を訪問して、久しぶりにクリスマスツリーにじーんときました。
子供たちに早めに贈ったプレゼント(来週帰省なので)はしっかりと父母の言いつけでツリーの元に置かれました、お預けです(笑)
断食の話、初めて知りました。
でもイスラムのそれと何か違いますよね、根本的に。
どうかよいクリスマスを!
2007-12-16 Sun 04:46 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。