ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 今年のパレード!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
今年のパレード!
2006-03-25 Sat 23:59
曇り
姪っ子と一緒にパレードを見に行って来た。今年は良く見える場所を見つけて、衣装もよく見えて面白かった。正装している、公式招待客の軍や警察の将校の人たちは、剣をさしていて、軍服の肩や胸に☆やらいろいろな印がついている。公式招待されている将校の方々義兄があれは何の位でどうとか詳しく説明してくれたけど、覚えられないー。ギリシャは徴兵制度があるので、男の人は皆そういうことも教えられているんだそう。パトラスでは農業省の大臣が出席していた。
パレードの楽隊私がパレードの写真を撮っていたら、姪っ子が、行進している生徒たちに、「みんなぁ、カメラに顔を向けなさーい!」なんて叫ぶから笑ってしまう。生徒たちの行進1  小さい子どもの行進もちろん人ごみで聞こえてはいない。小さい子のグループはひとつだけで、後は中学生以上が多かった。伝統衣装のグループと制服のグループがある。制服は、ギリシャも昔はあったので、古い映画を見ると出てくるけれど、今はこういう行事の時にしか着ない。伝統衣装を着た生徒たち2伝統衣装はどれがどこのものが、わからないけれど、色とりどりで見ごたえがあった。一つだけ、あれはケルキラ島の、と教えてもらった、花を頭に飾っている衣装が私の一番のお気に入り。ケルキラ島の伝統衣装を着た生徒たち    伝統衣装を着た生徒たち3


私たちは子連れだったので、途中でコーヒーを飲みに行って、最後まで見なかったけれど、この生徒たちのあとは、消防団や赤十字などいろいろなグループが車両とともに行進する。アテネでは、マシンガンを持った兵隊から、戦車まで行進するので、日本人には見たことのない光景!
パトラスも近くに軍専用の空港があるので、パレードの最中、空軍も隊を組んで空を通過した。

この日のお昼ごはんは、ギリシャ中で、バカリアロス(乾燥した塩漬けのタラを水につけて戻し、料理する:イタリアでもよく食べる!)のフライと決まっている。それに、うちでは2種類の小魚のフライと、ジャガイモとにんにくをつぶしてとろっとしている、スコルダリア(これも魚とのつけあわせで伝統料理)。

この3月25日は、1821年に、1453年からギリシャを征服していたトルコ(オスマン帝国)に反旗を翻した、大事な記念日で、多くの家々のベランダにも国旗が飾られている。しかも、キリスト教では、今日が聖母マリアにキリストの誕生を天使が伝えた日で祝日。前日の夜はたくさんの人が教会へ出かけた。



スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの伝統行事 | コメント:0 | top↑
<<夏時間と闘う | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラス道路事情>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。