ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 電気のない生活とは・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
電気のない生活とは・・・
2008-03-07 Fri 06:12
曇りのち晴れ

今日は朝10時から停電!ちょうど赤ちゃん用にお肉をゆで始めたところだったのでショックだった。ニュースによると、ストライキ中の電力会社がきっかり2時間ずつ地域ごとに停電させているというけれど、さらに明日からは停電の時間が長引く可能性もあるという。

イタリアでも田舎にいたから落雷などで少し停電ということはあったものの、こんなに頻繁に電気のない生活を強いられるのは、私の人生ではギリシャが初めて・・・。ギリシャに来てから、水がとまったことも、電話がとまったこともあって、何が原因で故障したのか、何の工事でいつとめないといけないのか、というような説明もいつもない。今回は少なくとも停電の理由はストライキで、明日はどの地域が停電するかニュースでも言ってくれるようなので、少しマシ!?

水がないのは、トイレも流せなくて一番困ったけれど、停電だってコンピュータもADSLのモデムが使えなくなるし、テレビもせっかく入れた衛星ももちろん見れない。電話もコードレスなどを普段使っているのが使えなくなるので、しまってある電源の要らないシンプルな電話機をまた取り付けた。

一番困るのが、ギリシャは大半が電気コンロと電気オーブンだから料理もできない。グリーク・コーヒー用の小さいガスボンベで小さい鍋を暖めるのが精一杯。

まだ天然ガスがアテネ・テッサロニキ以外では全く普及していないギリシャ。お湯も電気の給湯器のスイッチを入れてお湯がたまるまで出てこない。でも太陽熱のシステムを入れている家だけは、天気さえ良ければお湯は確保できる。うちも去年取り付けたので、今回は大助かり。


停電になると、突然完全な静寂が支配する。どの世帯でも騒音の元になっている、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エレベーターなどから、ドアのチャイムまでが一気にストップするわけだから、急にし~んとしてしまうのだ。
あまりにも静かなので、赤ちゃんのために明るい環境を作ろうと、昔イタリアで買ったシャワーラジオを居間へ持ってきた。このラジオ、買って以来なぜかシャワーではめったに使わず、停電の時いつも活躍している必需品。

ろうそくとラジオだけで過ごす電気のない生活は、どれだけ普段の生活で電力に頼ってるか、ということに気づかせてくれる瞬間でもあって、それはそれで悪くないのかも。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<カーニバルの天気予報! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | うちのマンションで火事!!!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。