ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 出航!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
出航!
2006-03-27 Mon 23:59
晴れ
パトラス旧市街とまだ雪の残る山々すっかり春になったらしいパトラス。イタリア、バリ行きの船は停泊場所がよく行くアンコーナ行きとは違う場所で、今まで見たことのないパトラスの景色を楽しめた。
乗客が少なかったので、天気が良くても、デッキにもあまり上がってくる人がいなくて、のんびり。日差しをあびて、ギリシャの青とエメラルドブルーを混ぜたような、パトラスの海の色が目にまぶしい。夕方6時に出航。魚市場、パトラスのシンボル:灯台と有名な聖アンドレアス教会パトラスからも天気がいいと見える、海を挟んで向かい側にミソロギという町がある。おいしい魚が捕れるので有名で、魚料理のタベルナがたくさん並んでいる。(近いのにいつも行く機会を逃してしまって、まだ行っていない。)そこを過ぎ、しばらくすると少し日が沈み始めた。この地域には、人の住んでなさそうな小島がたくさんあって、穏やかな海にぽっかり浮かんでいるように見えるのがかわいい。ミソロギを過ぎてからの無人島?
ケファロニア島を左手に進んでいるとき日の入りになった。ケファロニア島の日の入り少し寒くなってきて、キャビンへ戻る。バリ行きはイグメニッツァにも寄る。そのイグメニッツァの夜の明かりを半目を開けて少し窓から見たけれど、疲れていたのか、すぐ寝てしまった。スーパーファスト・フェリーのキャビン
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 旅行 | コメント:0 | top↑
<<イタリア、バリにて | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 夏時間と闘う>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。