ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary オリンピック聖火、儀式中のハプニング
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
オリンピック聖火、儀式中のハプニング
2008-03-24 Mon 23:31
曇り時々雨、強風、雷

朝のオリンピアは時間を繰り上げたおかげか、ちゃんと太陽も出ていて、無事に聖火も灯された。
国営チャンネルで、儀式の中継もされていたけれど、私は用事があって見なかった。

お昼に衛星放送でNHKのニュースを見ていたら、儀式の最中に、フランスに本拠を置く「国境なき記者団」のメンバーが飛び出してきて、手錠で五輪を描いた黒い旗を、中国代表の演説中にその後ろでかざすというハプニングがあったという。
中国では生中継されていた聖火の儀式が、ハプニングのあとストップして別の番組に切り替わったとも言っていた。

ギリシャではどう報道されるかと思って、お昼の国営チャンネルのニュースを見たら、儀式を丁寧に順を追って見せ、儀式最後の演説やカラマンリス首相の感想など細かく見せたにもかかわらず、この事件については全く報道しなかった。難しい中国との外交を考えて、こんなハプニングなどなかったことにしたいに違いないけれど、全く報道しないなんて、ちょっとびっくりしてしまった。



☆追記☆
夜のニュースでは、民放でも国営チャンネルでもちゃんと報道されていました。どちらかというと、世界中のニュースで、儀式の最中にチベット抗議活動があったということが、大きく取り上げられてしまって、そのこと自体がニュースになっている感じでしたが。

抗議活動は、そのあと聖火リレーの道中でもありました。警備がさらに強化されそうです。
夕方のパトラスは最悪の天気で強い雨と雷が激しかったのですが、聖火はパトラスを通って、リオ・アッディリオの橋を渡っていきました。ニュースでちらっと映ったのですが、橋の上を雨の中走っていた聖火リレー者は、なんとパトラス市長さんでした。
このあと7日間かけてアテネまでたどり着き、その後中国へ運ばれて世界各国へと聖火リレーが続きます。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:0 | top↑
<<ギリシャ独立記念日! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 明日オリンピアの遺跡で、聖火が灯される>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。