ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 海の上で過ごした復活祭
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
海の上で過ごした復活祭
2008-04-28 Mon 04:10
晴れ 時々曇り、夕方に少し雨

天気予報はパトラスに関しては大きく外れ!
この土日はギリシャ全土で雨に嵐、といわれてみな復活祭で恒例の羊の丸焼きなどをどうするのかなあと思っていたら、土曜は雨だったそうだけれど、復活祭当日の日曜日、パトラスは太陽も出てぽっかぽか。

実はまだ体調はイマイチだったけれど、金曜からまた船でイタリアのバリへ。復活祭前夜は初めて船の中で過ごすことになった。
今回はお義母さんも一緒。天気が崩れた金曜日。イタリアのバリへ向けて出発してすぐ、リオ・アッディリオの橋に虹が!イタリアはとっくに復活祭が終わっているので、お店も全部普通にやっているから、はりきって買い物もしてきた。でも朝は雨が降っていて、すっごく寒くてびっくり。やっぱりギリシャより随分寒いなあと実感。まず要らないだろうと思いつつ持ってきていた皮ジャンがなければ、風邪が悪化していたかもしれない。
といっても、昼に向けてどんどん天気がよくなってきて、太陽が出てからはすっかりあったかくなった。

お昼は前回現地の人から教えてもらった、ピザ屋さん。「フラテッリ・ディ・ブーファロ」という店で、平日はランチメニューが7ユーロ(プリモ、セコンドと前菜のセット)というお得なものもあって、超混む。でも土曜だったので、ゆったり座る席もすぐ見つかって、ベビーカーも邪魔にならず良かった。
地元の人に人気の、イタリア、バリのピッツェリア。お義母さんが食べられるよう、野菜中心の前菜を注文。
ちょっと問題があったのは、復活祭の前日ということ。お義母さんは残念ながら断食しているので、乳製品とお肉などは食べない。でもチーズのないピザが一つあったので、それと、野菜やきのこの前菜をお義母さんには頼んだ。私はシンプルなピザ、マルゲリータをだんなさんと半分ずつ食べて、「パッケリ」という、マカロニをものすごく太くしたような筒状のパスタを野菜たっぷりのトマトソース、チーズで合えたものを頼んだら、すっごく美味しかった。イタリア、バリのピッツェリアで。一緒に行った友人夫婦が頼んだパスタ2品。

そして何よりも、最後のデザートが、幸せ一杯になるくらい美味しくて感動!!
チーズケーキだったのだけれど、真っ白なチーズも、底に敷いてあったビスケットも、最高に美味しくて、ソースはチョコとフルーツの二つから選べる。私はもちろんチョコを頼んだ。
できればまるごと家にお持ち帰りしたいくらいの美味しさ・・・。また次回機会があれば絶対頼もうと思う。

そしてお出かけであまり眠れなかったうちの赤ちゃんは6時過ぎから夜8時半までキャビンでぐっすり。そのおかげで、夜中に復活祭を一緒にお祝いできて嬉しかったけれど、生まれて初めてというほどの夜更かしに。

             ○○○○○○○○○○○○○
船の中での復活祭はとても楽しかった。ちゃんと夜11時半あたりから、船の中でも教会のミサの中継が流れる。ちょうどうちの赤ちゃんがミルクを欲しがったので、授乳でキャビンへ向かったのだけれど、ちゃんとエレベータの中でも司祭さんの歌うようなミサの声が聞こえてきて、なんだかエレベータと教会が結びつかなくて可笑しかった。
第一、イタリア人や他の外国人の乗客で、ギリシャの復活祭を知らない人たちは、夜中にいったい何が始まったのかとびっくりしているだろうと思うと笑える。

授乳を終えて急いで戻ると、もう一斉に船員やお客さんのギリシャ人が集まっていた。電気を消して暗くした中、皆に配られたろうそくに火が灯されて、ミサを聞く。そしてとうとう夜中の12時!
「フロニャ ポッラ!(「おめでとう!」の意味)」「クリストス アネスティ!(「キリストが復活したぞ」という意味で、復活祭の挨拶の決まり文句)」とみなで挨拶。

うちの赤ちゃんは夜中の12時だからもちろん眠くなってきていたのに、大勢の人がわいわい集まってお祝いムードなので、何事か!?という感じで目を見開いて、キョロキョロ。

ギリシャでは、キリストの復活(「アナスタシ」とギリシャ語で呼ばれています。)をお祝いする、復活祭はこうして夜中の12時に始まる。船上でお祝いした復活祭。夜中にこんなご馳走が並びました。レストランでは全てのテーブルが準備万端!この日はフリーで復活祭のごちそうがふるまわれるので、みな好きな場所で席につき、「マギリッツァ」(羊の臓物のスープ)、子羊のお肉やオーブンで焼かれたポテト、赤や青に色づけされたゆで卵、サラダなどに、白ワインなどが運ばれてきた。

お昼以降何も食べていなかったので、たっぷり食べてしまったけれど、どれも美味しくて大満足!


             ○○○○○○○○○○○○○
旅の終わり。パトラス港へ到着!
船は今日日曜のお昼にパトラスに到着。復活祭当日。パトラスに戻ってきたら、雨の予報は外れて、結構天気がよくてびっくり。その後は車で1時間ほどの、お義母さんの田舎(オリンピアのちょっと先にあります。)まで行ってきた。叔母さんの田舎の別荘に、いとこたちが集まっていて、そこでもちろんまた羊のお肉や「ココレッツィ」(羊のレバーなどを腸で巻いた料理で、レバーの苦手な私は食べられないのですが・・・)などのご馳走を食べた。

そして私は、復活祭用にケーキを作るよう、お義母さんに卵をたっぷり渡されているので、明日はケーキ作り。明日のお昼はお義母さんが羊肉を料理することになっていて、まだまだご馳走が続く・・・。復活祭はダイエットの大敵。この一週間が過ぎたら、しっかりとダイエットをスタートする予定(笑)。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<ギリシャのアリ、恐るべし | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 復活祭に向けて その2>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。