ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギフティとツィガーニ:ギリシャのジプシー
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギフティとツィガーニ:ギリシャのジプシー
2006-04-01 Sat 23:59
快晴
ギリシャでは一人でカフェに行けないっていう話を、今日友達のブログに書いていて、よく考えてみた。日本のように本を読んだり、勉強したりできないという意味なんだけれど、まず、一人でいるとナンパされる可能性大。モロッコ人が海賊版CDを売りに来る。これは毎回。そして外の席に座っていると、ジプシーの子供達がティッシューを売りやってくる。そういえば、夏の夜、タベルナでの屋外の席での夕食では、子どもや大人が楽器を鳴らして、やってくる。あれはまだ風情があっていいんだけれど。

子どもが来たとき断るのが私はとても苦手。子供にお金をあげると背後にいる誰か大人が手をひいていて、さらに子供を使うようになるので、何も子どもにあげないようにしましょうというようなコマーシャルを昨年テレビで見たこともある。どうするべきなのか?ギリシャ人はその時の気分しだい。あげるときもあれば、だめだめっと追い払うこともある。

ギリシャ人は生まれたときから、ジプシーがいることが当たり前で育っているけれど、日本人には理解が難しい、この存在の仕方。ギリシャではジプシーは皆ギリシャ人としての身分証明書を持っている。そしてギフティ(複数形、男性単数ではギフトス)と呼ばれる場合と、ツィガーニ(複数形、男性単数ではツィガーノス)と呼ばれる場合がある。

共通語で使われていたりもするけれど、話に聞くと、ツィガーニはきれい好きで、大抵、ちゃんと学校にも通い、お金儲けも上手で大きな邸宅を建てるお金持ちもたくさんいるとか。それに、歌が上手なので有名で、有名な歌手も何人かいる。

一般にギフティというのは、ギリシャ人が、服装がひどいことを意味する形容詞にも使うくらい、うす汚れたイメージ。子どもを学校に行かせないし、もらったお金や、鉄くずを集めて稼いだりしている。

家をもてないジプシーたちが住む場所は市ごとに決められている。パトラスでも一箇所、定められた土地があって、そこに小屋のようなものを建ててまとまって住んでいる。彼らはギリシャ語もしゃべるけれど、普段は彼らの言語で話しているらしい。結婚の習慣も違って子どものような未成年で結婚したりする。女の子は絶対にズボンをはかない。ミニスカートもはかない。揃ってロングのカラフルなスカートか布をまいたようなものを着ていて、そういう独自の習慣をずっと守っている。

でも投票をする権利もギリシャ国民なので当然ある。男性は徴兵にもいく。国民の権利が保障されていて、どうして子どもを学校に送って、生活の向上を夢見ないのか不思議。昨日パトラスのローカルテレビニュースで、そのジプシーの一人が、銀行ローンを組めないから家を購入できないと文句を言っていた。でもそれは一定収入か担保がないと無理に決まっている。

そして、ギリシャではたくさんジプシーの子供達が働いている。ティッシューなどを売り歩いている。ジプシーの女の人は生まれた赤ちゃんを抱いて(利用して)、道路に座ってお金をもらおうとする。ジプシーだけでなく、ギリシャ人でも、子供に対して、子供の権利があるというような、先進国の考え方がまだ完全に行き渡っていない。みな貧しければ中学生からでも働くから、夜間学校がたくさんある。テレビでは、夜12時からオープンするブズーキャで歌っていた歌手(男性)が、離婚していて子どもを預けられないからといって、夜中子どもと一緒にステージに出ているなんて話をしていたこともある。

うちに台所のシンクのつまりを直しにきた水道工事のおじさんは、子供(小学校高学年くらいに見えた)をただ連れてきただけでなく、工具はもたせるわ、仕事は手伝わせるわで、私はびっくりして、腹がたったんだけれど、ギリシャ人は、家業を継ぐために子供も仕事を覚えて偉いという考え方。ただ覚えるならともかく、工具なんかの荷物もちにも使うなんて!という私の怒りがわかってもらえなかった。

でもその時、笑ってしまうけれど、なぜかドラえもんのジャイアンが家の商売の八百屋を手伝っていたのが頭に浮かんで、日本でも昔は当たり前だったのかもしれないなあと思い直した。


スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの習慣 | コメント:0 | top↑
<<ギリシャ人=イタリア人の法則 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 断食?アップルパイ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。