ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ザキントス島 感動の「ナヴァーギオ」
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ザキントス島 感動の「ナヴァーギオ」
2008-08-28 Thu 22:08
ザキントス島に実際いってみるまで、ず~っと写真を見て憧れていた場所がある。
その名は「ナヴァーギオ」。
船の遭難、難破の意味なのだけれど、その通り、目にまぶしい白い砂浜の真ん中に、半分埋もれた難破船が残っている。

ここはビーチとして、泳ぐことができるけれど、たどりつくには海路しかない。ボート・ツアーでいくか、自前のヨットやクルーザーで行くか・・・。ザキントス島のナヴァーギオ・ビーチを上から見下ろしたところ。

今回の私の旅は子連れなので、ボートはちょっと心配で、ボートでしかいけないところは、全てカット。
でもこの「ナヴァーギオ」を陸上から見下ろせる場所がある、というので、ある日の午後、お義母さんがお昼ねをしている間に、車で出かけてきた。ケリからはずっと山道で、ところどころに古くて感じのよい伝統的な山村がある。山火事で数日前に焼けたという山の焼け跡にも遭遇した。

ちょっと迷ってしまった。というのも、この目的地への看板をわざとつけないで、別の方向へ観光客を呼ぼうとする輩がいる(地元の人の話)そうで、その方向へ行ってしまうと、散々カーブのある山道を行った後、海際のボートツアーの出発地へ下りる羽目になってしまう。
といっても、なんとか日が沈む前にしっかりと見ることができた。

鉄の柵と台が、観光客のために設置されていて、この「ナヴァーギオ」の絶景を見下ろせるようになっている。すごい高さでがけっぶちなので、高所恐怖症だと足がすくむはず。崖から張り出した鉄の台から、左手にナヴァーギオ、右手もこのように絶壁のがけっぷち・・・。

初めて見てからの感想は、ちょっと言葉では表せない。
夕方だから、写真で見るような美しい色ではないかもしれないと心配していたのも無用で、あまりにも完璧で、素晴らしい色合いに、見とれてしてしまった。他はギリシャ人とイタリア人が数人いたけれど、みな様々に感動を口にしていて、みな日が沈むまで海を見つめていた。

スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<ザキントス島 ウミガメ「カレッタ・カレッタ」に会いに!? | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ザキントス島 「ラガナス」編>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。