ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 行方不明だった女の子の話
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
行方不明だった女の子の話
2008-09-13 Sat 07:07
この数日ニュースになっていて、とても気になるのが、シチリアで行方不明になっていた女の子の話。

4歳のときから、行方がわからなくなっていた。
ところが、あるイタリア人観光客が、ギリシャのコス島の広場でブレスレットを売っていた女の子がイタリア語をしゃべるので印象に残っていて、その後イタリアへ帰国してから、行方不明者の女の子の写真にそっくりだと気づいたという次第。
イタリアの警察から、インターポールを介して、ギリシャでは今DNA鑑定が行われている。

その女の子の母と称するアルバニア人の女性は、不法滞在者。そして彼女はイタリア語がまったく話せないのに、その女の子は話せるというし、現在は8歳であるはずの女の子と顔もとても似ているというので、とても確立が高いそう。あとはDNA鑑定の結果を待つのみ。

イタリアにもあったけれど、ギリシャでも行方不明者を探してくれたり、警察には自殺と片付けられたけれど、他殺ではないか、と疑う家族に捜査を手伝ってあげたりするテレビ番組がずっと続いていて、すごく役に立っている。ギリシャでは大人はもちろん、子供が行方不明になる事件が結構頻繁にある。それも一番怖いのは、子供の臓器を売るマフィアのような存在があるということ。

自発的に行方をくらませる人ももちろんいる。それもヨーロッパ内の移動にパスポートが要らなくなって、入国・出国チェックがなくなってから、国外に簡単に出られるから、探し出すのは難しくなっている。少なくとも、ギリシャーイタリア間のフェリーでは名前のリストが残っているけれど、その後の移動の足取りをつかむのなんてとても難しい。

子供に関しては、ギリシャ、キプロスで一番活躍しているのは、「ハモイェロ・トゥー・ペディウー」というボランティア団体。これは以前に書いたかもしれないけれど、ギリシャでは有名な団体で、ある病気で亡くなった10歳の男の子アンドレアス君が日記に、こういう団体を作ろうと書き残したのが始まり。とてもたったの10歳の子が書いたとは思えない、その日記には、全ての子供たちが笑顔で生きる権利を持っている・・・というようなことが書かれている。(アンドレアス君のギリシャ語の手書きの日記を読んでみたい方は、ハモイェロ・トゥー・ペディウーの次のページへ。コチラです。)この男の子のお父さんが中心となって、路上の子供、行方不明の子供、子供への精神的なサポート、などいろいろな方面で活躍している。
この団体のホームページには、最近行方不明になった赤ちゃんから、長年見つかっていない子供たちまでたくさんの写真が載っていて、子供のいる身としてはぞっとしてしまう。

せめて今回の女の子が本当に行方不明者で、真の両親と再会できればいいなあと願わずにはいられない。


★★★
追記
DNA鑑定の結果が出ました。
残念ながらコス島の女の子は行方不明のイタリア人の女の子ではなかったということです。
それでも、なぜこの子はイタリア語をしゃべれるのか謎ですが、観光客から覚えたということでしょうか・・・?
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
<<定年退職後はギリシャへ・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャで殺人事件?>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
yukiさん、すっかりお返事が遅れてしまって申し訳ありません・・・。
最近日本でも物騒な事件が多くて、とても残念に思います。私が子供のころは、自由に子供たちで外で遊べたんですけれどね~。
結局今回の女の子は行方不明の子供とはマッチしませんでしたが、生きていて、いつか両親と再会できるといいなあと願わざるを得ません。子供とこういう形で引き離されてしまう親がいると思うと本当に心が痛みます。
2008-10-13 Mon 23:37 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
ドキドキしながら読ませて頂きました。
結構誘拐事件って多いのですね。
一人でのほほんと旅行したことが有ったので今ちょっと
ビビッています。そうですよね・・・・大人でも誘拐される
事が有る事をもっと私たちは知っておく必要があるかも。
旅行心を掻き立てる雑誌にはそんな事は書いてなく、
綺麗な写真やわくわくする情報ばかり。
いい事も悪い事も知って行くのと、知らないで行くのと
では心構えも違いますものね・・・・。
日本人って時計やデジカメを普通に見せながら歩いている
ので、狙われやすいかもしれないのに、先進国だからって
ちょっと油断しすぎていたかも。

子供が居なくなった両親の事を思うと本当に胸が痛みますね。
一日も早く戻れますように・・・。
そう考えるとパスポートコントロールはやはり狭いエリアでの
取り締まりはとても有益なものだったといえますよね。
EU統合前はイタリアの子供がイタリア以外に連れ出される
可能性はほとんど無かったという事ですものね。

それにしてもそちらのテレビ番組は国民の為にありますよね。
日本でもそういう人の為になる番組が増えれば良いのですが、
あまりにもおちゃらけ&為にならない物が増えてしまって
最近はテレビはほとんど見ないです。
2008-09-13 Sat 21:29 | URL | yuki #/jP0RtbA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。