ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 定年退職後はギリシャへ・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
定年退職後はギリシャへ・・・
2008-09-15 Mon 01:44
私がイタリアに住んでいたころは、トスカーナが外国人にブームになって、歌手のスティングが私の住んでいた地域に家を買ったし、アメリカやヨーロッパの有名人が別荘を買う話をよく聞いた。

そして、安くて(まだリラの時代だったし、今よりだいぶ安かったと思います。)太陽が一杯のトスカーナに憧れるドイツ人がこれまたとっても多くて、過疎化して、ほぼ誰も住んでいない小さな村ごとドイツ人が買ってしまった・・・などということもあった。

それを思い出させたのが、今日新聞で見た記事。
アテネ・オリンピック後、ギリシャに別荘だけでなく、住む家を買おうとする年金生活の外国人が多いという話。

有名なお金持ちのロシア人がギリシャに邸宅を買っただけでなく、島ごと買おうとしている、などという話もあるけれど、もともとバカンスに頻繁にやってくる、ドイツ人、イギリス人、ロシア人が、ギリシャに家を買う顧客のトップ。

クレタ島のレシムノでは、過疎が進む場所にイギリス人、ノルウェー人がほぼ自分たちの村のようなものまで作っているという。
同じくクレタ島のハニアにあるアニドリ村では95パーセントもの住人がドイツ人!同じハニアのスパニアコス村では不動産を買った外国人たちは、古いギリシャの建物を修復して、ギリシャの伝統を守った作りの家を建てているという。ギリシャに家を購入したいヨーロッパ人たちは、古い伝統的な家を買いたい人々が多くて、ちゃんとギリシャらしい景観を維持されるのは良いことだと思う。

そしてイオニア諸島(コルフ島、ザキントス島、ケファロニア島など)、ペロポンネソス半島のマニ周辺などでも、不動産を購入する顧客の大半が外国人。

こういった傾向は、特に2004年のオリンピック後で、現在は別荘としてでなく、定住する家を探している北ヨーロッパ人が多い。
本来、ギリシャに家を買うという動きは、1960年代から70年代にかけて、ドイツ人が別荘を建て始めたのが最初。クレタ島には、一番大きなドイツ人の墓所があるという。

現在では、クレタ島のハニア、エルンダ、レシムノなどが、とっても値段の高いエーゲ海の島々と並んで人気がある。サントリーニで見かけた、風車の形に作られた別荘。高台で海を眺める場所で、このように新築で建て売りしている家があちこちにありました。
イオニア諸島は、イギリス人、イタリア人、オランダ人、スカンジナビア人に人気がある。
最近になって、人気が高まりつつあるのは、ペロポンネソス半島のマニ、ラコニアの村々など。これはドイツ人、スカンジナビア人が好む地域。
ハルキディキはロシア人に人気。


さて、とっても値段の高いエーゲ海の島々。
一体いくらするのかというと、一番高いのがミコノス、サントリーニで、別荘が1平米あたり3,000~5,000ユーロもする。
これが、一軒家となるとさらにすごくて、1平米あたり8,000ユーロ

写真①サントリーニ島のイアにて。有名なイアの夕日が真ん前に見える場所です。この写真の右端に、恐らく地震以降そのままになっていたらしい、壁の崩れた石だけの土地が・・・。これはイアの西端。夕日を見るのに絶好の地域ですが、この右手の壁の崩れた場所はなんとFOR SALEとなっていました。
写真②その崩れた場所から海を見下ろして・・・。ここに家を建てたら、こういう景色が毎日見えるはず、というわけです。この崩れたところが、土地の売られている場所。ここに家を建てたら、窓から絶景(イアの夕日)が毎日見えるというわけです。きっと恐ろしい値段がするので、買い手もなかなか見つからないのでしょうか・・・


少しマシなのは、シロス島で、別荘は1平米あたり3,000ユーロが相場。
コルフ島では新築が1平米2,500ユーロから3,500ユーロの間。
ジア島では、1平米あたり1,800ユーロから2,500ユーロ。


でもお金があれば買えるというわけでもないのがギリシャ。
といのも、ギリシャには不動産購入にあたって、大きな難関がある。

それは有名な「グラフィオクラティア」!!
ギリシャでは何をするにも書類手続きが非常に面倒で、手続きにものすごく手間がかかることをこのように呼んでいる。
これが原因で、ギリシャに不動産を買う外国人でも、特にヨーロッパ共同体外の外国人は、第3者を介したりしないと、まず購入できないという話。

それもあって、スペイン、イタリア、ポルトガルなどに比べると、ギリシャに外国人が別荘を買う率はとても少ないという。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:3 | top↑
<<ギリシャの飲料水 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 行方不明だった女の子の話>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Good evening
はじめまして、、。

「定年後、ギリシャで暮らす」、、僕の夢でした(単なる夢)。やっぱり日本がいいです。
クレタ、行ったことあります。なんか外国人に占領されそうですね。ギリシャの歴史って占領の歴史ですよね。
でもギリシャ風の景観を損なわないで修復、、マア、許せますか。
それから外国人、国によって好む場所が違うなんて面白いですね。
ミコノス、サントリーニのホテル代、高いのもうなずけます。でも外国人が別荘、買うのに「大きな難関」、、これは逆の意味でギリシャのいいところですね。
2008-10-28 Tue 21:50 | URL | バカ猫 #e//lL702[ 内容変更]
Hello!
まきさん、こんにちは!
やっぱりトルコも同じ状況ですね。
ほんとうに北ヨーロッパ人は、太陽と海を求めて、みな南下してきたがるんですねー。
暑いのが苦手な私としては、海は好きですが、緑一杯の北ヨーロッパはうらやましいんですけどね。経済面の事情もあるんでしょうが、南ヨーロッパ人が北ヨーロッパに別荘を買いたがる、なんてあり得ないんでしょうかね~?
2008-10-13 Mon 23:42 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
そちらの観光もなかなか素敵な場所、さすがバカンスのメッカという感じがしました。
しかし、その有名な成金ロシア人は先々月トルコでたくさん買い物していきましたよ(呆)
こういった場所は地価がどんどんうなぎ上りで庶民には手の届かないものになりましたねぇ。
トルコにも定年退職外国人の移民が増えてまして、昔は資金源とかで売りさばいていたトルコの業者も国土が外国人に攻められるような危機感からかこのところは控えめになったようですが(笑)
2008-09-16 Tue 22:32 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。