ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary やっぱりギリシャ・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
やっぱりギリシャ・・・
2008-10-22 Wed 05:09
晴れつづく。20度前後で日中気持ちよい天気。今日、いろいろなストライキがギリシャ全土で実行されて、一日中テレビのニュースも休み。ほとんどの学校や大学の授業が休みだった。


うちのだんなさんのいとこの一人は、パトラスの国立病院の一つ、聖アンドレアス病院で働いている。この病院はメインの建物が春の大きな地震で大きなひびなどが入り、今もほとんどが別の建物や、リオの大学病院のほうで機能している。

昨日そのいとこに会ったとき話していたのが、ちょっとあきれるけれど、ああギリシャだなあ・・・と思ってしまう話。
地震の被害のあと、この聖アンドレアス病院の修理のために国の予算もちゃんと組まれた。ものすごく古いけれど、なんといってもパトラスではリオのパトラス大学病院と並ぶ2大総合病院の一つなので、早く修理が終わらないと困る。
そして最近やっとペンキの塗り替えも終わった。
ところが、ここまでですでに相当な出費だったにもかかわらず、なぜか、その塗り替えが終わってから、また今のままでは危険で、この建物は利用できない、ということになったという。
耐震構造のためには補強が必要で、その案としては、建物全体をすっかり包む形で鉄筋の柱を立ててコンクリートで固めるというものがあるらしい。

★★★★★
実は最近になってからも、あの地震の爪跡はパトラス中心部のいろいろな建物で目にする。先日ショーで行ったアステル・ホテルも、パトラスでは一番大きいホテルの一つ。表はきれいだけれど、バックステージで利用した裏側はひどい亀裂がたくさんあって、みなちょっと不安がっていた。
いつもいく小児科のお医者さんのところも、とっても浅い亀裂で心配はしていないけれど、とにかく壁にいくつかひびが入っている。古い建物が多い中心部では、ひびが入らなかった建物のほうが少ないのかもしれない。
パトラスの中心にあるヨルギウー広場に面する劇場は、歴史もあって、パトラスの大事な建築物の一つだけれど、地震による被害が深刻で利用できなくなっていてとても残念。
★★★★★



話は変わって、ああギリシャだなあ・・・という話をもう一つ。
お義母さんは、IKAというギリシャでは一番大きな規模の厚生年金保険のようなものを利用している。
毎月いろいろなお医者さんのお世話になっているお義母さんを車で連れて行ったことが何度かあるので、その実態は良く知っている。

このIKAにくるお医者さんは、他にクリニックを持っていたり、病院で働いていて、週に決まった時間だけやってくる仕組み。
でも全然時間通りに来ないで、大半がお年寄りで廊下で待ちくたびれたころに、平然とあやまりもせず遅刻してくる医者が幾人もいて、腹立たしいこと極まりない。
そして、予約はずっと一杯で、予約を入れてから大体一ヶ月以降にしか空いている日はない。だからすぐ必要なときは、やっぱり待ってる人が一杯で有料(午前中なら保険が利いてすごく安いけれど、午後はお医者さんのクリニックに行くのと同じ感覚で、相当な金額が必要。)の病院へ行かないといけない。もしくは普通にクリニックへ有料で診療を受けに行くことになる。

この予約。実は今日のように公務員関係のストライキがあると、その日予約が入っていたものは全部自動でキャンセルされてしまう。そして、新たな予約はまたし直して約一ヵ月後・・・。すごく気長な人でないとイライラしてしまうのは、おわかりの通り。

今回はさらに新しいケースに遭遇して、またまたあきれてしまった。
お義母さんはあるお医者さんに予約を入れていて、その診療日は明日だった。
ところが昨日の朝、IKAから電話がかかってきた。その予約センターの女の子がいうには、「○○先生は定年退職されるので、あさっての予約はキャンセルになります。」とのこと。
その話をお義母さんから聞いて、私は笑ってしまった。だって、定年退職が決まっている医者の予約をずっと入れ続けていたIKAも信じられないし、予約日の二日前に定年退職するので・・・と言ってくること自体が「何それ~!!!」という感じ。

そんなこんなで、丸5年が経過した私のギリシャ生活でも、まだまだびっくりさせられる話につきない今日この頃。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<きりがない?密航を狙う亡命者たち | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | デマか?中国のミルクはギリシャにも?>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-26 Sun 02:47 | | #[ 内容変更]
Hello!
あぁギリシャ(ノДT)アゥゥ
やってくれますねぇ!
も~引越し、めちゃ不安です(≧д≦)

2008-10-26 Sun 02:31 | URL | cosdina #-[ 内容変更]
はじめまして
こんにちは、ちょくちょく見に来てます。これからも遊びにきます。
2008-10-23 Thu 22:06 | URL | はな #-[ 内容変更]
Hello!
今朝4時ごろ、こちらでも近郊でM3.6程度の地震があったようです、もう頻繁なんで熟睡してるんですが、同僚が先ほど教えてくれたんですよね。怖いです、特に早朝と深夜の不意打ちのような地震は。ギリシャと同じく建造物の耐震基準があってないような国ですから、本当に何かあったときは「運」しか頼ることができません。
どこの国にもいい加減の度合いがあると思うんですけど、ギリシャもトルコもイタリアも、何かしら類似点を感じるのは私だけでしょうか(笑)トルコはそれでも「あぁ、欧州に加入してないし」ということで逃げ口上はありますけどね、ここ最近ですよ、IDがカード化されたの(笑)今までは15x10cmの大きさでラミネートされたぼろぼろの紙切れだったんですけどね、一生使うものの価値が分かってないっていうか(呆)
2008-10-22 Wed 15:42 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。