ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 聖アンドレアスの祝日パレード
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
聖アンドレアスの祝日パレード
2008-12-01 Mon 08:42
天気にも恵まれた、この日(11月30日)、やっぱりギリシャ各地から観光バスもたくさんやってきてすごい人だった。聖アンドレアス教会 外観
いつもはちょっとずれた時間に教会にいくのだけれど、寒くもなかったので、子連れで行ったら、ものすごく規模の大きい教会にもかかわらず、後ろまで人で一杯!ろうそくに火をともすだけに、入り口の外に行列ができていて、ゆっくりしか進めない。ちょっと日本の初詣のよう?ミサが終わり、教会の鐘が鳴り響く中、聖アンドレアスの頭蓋骨が担ぎ出されます
聖アンドレアスはキリストの12使徒の一人で、聖パウロの兄弟でもあって、カトリック教などにも共通する有名な聖人。その聖アンドレアスは、パトラで殉教して、殉教した場所に教会が建てられている。
古い教会と数年前にモザイクの飾りつけが終わった、大きな教会があり、そこには、聖アンドレアスが磔になったエックス字型の、木製の十字架の破片と、聖アンドレアスの頭蓋骨が保存されているのがとても印象的。軍用の車に乗せられ、海兵に守られながら進む、聖アンドレアスの頭蓋骨は、細かい装飾のほどこされた銀の容器に保存されています。
アテネのギリシャ正教大主教がミサを行い、そのあとはパレード。そのパレードには、毎年聖アンドレアスの頭蓋骨とイコンが担がれて、パトラの町を一周する。パレードで、通りを埋め尽くした人々に、挨拶するアテネのギリシャ正教大主教。そしていかにもボディガードという感じのいかつい顔つきの<br />面々・・・

出店もたくさん出るのも楽しみだけれど、教会で子連れですごい列を待っていたものだから、そこまでいく体力がなくなってしまい、残念だった。

今回は日曜と重なってしまったこの祝日。ギリシャには振り替え休日というものがないので、休みは特になかったようなものだけれど、パトラの守護聖人として、この日はパトラだけ、学校もお店も閉まるのが普通。そして、食事は魚。バカレオスのフライと、スコルダリアと決まっていて、いつものように、お義母さんのところで家族集まって食事して過ごした。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:0 | top↑
<<クリスマスも近いのに、すごい暖冬のギリシャ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 聖アンドレアスの祝日>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。