ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャへの旅行について
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャへの旅行について
2008-12-15 Mon 21:17
ちょっと忙しくてブログの更新ができないでいたのですが、最近この年末年始、ギリシャへ旅行を計画している方々かた問い合わせがありますので、在ギリシャ日本大使館が、ギリシャ在住の日本人へ送ってくださっている情報を引用させていただきたいと思います。

以下12月11日にメールでいただいた最新情報です。

1.警察官の銃撃により少年が死亡した事件に端を発した暴動は、依然としてアテネ中心部及びテッサロニキなど主要都市で引き続き発生しております。
一方、11日には、アテネ市内・郊外の各地において、中・高校生による集会、デモが行われるとともに、ハランドリ警察署に対しては投石が行われるといった騒ぎが発生いたしました。
この騒ぎは、同日昼過ぎには収まりましたが、今後も学生達による集会、デモは以下のとおり予定されておりますので十分にご注意下さい。

・11日18時:学生達がアテネ大学本部に集結し、シンタグマ方面へデモ行進
・12日12時:学生及び教師、教授がアテネ大学本部において集会
・15日12時:中学・高校生がアレクサンドロス通りのアッティカ警察本部に集結
・18日   :概要は不明ながら、アテネ中心部で大規模な集会が開催される

2.また報道によれば、アテネ市内の公立の中・高校及びアテネ工科大学、アテネ大学などにおいて、学生達による学校占拠が行われると伝えております。

3.つきましては、以下の点にご注意下さい。
(1)暴動が発生している場所、大勢で騒いでいる場所には絶対に近づかない。
(2)通常のデモであっても、過激なグループが紛れ込むことが大いに考えられますので、集会やデモ隊には興味本位で近づかない。
(3)警察署などギリシャ治安当局や政府関係機関、各国大使館や銀行などへの訪問をできる限り控える。
(4)車両を安易に路上駐車しない。
(5)できる限り情報収集に努め、デマや噂に惑わされることのないよう注意する。

在ギリシャ日本国大使館(以上)  



覆面の集団による暴動は収まっていますが、被害の大きかったアテネ中心部のショッピング街では、開いているお店も客足が大幅に落ちていて、クリスマス前の稼ぎ時であった商店側としては大きな痛手になっているそうです。政府は商店の修復や、店員の給料、クリスマス・ボーナスなどに補助金を出すことを発表しています。
アテネ市では数日中にまたクリスマスツリーも新しく飾り、楽隊が演奏したりしてクリスマスの雰囲気を盛り上げようとがんばっているようです。
現在の時点では旅行自体に問題が生じるようなことはないと思われますが、引用した上記の点にくれぐれも注意してください。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
<<クリスマスのパトラスより | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャの暴動、4日目でさらに事態は悪化>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-12-26 Fri 00:30 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。