ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 不法移民たち、その後
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
不法移民たち、その後
2009-02-24 Tue 20:28
相変わらず寒い。夕方から夜にかけて5℃前後。
今週末のカーニバルから月曜のカサラ・デフテラにかけて、3日間の天気予報はギリシャ全般に晴れとのこと。


以前にも書いた、イタリアへ出航したいがためにパトラス港周辺に集まっている不法移民たち。
アフガン人、パキスタン人、クルド人が多いそうだけれど、最近は黒人も少しいて、去年からその数が膨れ上がっている。

ほとんどは空き地にダンボールでバラックを作って生活しているのだけれど、実は今年に入ってまもないころ、そこで大きな火事があり、半分ほどが焼けてしまった。
それまでは、買い物したり、自国に電話をかけたり、最低限のお金はあるようだったのだけれど、突然着る服さえないような状況になってしまった人々が出てしまったという。
最近、私が行く大きなスーパーなどでも必ず駐車場に数人いるようになって、時々お金をあげたりしているのだけれど、大体みな控えめで、アグレッシブな人はいない。
でも同時に、無理やり出航をしようとして、港の係員にナイフをかざしたりする者まで出始めている。

そして、一番被害を被っているのは、輸送トラックの運転手たち。パトラス市内に入ったあたりから港までの路上でトラックがスピードをゆるめそうな場所、信号やカーブ、ガソリンスタンドにもたくさん待ち伏せていて、乗り込もうとするので、先日はガソリンスタンドでもけが人が出る事件があった。

こういう事態の改善に、今まで政府は手を貸していない状態で、先週後半からパトラス港ではトラックの運転手たちが一斉にストライキ。港の中はトラックで埋め尽くされている。
イタリア行きのフェリーも突然仕事が減ってしまったので、昨日などは一隻だけがイタリアへ向けて出航し、他のフェリーは全て出航をキャンセル。今日戻ってくる船と合わせて大量の船が港周辺に停泊している状態。

一応、不法移民者たちが最低限暮らせるようにする施設を建設するという計画はあって、パトラス市外に土地も用意しているようなのだけれど、いつ、そして実際に出来上がるのかはわからない。

火事のあとに、最近の一番の冷え込みが来てしまったから、かわいそうなのだけれど、そんな移民たちもカーニバルのパレードなどギリシャのお祭りは見に来ていて楽しんでいる様子。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:0 | top↑
<<NHKでパトラス・カーニバル生中継!  | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 2009年パトラス・カーニバルのサイト>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。