ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary フォト・アルバム パトラス・カーニバル
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
フォト・アルバム パトラス・カーニバル
2009-03-09 Mon 03:51
2009年パトラス・カーニバルの主な山車
今年のカーニバルの王様。毎年恒例で、同日夜の閉会式で、パトラス港の海上で燃やされてしまうので、カーにバル最終日が本当の見納め。カーニバルの象徴である王様を燃やすことで、これまでの羽目をはずしたお祭り騒ぎから心を浄化して、翌日のカサラ・デフテラ(聖灰月曜日)を迎える、という意味がある。
armata2009forblog1.jpg
今年一番話題となった、2008年の政治スキャンダルがテーマなのは、こちら。聖職者を風刺することに教会が反対して、裁判にまでなった後、結局出ることに決まった山車。
簡単にいうと、ギリシャ正教の聖地アイオン・オロスにある大きな修道院とギリシャの現政権ネア・ディモクラティアの大臣たちの間で国有地とアイオン・オロスの土地にからむ不動産取引を行ってそれぞれに莫大な利益を得ていたというスキャンダル。これで、当時現職だった大臣たちが次々と退任して、現政党の支持率を大きく下げる原因にもなった。ギリシャでは政教が分離していないので、政治と教会のつながりが大きい、というのも問題のひとつ。
山車のデザインでちょっと面白いのは、お金の山のテーブルから垂れ下がるメニュー。例えばメニューの一つ目は「フィレット・ハルキディキス」と書いてある。ギリシャで一番”美味しい”土地のことを俗語で「フィレット」(=ギリシャ語で「ヒレ肉」のこと)というのにひっかけて、ハルキディキ半島(注:ここにアイオン・オロスがある。)のヒレ肉、と書いてある。
armata2009forblog2.jpg

次は昨年末に日本でもニュースになった、ギリシャ暴動の原因がテーマ。15歳の少年が誤って警官に撃たれなくなった事件を批判して、警察の機動隊に少女が花を差し出す、というシーンの山車。
armata2009forblog3.jpg

こちらは、悪名高いアテネ・パトラス間の道路のひどさを皮肉ったもの。
狭くてボコボコのくせに、料金だけは高くてギロチンもの、と言いたいそう。
armata2009forblog4.jpg

「宴会」というようなタイトルのこの山車。また昨年の政治を風刺したもので、スキャンダルで次々と辞任していった大臣や政治家たちがスパゲッティの皿に乗っている。その後ろで、お皿を平らげようとするカラマンリス首相が座っている、というもの。
armata2009forblog6.jpg
armata2009forblog5.jpg


子供たちのためのカーニバル・パレード
パトラスの子供たちとその親たちなど合わせて1万人ほどが参加するパレードで、毎年カーニバル期間中に行われる。
childeren carnival1forblog
childeren carnival2forblog
childeren carnival3forblog
childeren carnival4forblog
childeren carnival5forblog
childeren carnival6forblog

ナイト・パレード カーニバル最終日の前夜に行われ、その年のパトラス市製作の山車とパレード参加グループたちが初めて公式に登場する。夜ならではの盛り上がりが楽しめる。
nightcarnival2009forblog3.jpg

パトラス名物の甘い赤ワインマヴロダフニを飲みながらパレードをみる観客たち。いつもカーニバルではこのマヴロダフニで相当な酔っ払いが出るので、近年禁止されているはず・・・なのに、こっそり袋にいれて観客に売りに行く売り子さんたちを見かけた。
nightcarnival2009forblog1.jpg
nightcarnival2009forblog2.jpg

パトラス市内 メゾーノス通り
nightcarnival2009forblog4.jpg

パレードに出た後、散歩する仮装グループの人たち
nightcarnival2009forblog5.jpg

仮装の小物やお菓子の屋台が並ぶエルムー通り
nightcarnival2009forblog7.jpg

お祭りといえば、これ。ルクマーデスと呼ばれる、丸い揚げドーナツのようなお菓子で、熱々のところを蜂蜜をたっぷりかけて食べるのが定番だけれど、蜂蜜の代わりに、ヌテラのようなチョコレートソースもチョイスできる。
nightcarnival2009forblog6.jpg

にぎわうエルムー通り 仮装した人々が行きかう
nightcarnival2009forblog8.jpg

カーニバル最終日 一番大きなパレードが行われる
NHKの撮影があって、当日、山車の写真を取れなかったので、熱気のこもった仮装グループの写真のみを紹介。

今年はなんと45000人ほどの参加者だったそうで、パレードは4時間半に渡って続いた。
carnival2009forblog1.jpg
carnival2009forblog3.jpg
carnival2009forblog4.jpg
carnival2009forblog2.jpg

雰囲気を味わっていただけましたか?

スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | パトラスに関する話 | コメント:2 | top↑
<<パルテノン神殿 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラスの春>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-09 Mon 15:24 | | #[ 内容変更]
Hello!
NHKの生中継、見ました!
司会の川平さんが、音声接続等の不手際に、「グダグダですいませーん!」と、映像に向かって言っていたのに笑ってしまったんですが、そちらでは聞くことができたんでしょうか?NHK,意外にこういう先を見越せない抜けた企画ミスをするのが面白いですね。
ところで、お聞きしたいのですが、これらの巨大な山車の素材は何なのでしょうか?燃やす、ということは、紙かなにかの張りぼてなのでしょうか。制作現場をぜひ見たいなあ、と思ったのでした。
2009-03-09 Mon 10:28 | URL | mii #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。