ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 独立記念日に、鱈とポテト・クリームを食べるわけ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
独立記念日に、鱈とポテト・クリームを食べるわけ
2009-03-27 Fri 06:20
昨日のギリシャ独立記念日は、朝のニュースで伝統的な独立記念日の料理や地方で民族衣装を着て祝う人々などを見せていて、なぜこの日などに、干した鱈を水で戻したバカリアロスや、スコルダリアと呼ばれるにんにくたっぷりのポテトをクリーミーにつぶしたものを食べる習慣があるのか、という話になった。

それによると、こういう日にはこれ以上血を流さない、という意味で、全然血の気のない(料理していても血の流れない)食べ物を食べようというもの。
そして、干した鱈は、海から遠い山村でも手に入るから、というので広まったという。
そういえば、海から遠いイタリアのフィレンツェでも、肉を食べない金曜日というと、干した鱈を食べる習慣がある。

パトラスでは、この日、ぎりぎりパレードが終わるまで曇り空にも関わらずほとんど雨も降らずに済んだけれど、その後お昼ご飯時に、ものすごい勢いで雨と雷が始まって、ひょうも降ったので、じゃがいもなどの農作物にも被害が出たらしい。
しかも同日、ぺロポンネソス半島の西側のある地域で竜巻も発生して、大きな被害が出た村もあった。

今日は午前中天気がよかったと思ったら、午後はまた雨。意外に寒い天気が続いていて、春はどこへやら・・・。でもうちの正面の川沿いに、2本だけパパルーナ(ギリシャの赤い芥子の花)が咲いているのを見つけた。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの伝統行事 | コメント:1 | top↑
<<バスルームに閉じ込められた事件・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 苺が安売り!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
鱈を食べる理由、誰も知らなかったんです!
なるほど~☆
南はポテトでスコルザヤを作るのですかぁ^^
地方によって違いますね♪
2009-03-27 Fri 16:12 | URL | cosdina #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。