ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ザキントス島のお菓子
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ザキントス島のお菓子
2009-04-05 Sun 05:41
義兄がザキントス島にしばらく出張にいっていて、今回持ってきてくれたお土産はこれ。
ギリシャ西部、イオニア諸島にあるザキントス島のお土産
イタリアでお祭りとなると必ず売られていたアーモンド入りのヌガー。私は好きでよく食べたものだけれど、このヌガーが原因で奥歯の詰め物が合計3つほど取れてしまって歯医者に行く羽目になったことも(笑)。

他にもアーモンドを甘い砂糖のようなものや、はちみつなどに絡めたものが、ザキントス島やケファロニア島でお土産に売られていて、これらの島では、アーモンドのお菓子のことが「マンドラート」と呼ばれている。

ギリシャ語ではアーモンドは「アミグダロ」。
「マンドラート」はイタリア語でアーモンドを意味する「マンドルラ」が起源なのだろうと思われる。


ザキントス、ケファロニア、ケルキラ(コルフ)などのイオニア諸島は長いトルコの占領時代をすごしてきたギリシャの中で、全くトルコ支配を受けずイタリアの統治下にあった場所。イタリア語が方言に混ざっていたりもするし、地名のつけ方も特徴がある。
ケファロニアとザキントスも大地震がなければ、町並みがまるでイタリアの歴史地区のようだったのだけれど、これは今でもケルキラ島で見ることができる。
これらの島の中には、伝統的なお祭りにもイタリア風のお祭りが残っていて、カトリック信者も結構いるという。

地震が多発する地域なのは残念だけれど、イオニア諸島の海や自然はあまりにも素晴らしいので、イギリス人、イタリア人、ドイツ人など、外国の観光客にものすごく人気がある島々。
時間がなくてなかなか寄る機会のない日本人にも、是非行ってみてもらいたいと思う。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<イタリアの地震 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ストライキ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。