ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary やっとサワーチェリーをGET!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
やっとサワーチェリーをGET!
2009-07-01 Wed 01:53
6月最後の朝市へ行ったのは、この間の土曜のこと。
やっぱりあるうちに食べておきたいサクランボ(ダークチェリーの方)を1キロ。朝市で買ったダークチェリー。コリントス地方産で3ユーロ。ほどよく熟れていて、美味しいのでうちの息子も手を真っ赤に染めながら食べた。
メロンも大きいのが1個1ユーロと値段が下がってきていて嬉しい。
魚も地元の海で捕れたというガヴロスを買って、これはフライでお昼ごはんに。


その前の週に探すのを忘れていて、あわてて探したのがヴィシノ(サワーチェリー)。
ヴィシノは私の大好物なのだけれど、毎年とっても短い時期しか出回らないので、逃すこともしばしば。
よーく目を凝らしていたら、たった一人だけ売っていたおじさんを発見!ぺロポンネソス半島は農業が盛んだし、朝市で売られる野菜、果物はほとんど地元のアカイア県か隣のイリアス県などのものが多いのだけれど、見つけたヴィシノはなぜかカストリア地方(ギリシャの北の方)産ということだった。
やっぱり高くて1キロ5ユーロしたけれど、全然痛んでいなくて美味しそう! というわけで、ヴィシノを1キロ買った。
本当ならもっと買いたいところだけれど、種を抜く作業が大変なので、私にはこれで十分。

そのヴィシノの一部を使って、ずっと作りたかったものの一つは、ヴィシノの漬かった甘~いお酒!
数年前に知り合いからもらってから、自分でも絶対作ろうと思っていた、大好きなヴィシノの味がじっくり味わえるお酒。
このヴィシノ・リキュールを自家製で作るギリシャ人は多くて、レシピも数通りある中で、私が選んだのは、一番簡単そうだった、こちら。
★自家製サワーチェリー・リキュール レシピ★
ギリシャのコニャック「メタクサ」で漬ける、サワーチェリー・リキュール。このまま日差しのよい場所で1ヶ月以上置くとできあがり。その頃にはずいぶん濃い色合いになります。
1キロのヴィシノ(種を抜いても抜かなくてもよい)
1キロのコニャック「メタクサ」
1キロの砂糖 
好みで、ナツメグや、シナモンなどの香りを追加する。
これを密閉容器に入れ、1ヶ月から2ヶ月の間、日当たりのよい場所で、たっぷり日にあてる。15日ごとに、スプーンで中身をかき混ぜる。


これだけ。
ちゃんとコニャックもギリシャの有名な「メタクサ」を使ったので、ギリシャらしい自家製リキュールができそう。もちろんこれはアルコール度の強い飲み物なので、小さなショットグラスでストレートで飲んだり、薄めて飲んだりする。
このヴィシノが採れる時期は、ギリシャではほとんどもう雨は降らず日差しが強いので、このギリシャの気候がそのままリキュール作りに適しているらしい。うちには一日中よく日の当たる場所がないので、実家のお義母さんの家の屋上に置くことにした。

種の抜くのはすごく根気がいるので、リキュール用は、種を抜かずにそのまま漬けたけれど、残りのヴィシノは全て砂糖と煮てシロップにして保存するので、種を抜かないといけない。(サクランボ用の種抜き器を使わない、種抜きの方法と、シロップ煮にするレシピは、アテネ在住Salahiさんのブログ「ギリシャのごはん」を参考にさせてもらいました。)私はあまりギリシャ風のシロップ漬けの果物が好きではないけれど、ヴィシノは別。そのままパウンドケーキに入れたり、カスタードのタルトなんかにも合う味。

私はヴィシノの甘酸っぱさが好きなので、味見を何度もしながら、酸っぱさの残る、好みの味になるよう砂糖の量を調節。なので、トータルどのくらい砂糖を入れたのか、量はわからず仕舞い・・・。でもちょうどそのまま食べても美味しく、氷と水を入れて薄めるとサワーチェリージュースとしても飲めるように作ってみた。これは砂糖でサワーチェリーを煮ただけのもの。そのまま実をデザートに食べたり、ケーキなどに入れたり。シロップは水で薄めてジュースとして美味しく飲めます。

ところが、うちのだんなさんだけでなく、子供までやけに気に入ってしまって、このペースでいくと、すぐになくなってしまいそう。あと数キロ買ってきて、なんとか作り足したいけれど、今度の土曜日もヴィシノが朝市で見つかるかどうかは、運次第・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | レシピ | コメント:4 | top↑
<<ギリシャ禁煙法が始まったけれど・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ケルキラ島でNATOの外相会談 ・・・晩餐会メニューはギリシャの美味しいものが一杯!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
こんにちは。カナダはトロントより。そろそろサワーチェリーの季節。どんな風にしようかな。とネットサーフィンしていて、ここにたどり着きました。ギリシャ人の友人(現在アテネ在住)もお母さんが送って来た。と昔ヴィシノの砂糖煮を食べさせてくれたのを思い出しました。6年前にその彼女の結婚式でアテネに行き、スペツィスという小さな島で夢のような1週間を過ごしました。アルメニア人の友人は、鍋に水、砂糖、フレッシュサワーチェリーを入れてボイルし、色とフレーバーを出してフルーツティーとして飲むと言っていました。やっぱり旬の食べ物って楽しくて美味しいですよね。
2009-07-14 Tue 03:22 | URL | おじゃまします。 #-[ 内容変更]
Hello!
種抜きの方法を参考にして下さって、ありがとうございました♪
ヴィシノのリキュールやシロップ煮、美味しいですね^^
夏の間はアイスクリームにヴィシノのシロップ煮が欠かせないのですが、やはりギリシャの標準よりも砂糖を減らしてます。
今年はまだ作ってないので、そろそろ…って思ってるんですが、なかなかやる気が出なくて(笑)
2009-07-05 Sun 15:35 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
メロンが一個1ユーロなんて安い!私の町では、キロ1.5~2.5ユーロ位はしますよ。
そういえば、サクランボが出たての時に、キロ20ユーロ位していて、驚きましたよ~~。
2009-07-03 Fri 14:48 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
Hello!
トルコ語ではヴィシネといいます、フランボワーズですよね?
このジャムがまた美味しいんですよねぇ~、これからどんどん市場に出回るかと。
そうそう、サクランボもかなり安い季節です。
いくら食べても飽きません、ということで今晩は夕飯作るの面倒でサクランボをたんまり食べて終了です(疲)
2009-07-03 Fri 02:32 | URL | まき #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。