ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ケルキラ島でNATOの外相会談 ・・・晩餐会メニューはギリシャの美味しいものが一杯!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ケルキラ島でNATOの外相会談 ・・・晩餐会メニューはギリシャの美味しいものが一杯!
2009-06-27 Sat 23:55
今週末、ギリシャ人の国内旅行先としてもトップを争う観光地、ケルキラ島(コルフ島)で、北大西洋条約機構(NATO)とロシアの開く外相会談が行われている。
欧州主要国の外相、それにロシアのラブロフ外相、イタリアのベルルスコーニ首相なども出席。(アメリカのヒラリー・クリントンも来る予定が、けがのため欠席。)

金曜日から続々と各国の外相たちが到着し、オリンピックの時と同じ警戒態勢で警備されているという。滞在先は、コルフ・インペリアル・グレコテル。
公式な晩餐会は、ケルキラ島の観光名所の1つ、オーストリアの皇后エリザベト(シシーの愛称で有名)が別荘として建てたAchilleion(古代ギリシャの英雄アキレウスに捧げられて命名された。)という歴史的建築物で、今日土曜日の夜に行われる。そのメニューは、ギリシャでは誰もが知る有名な料理人のイリアス・ママラキス氏(ご本人のホームページには、メニューもたっくさん載っているので、興味のある方は是非どうぞ。英語かギリシャ語のみになります。)太った気のよい感じのおじさんという風貌で、たくさんの料理番組などで活躍している。


○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○

その晩餐会のメニューが、とってもギリシャらしくて興味深いので紹介したい。
招待客が席に着く前に、立ったままつまめるメニューとして
①ファーヴァ(ひよこ豆をゆでてからペースト状のクリームにしたもので、サントリーニ島でよく食べられる料理。)に、炒めた後よく煮て味付け
(砂糖もしくは甘い赤ワイン、とお酢を使う。)した柔らかい玉ねぎを添えたものとギリシャの特産物であるメソロンギのからすみののったカナッぺ。
②ケルキラ産バター(これも有名)にドライトマトの香り付けがしてあるもの、とイワシのマリネのカナッぺ。
③手作りのパイ生地にマケドニア産のフェタ・チーズを入れて袋包み状にしたもの。これにはフレッシュなミントの葉とクレタ島産のオリーブオイルが添えてある。
この時点で出てくるワインは、AMALIA KTIMA TSELEPOY


招待客が席についてから
パンが3種類:ゴマつきの白いパン(ギリシャの食卓の定番のパン)、いろいろな種などがたっぷり入っているパン、炒めたオニオン付きのパン
ディップが二種類:ローズマリーで香り付けされたクレタ島産のオリーブオイル、タイムで香り付けされた黒オリーブのペースト

料理
①トマトソースで味付けした酸っぱいトラハナス(ギリシャ独特のパスタの一種で、小麦粉、牛乳、卵から作られる。細かくパラパラした外見。水や牛乳で茹でて食べたりトマト味にしたりして食べる。※トラハナには、全然酸っぱくない種類と酸っぱい種類の2通りあります。)のスープにオリーブオイルとディールを合わせたヨーグルト(おそらくギリシャらしいまったりした濃いヨーグルト・・・)を添えたもの。
②Stamnagkathi(クレタ島原産の苦味のある緑草でとげが特徴。グルメに人気で値段も高め。)のソテーに、スフィリーダ(ハタの一種の魚でギリシャではよく食べられている。)のグリルをのせたもの。これはレモン汁とオリーブオイルをあわせた”ラドレモノ”ソースが添えてある。
ここではサントリーニ島のワインASYRTIKOが出される。


そしてメイン料理。
いろいろなギリシャのハーブを子羊の骨なしロース肉で巻いたオーブン料理。これに、ジャガイモのピューレに、フェンネル・シードで香り付けされたカラマタ産のエクストラ・バージン・オリーブオイルを合わせたものと、ナスの燻製(?これはどんなものがわかりません・・・)をピューレにしたものが付け合せとして添えてある。
ここではマケドニア産のワイン、クシノマヴロが出される。


最後にデザート。
ケルキラ産のバターで焼いたカタイーフィ、カイマキ・アイスクリーム(ヒオス島のマスティーハとサレプと呼ばれる蘭の根から取る香辛料を使った、ギリシャ独特のアイスクリーム)、ヴィシノ(サワーチェリー)のシロップ煮の組み合わせ。
ここではよく冷やしたサモス島のモスハート・ワイン、
コーヒー、カモミール・ティー、ルイ-ザ・ティー(レモンの香りのハーブ)、紅茶が出される。

さらには、ケルキラ島の特産物クム・クワット(金柑)の砂糖がけ、アミグダロトとよばれるイオニア諸島特産のアーモンドのお菓子、シロス島のルクーミ、アッティカ地方のカリヴィアで作られる「ムストクルロ」なども出される。

○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○  ○○○○○○


さらに、招待客全員にお土産も用意されているとか。その内容は・・・。
①ケルキラ島の歴史と古代から現代に至る島の景色の写真がつまった本。
②ギリシャの景色の写真がたくさん入った、デジタル・写真立て。
③ヒオス島のマスティーハ生産者組合が経営するMastiha Shopから、マスティーハを使った商品詰め合わせ。
④古代ギリシャからの伝統であるオリーブオイルの中でも、世界で最初に二酸化炭素排出を100パーセントカットして製造することに成功した、エクストラ・ヴァージン・オイル「Gaea」。(「Gaea」は、国際コンクールで様々な賞を受賞している。)
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:1 | top↑
<<やっとサワーチェリーをGET! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | サントリーニ島で地震>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
ママラキスさんって動きがコミカルで
いつも笑ってしまいます^^
すごいメニューですね、これは!
お土産付とはいたせりつくせり。
もちろん税金からですよね、これ…

>ハイチェアーがあると
ホントそれだけで感動しますよね(笑)
2009-06-28 Sun 13:39 | URL | cosdina #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。