ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary クリスマスを前にして
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
クリスマスを前にして
2009-12-07 Mon 06:45
晴れ 日中15度程度で、例年並の気温。



もうすぐ、クリスマス!2009年うちのクリスマスツリー今月1日から、近所でもベランダにクリスマス・ライトをつけた家がたくさんある。11月の末あたりに冬にむけて絨毯を敷く習慣のあるパトラスでは、家じゅうの大掃除をして絨毯を敷き、12月にはツリーを出すと冬が来たなあと実感する。
ギリシャも景気が悪いという話で、クリスマス前も商店の売上はイマイチとか。


去年の12月6日、アテネ市内で、15歳の少年が誤って警官に射殺された事件。その直後から、去年の暮れはギリシャ各地で暴動にまで発展。警官隊と激しく衝突しただけでなく、シンダグマ広場のクリスマスツリーが焼かれたりエルムー通りのショッピング街でも大きな被害があったのは世界中で報道された。
その12月6日が今年もやってきて、また今年も何か起こるのではないかという懸念が現実になってしまった。

一般には、亡くなった少年を思って、警察などによる暴力に反対する若い人々のデモ行進が行われるのだけれど、去年のようにそれに便乗する、やっぱり若者のグループが、石や火炎瓶などを使って警官隊や商店に被害を加え、警官隊のほうは催涙弾を大量に使って対抗し、今年もアテネ、テッサロニキの市内中心部で大きな騒動になっている。
今回はこの12月6日が近付くにあたって、亡くなった少年の親が、失った子供のためにもこの日が暴力を象徴するような日にならないよう、平和的なデモ活動だけを行ってほしいと訴えかけていたけれど、もともとギリシャでは活動が活発な無政府主義の複数のグループに加えて、新しい若者の過激派がいるらしい。

この数年は、銀行強盗やなんかの事件もギリシャ中で頻繁に起きているし、だんだん物騒になってきたこの頃・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:1 | top↑
<<朝から子供たちの遊ぶ声が・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 無事出産!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
素敵なクリスマスツリーですね。
ギリシャは物騒なんですか?
気をつけてくださいね。
2009-12-08 Tue 11:17 | URL | カーチス #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。