ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャ人と脱税・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャ人と脱税・・・
2010-04-24 Sat 20:27
相変わらず春らしい日々。出かけると草花が一杯咲いていて、散歩も楽しいけれど、最近花粉症ぎみでちょっと苦しい。


ギリシャの経済危機が問題になる前から、ずっと誰もが知っているけれど解決できない、というのがギリシャで日常茶飯事に行われている脱税の問題。

これはイタリアでも同じだった。歯医者で3つくらい虫歯に詰め物をしてもらった時も、レシートつきなら???リラ、レシートなしでよかったら、ずいぶん割引になるわよ、という交渉を向こうがしてきたりした。
お店などでは、お店から出た客がレシートを持ってないと、その場で警察に調べられたらお客さんも罰金を払わされる、というような法律があったように記憶している。

ギリシャではそういう法律はないし(あっても取り締まる警察官の数が足りないだろうけれど・・・。)、レシートを面倒くさくて置きっぱなしにしたり、要求しない人がとっても多い。毎年の申告の時期になると、脱税の話もされて、特にギリシャにとても多いカフェや、他には歌手などの年収の平均が、とても現実ではありえないくらい低い!というのがレポートされていたりする。
カフェの脱税方法については、一度テレビでやっていたのだけれど、①朝からまずはお客さんたちにレシートを渡す。②たいてい支払いのあとそのままテーブルに置きっぱなしなのを回収して、③ほぼ同じような内容の注文がくると、朝のレシートを再利用する。というような仕組みで、相当な額の脱税が簡単にできてしまっているらしい。

まあそんなこんなで、この経済危機のための対策の一つとしても、今年新しい法案として出たのが新しい脱税対策。収入に応じて、収入額の何パーセントかの額の買い物レシートをかき集め、税金の申告の際に年間の買い物レシートを提出すれば、所得税を軽くしてもらえる、というシステム。

これにはいろいろな反対意見もあって、まずは各人が提出する大量のレシートを誰がどうやってチェックするのか、その人件費も相当な額になってしまうんじゃないかとかという話もあるけれど、とにかく実現されることになっている。

うちでも、本当にこのシステムが機能するのか~?と思いつつも、新しいファイルを作って、コツコツとパンや牛乳なんかを買っただけのレシートまで全部集めるようになった。
でもそうなって初めて気づいたのが、今まで思っていた以上に脱税しているお店が多いという事態。
普段うちのお義母さんが牛乳を買っているパンやさんは、牛乳を買った時レシートをくれたことがないんだとか、近くのお花屋さんで20ユーロもする植木鉢を買ったのにレシートをくれなかったりだとか、本当によくある出来事。
レストランも手書きの注文票みたいなものだけくれて、レシートをださないことがよくある。
要はどこへ行っても、言わないとレシートを出さない、というお店がまだたくさんあるということ。

一昨日は、うちまでもってきてくれるクリーニングやさんで、15ユーロ払った。「レシートは?」と聞くとあわててトラックへ戻って、持ってきたのが数日前に発行された、ちょっとしわくちゃになった他人用のレシート。それも20ユーロのレシートで、これでいいんですか?と聞くと、いいからいいから、といって去って行った。

タクシーはいまだにレシートがもらえたことがないけれど、要求すれば一応もらえる、という話は昨日知り合いのタクシーの運転手さんに聞いたばかり。

まあでも、小さい個人商店でなんとかやっていってるお店とかで安いものを買ったとき、「レシートをください」とは、なんだかかわいそうでこっちも言い出しにくい。
だから、政策としては、まずボロ儲けしているのに脱税している、という人たちをなんとかしてください、と思ってしまう今日このごろ。特に絶対稼いでいるはずで脱税のすごいお医者さんとか・・・?



追記:レシートを必ず出しているお医者さんやお店もちゃんとたくさんあります。あくまで、誤解のないように・・・。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<蒙古班のはなし | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 同じ名前が一杯!今日はヨルゴスのネームデイ>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。