ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 蒙古班のはなし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
蒙古班のはなし
2010-04-26 Mon 06:08
うちの長男はあるかないかわからない程度だった蒙古班。弟である赤ちゃんのほうは、色白なのもあって結構くっきりしている。それで、この間の検診で小児科のお医者さんと蒙古班の話になった。

私はてっきりアジア人にしか出ないものだと思っていたら、実はギリシャ人にも結構あるということ。大ざっぱに言うと、南ヨーロッパのほうでは多くて、ヨーロッパも北へ行くほど少ないと教えてもらった。


でもヨーロッパ人にもあったりするなら、なんで「蒙古班」と呼ばれているんだろう?と思ってネットで検索してみると、語源由来辞典というサイトで、こんな解説が載っていた。
”1885年、ドイツのエルヴィン・フォン・ベルツが、モンゴロイド(黄色人種)の特徴として「Mongolian Spot」の名で発表したことから、このあざを「蒙古斑」と呼ぶようになった。”


蒙古班は、胎児期に、メラニンを作り出す細胞が皮膚の深部に残ってしまうのが原因ということ。

メラニンと関連して思い出すのが、南ヨーロッパの人たちの髪の毛の色。
たとえば、ギリシャではうちの親戚の間でも、目が薄いブルーで髪の毛が金髪に近い色白の人たちと、目も髪の毛も真っ黒で日焼けもしやすい人たちがいる。そしてイタリアでもそうだったけれど、髪の毛が真っ黒な人たちが、赤ちゃんの写真で見ると金髪だったりすることがよくある。でも目の色も薄い人の場合、大抵金髪も大人になるまで変わらない。

南ヨーロッパ人には、遺伝的にメラニンが形成されやすい体質の人とそうでない人が混在していて、それが、蒙古班が出たり髪の毛の色が濃くなったりする理由なんだろうと思う。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:子育て | コメント:1 | top↑
<<5月5日 デモで死傷者が・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャ人と脱税・・・>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
初めまして!!
私はギリシャに凄く興味があるのですが、ギリシャにお住まいになられていると言うことで、
ギリシャ人について質問させて下さいm(_ _)m
ギリシャ人の方々には金髪碧眼の方もおられるのでしょうか?
多いか少ないかは別として下さい。
2010-04-29 Thu 02:05 | URL | パーナ #yuixwzOY[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。