ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ★ギリシャの小学校とは・・・★
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
★ギリシャの小学校とは・・・★
2013-09-15 Sun 06:43
ギリシャは日本と同じで、小学校は6年、中学3年、高校3年となっている。
ギリシャの日本で言う文部省にあたる省は、宗教省と一緒になっていて、高校までの学校教育(もちろん教育内容も)は教会の影響下にある。ギリシャは政治でもギリシャ正教と分離していない(新しい内閣のもとに新しい大臣が決まると、大司教が儀式をして、そこで誓いを立てています。)という点で、EUからも宗教と分離するようにという圧力がかけられている。
やっと数年前から新しい身分証明書に、信仰している宗教の記述欄がなくなって、少しずつ変わってはきている。


というわけで、小学校では、朝登校するとリュックを自分の席において、運動場へ出る。そこでベルがなると一斉に集まって、お祈りをし、それからクラスごとに教室に入る。
幼稚園では朝のお祈りはないけれど、うちの子が行っている午後までのコースでは、お昼にお弁当を食べるので、そのときにお祈りをしている。


まだ私もこっちの小学生生活がよくわかっていないので、甥っ子や姪っ子にわからないところは聞くしかない。1年生の親にむけたガイダンスみたいなものももちろんない・・・。昨日も今日も迎えに行くと、その時間に担任はおらず、助手の先生だけがいて、何を質問しても「来週担任の先生から聞いてください」というばかり。
ギリシャでは親が授業を見に行ける機会もなし。(私立では違うかもしれませんが・・・)学校にいる間、どういう授業でどういう風に過ごしているのか、本人がしゃべらないとほとんどわからないので、そこが不安。


ギリシャのこういうところもいつも納得がいかないのだけれど、学校の入学申込みは、6月半ばに済ませなければならないから、夏休み前から秋の生徒数は把握できているはず。にもかかわらず、例年のごとく、今年も小学校の先生は全員そろっていない。また、ある程度の年数を積んで、移動がなくなった先生以外は、秋からどこの学校に配属されるのかは、先生たちも9月になるまで教えられていない。

長男の担任も、始業式の翌日になるまで一人足りなかったために決まっていなかったし、他にも高学年でやる語学やら、その他の授業の先生が数人まだ送られていていないので、本来の小学校の時間割より1時間早く終わるスケジュールで、今のところは毎日1時15分までしか授業がない、という。
いくつかの教科書が何週間も遅れた年があったことを思い出すと、今年は教科書の問題はないみたいなので、これでもマシなのかもしれない・・・。

そして、小学校入学前に、心臓専門医、眼医者、小児科のお医者さん、保険の利かない歯医者さんに診断書を書いてもらわなければならないのも、どうして学校で集団検診ができないのか理解できない。幼稚園の場合もほとんど同じで、心臓以外のお医者さんから診断書が必要。

ギリシャでは先生という職業は、基本的には勤務時間内に仕事をこなせばいいだけ、という感じ(もちろんいい先生といわれる熱心な先生もいますが。)で、税金を使うなら、せめて8時間労働にすればいいのに、と思ってしまう。小学校も普通の先生は2時までの6時間労働なので、午後まで(要は2時間延長して、宿題をしたりする面倒を見てくれる先生が、学年関係なく集められた教室に一人いるだけ)のプログラムは16時までなのに、その2時間のためだけに、別の先生がいる。


こうやって文句ばかり言ってると、ギリシャに来たことのない人は恐ろしい所だと思ってしまうかもしれないけれど、ギリシャの学校にはすごくいい面もある。
ギリシャはまず、子供にはものすごく寛容で、それもあって幼稚園でもいたずらなどが過ぎる子供も結構多いけれど、先生はそういうのにも慣れている。そして、幼稚園はもちろん大きい子供についても、いじめの話はまず聞いたことがない。
私がギリシャに引っ越してきてそろそろ10年。近所や夫の親戚の子供たちも小学生くらいだったのが、大学生になっているけれど、成長する中で、日本のような難しい思春期というのをみたことがなく、中学生でも高校生でも明るく挨拶してくれるし、小さな子供の相手もギリシャ人は年齢を問わずみんな上手。
そういうところは、ちょっと安心できる部分でもある。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<ちょっとレトロな、昔のギリシャの小学校用教科書 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | うちの次男の宝物>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。