ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary カーニバル
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
カーニバル
2006-03-05 Sun 00:00
パトラスカーニバル2006の山車3曇り時々晴れ  今日は、パトラスのカーニバル最終日で、午後2時からパレードが始まる。うちのだんなさんと一緒に見に行けるといいなあと期待してるんだけど、仕事によっては外出できない。結局、運良くお昼に家に戻って、ご飯を早めに食べ、バイクででかける。

パレードの様々な衣装を着た人たちがぞろぞろと向かう中をゆっくりバイクで進んで、なんとか中心の聖ヨルギオス広場へ。すごい人だったけれど、意外に後ろのほうに立つと、少し高台になっていて、結構はっきりパレードが見えそう。さすがにカフェはどこも椅子があいていないけれど、カプチーノを頼んで立ち見。カーニバルの女王-パトラス2006音楽は町中に流れているけど、すごい行列なので、スタート地点から、パレードが広場にたどりつくには、40分ほどかかる。最初の山車、カーニバルの王様がやっと登場!パトラスカーニバル2006-グループ1
結局2時間見物して、パレードの半分以上を見て満喫。義理の兄のお嫁さんも子供と参加してて、そのグループが通ってから、場所を変えてお茶しようと思ったら、どこもかしこも満杯で、すごい混雑。この2日間はこの小さな町は、まるで人口が5-6倍に膨れ上がったかのよう。

席を見つけたときには、もう5時。ここから、夜9時の閉会式まで待つのが疲れたぁー。

けれど、待ったかいあって、今年の花火はすごかった。ヨーロッパの文化首都にあたっている今年は予算がたっぷりっていうことらしい。いつまでも終わらないくらいたくさんの花火と、初めてみる、3Dの模様や星型の花火も。パトラスカーニバル2006の花火1
海上で燃やされるカーニバルの王様は人の波で見えなかったけど、まあ仕方ない。早めに行ったときから席取りが始まっていたんだけれども、海辺のあまりの寒さに、断念したから。

家に着いたときには、もう疲れでぐったり。ところがカーニバル最後の日だからということで、豚肉のスブラキを注文して、夜の12時なのにみんなで食べて、お腹一杯。。。




スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの伝統行事 | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。