ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャ人の身分証明書
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャ人の身分証明書
2006-04-20 Thu 23:59
晴れ
ギリシャでは、タフトーティタと呼ばれる身分証明書がある。うちのだんなさんの場合、14歳の時に作っていて、それっきり更新する必要がなかったので、写真も子どもの時のままだった。
そして日本へ行ったとき、入国審査でもめたのが、パスポートの写真のページが日本のように刷り込まれていないギリシャのパスポート。上に貼られている透明フィルムが少しずれて外にはみだしていたので、偽造ではないかと疑われて大変だった。このいいかげんさがギリシャらしさでもあるんだけれど・・・

そのときに、他に身分を証明するものは?と聞かれて提出したのが、この身分証明書。昨年の秋に新しい身分証明書が作られるようになるまでは、みなが使っていたこの証明書は、言語もギリシャ語のみ。しかもそのギリシャ語は手書き! そして写真は子どもの時のものだから、誰これ?という感じ。それに年月を経ているからぼろぼろ・・・やっぱり疑われて当然だったといわれても仕方がない。

その身分証明書は、それまでは結婚すると端っこをはさみで切られて、新しくしてくださいといわれるのが常だった。でも切り込みの入ったままの証明書を使っている人もたくさんいた。それが、切り込みがあると無効ということに変更になり、身分証明書も12歳からという法律に変わった。

うちのだんなさんは、でもなぜか結婚したとき切り込みをいれられなかったのだけれど、信じられないことに、名字にスペルミスがあって、それを放置していた。身分関係の書類、税務署、銀行の口座、車、家の名義などなど全てにわたって、間違っている方の証明書のつづり。なぜ今になって変更することにしたかというと、私と結婚して、結婚証明書や家族関係の書類も間違ったスペルになり、これから未来の書類が間違って作られていくということになるのを阻止する為。

大体、市役所の書類の管理というのがわからない。家族はみな別のつづりなので、彼だけが別の名前を持っているかのような変な登録になっている。絶対市役所のミスなんだから、どうにかならないのかと聞くと、これは出生時の届出の時点からのスペルミスだったとわかった。当時のギリシャは身分証明書が存在せず、口頭での届出を市役所の人が手書きで書き込んで、そこに生みの親がサインするだけだったという。だから、サインするときにチェックしていなかった、彼の亡父の責任だというのだ。なんというかやっぱりアバウトなお役所仕事。

変更はものすごく大変だった。まず、亡父が本当にその正しいつづりの名前だったかどうかを、出身地の市役所に問い合わせ、その出生証明書を取り寄せる、それを確認して、市役所が裁判所への変更申請の書類を出す。それを許可するかしないかは検事の判断。それはなんとか通って、まず市役所内の登記を変更し、それらの書類を持って、警察へ。

警察がちょうど新しい身分証明書を作り始めた二日目に当たっていた。運の良いことに、古い身分証明書は発行に3ヶ月もかかるのが普通だったのに、新しいものは、たったの2日!そのかわり、警察も慣れていないし、たくさん発行できないからということで、急に番号札が配られて、毎日人数制限があったので、翌日に出直しとなったけれど。

この新しい身分証明書は、やっとヨーロッパの一国という感じで、もちろん手書きではないし、ギリシャ語と英語の併記。そして、宗教の表示が無くなった。ギリシャはギリシャ正教徒がほとんどを占めているけれど、カトリックやイスラム教徒もいるので、差別がないようにという計らい。でも教会側は反対していて、この決定までもめていた経緯がある。日本人がちょっとびっくりするのが、ギリシャの身分証明書には指紋が入っていた。これも新しいものでは表示されなくなった。

ヨーロッパ共同体内は、この身分証明書を持っている人たちは、パスポートなしで通行できる。ちなみに、ギリシャの国籍を持っている人にしか身分証明書は出ないので、日本人の私は相変わらず、パスポートが必要だ。
そしていつも不思議に思うのが、なぜ日本には身分証明書がないのかということ。もし免許証も作らず、パスポートも作らなかったら、写真入りの証明書が存在しないことになるから、誰かに身分を利用される危険が高いということになる。海外では身分証明書を作り、それを所持して行動するというのが基本なので、いくら島国とはいえ、日本も身分証明書がないままでいいのかなあとよく考えてしまう。


スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:2 | top↑
<<復活祭二日前! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラスのMade in Japan>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
ギリシャでは、お役所の書類手続きが面倒なことが、ギリシャ人の中でも自覚されていて、それを表現する単語まであるんです。「グラフィオクラティア」といいます。
私もイタリアで少し慣れていなかったら、いらいらしてきれちゃっていたかも!という事態に何回かめぐり合っています。
2006-04-24 Mon 02:42 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
なんだかイタリアも手続き等は、大変な事がたくさんありますが、ギリシャもすごいですね。
同じヨーロッパでも色々ですよね。近くの国の事なのに違いが面白いなと思ったり・・・。
2006-04-23 Sun 19:18 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。